誘惑 16~18巻 ~倒れてしまった裕典の母親を助けるためにまた林田との売春を再開してしまう聖菜 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『誘惑』16~18巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「誘惑」16~18巻の簡単なあらすじ

真緒との聖菜プレイに満足できない林田

裕典がセックスを求めてきたが、聖菜はつい林田とのセックスを思い出してしまい断ってしまった

聖菜は自分とヤッたら裕典が汚れてしまうと言いだしたので、裕典はもう寝ようと言ってくれた

林田は真緒になんでも聖菜のマネをさせて、フェラの前にもキスするように求めてきた

そして真緒は林田にフェラしていると、林田は真緒の喉奥に精子を出すと、そのまま飲み込むように要求した

林田はそのまま真緒に騎乗位で挿れさせたが、真緒は早くイケと思っていた

しかし林田はなかなかイかずに、今度は真緒をバックから突き始めた

すると林田はまた聖菜と呼ばせながら口に出してとおねだりするように要求してきた

真緒は命じられたとおりにおねだりすると、林田はまた真緒の口に大量の精子を出してしまった

やっと真緒との聖菜プレイを終えた林田が部屋を出てくると、待っていた俊平に真緒はイマイチだから早く聖菜を連れてくるように命令して去っていった

俊平が部屋に入ってくると、真緒はもう耐えられないと言ってきたが、俊平は真緒が上手くないからだと責めたて、こうなったのも真緒のせいだと言いだした

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

痛がる聖菜に無理矢理中出ししてしまう裕典

裕典は聖菜とお酒を飲んでいると、やはり途中で止めたこともあってヤリたい気持ちだった

すると聖菜はそれに気づくと、今すぐ行こうと言って裕典とホテルへ直行した

ホテルに到着すると聖菜はシャワーを浴び始めたが、やはり林田のことが忘れられなかった

やっとシャワーを浴びて戻ってきた聖菜は、裕典にじっとしておくようにいうと、そのままフェラをし始めた

聖菜はパイズリもしてあげると裕典はさらに興奮して、イキそうになってしまった

それに気づいた聖菜は裕典に欲しいと求めると、裕典は聖菜が濡れてもいないのに挿れてしまい、痛がる聖菜にさっさと中出ししてしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

聖菜が林田の専属になってしまった経緯

数年前、聖菜は俊平の名刺を持って稼ぎたいからと言って面接にやってきた

その頃の聖菜はまだみすぼらしかったが、俊平はすぐに着飾ればコイツは化けると見抜いていた

実際に聖菜に高級な服を買ってあげると、聖菜はグッとキレイになった

それで聖菜に売春をさせると、ドンドン指名が入りすぐに聖菜は売れっ子売春婦になった

そこで俊平は聖菜にVIPだけを狙うように提案したが、その時は聖菜は断ってしまった

するとそこに林田から電話が入り、聖菜は初VIPの仕事をすることになった

聖菜は林田のいる部屋に行くと、林田を一目見た聖菜はコイツは何かヤバい奴だと思った

とりあえず聖菜は林田にパパだと言って抱きついてみると、林田は聖菜をお前は売女なのだというと、裸になって自己紹介するように求めてきた

聖菜は仕方なく全裸になると、林田は聖菜に裸のまま踊るように命令した

聖菜が裸で踊り始めると林田は勃起し始め、聖菜に後ろを向かせアソコを舐め始めた

そして林田はいきなり、聖菜のお尻にワインをぶっかけると、ワインのかかった聖菜のアソコをしゃぶり始めた

聖菜はコイツは変態野郎だと思いつつも、なんとかガマンしていたが、5時間経っても出てこなかった

それで俊平は仕方なく林田と聖菜のいる部屋に行ってみると、まだ林田は聖菜を突いていた

俊平は林田に、このままだと聖菜が潰れてしまうと言っても、林田はそれを無視して中出しすると言いだした

聖菜は必死にダメだと言ったので、林田は聖菜の口に特濃精子を思いっきりブチ撒けると、ようやく満足してセックスを終えた

俊平は聖菜を連れていきたいと林田にいうと、林田は聖菜を自分の専属にするので、高級マンションと5億を出すと言った

それを俊平は受けてしまったので、絶望した聖菜は男を信じられなくなってしまったのだ

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

海で裕典と野外セックスする聖菜

裕典は聖菜が何か元気がなかったので、海へと連れていった

すると聖菜は自分の家が貧乏で、母親は出ていってしまったというと、それでも大学に通いたかったので俊平と売春していたのだと明かした

すると裕典は自分の家も貧乏だったから分かるというと、聖菜は野外プレイをしようと言いだした

裕典は聖菜のアソコを舐めると、聖菜のアソコが濡れてきたので挿れた

そして裕典が腰を激しく動かすと、聖菜は中に出してと叫んだので、裕典は聖菜に思いっきり中出してしまった

裕典は聖菜と野外セックスをした後、自分の実家に連れていった

裕典の母親はキレイな彼女を連れてきたと喜んでくれたが、裕典の母親は心臓が悪くいきなり咳き込んでしまった

裕典は母親のことを心配していると、聖菜は裕典に自分もできることがあったら手伝いたいと言ってあげた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

倒れてしまった裕典の母親

裕典は大学の講義が終わるとすぐに聖菜の所へ向かい食事に行こうとしていたが、そこに母親が倒れたと連絡が入った

病院にかけつけると医者は、母親の容態は悪いというと、海外で心臓移植しないと助からないと言った

しかし海外での移植をするには5千万円もかかるので、貧乏な家に育った裕典にはとても払えない額だった

そこで聖菜は俊平に電話をかけると、5千万円必要なので林田に会うと言った

北条は大学の自分の部屋で教え子にフェラさせていると、そこに俊平が電話をかけてきた

俊平は北条に裕典に5千万円寄付して欲しいと頼むと、その代わりに…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

裕典のためにまた林田と売春をしてしまう聖菜

実際、北条はすぐに裕典に5千万円寄付してくれたので、裕典はとても喜んでいた

そして裕典はすぐにそれを聖菜に伝えようとしたが、聖菜は電話に出なかった

その頃、聖菜は俊平とともに林田の部屋に向かっていた

林田の部屋にやってくると、林田は聖菜と二人きりになりたいと求めたので、俊平は部屋を出ていった

林田はすぐに聖菜にキスして後ろを向かせると、アソコを触り始めた

そして林田は後ろから聖菜のアソコににブチ込むと、激しく腰を動かし始めた

その時も裕典からの電話がかかってきていたが、聖菜は心の中で裕典に謝っていた

そんな聖菜に林田は、容赦なく中出ししてしまったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

「誘惑」16~18巻を読んでみた感想

やっと聖菜は売春するようになった経緯が判明してきました

貧乏な家庭に育った聖菜でしたが、母親が聖菜を捨てて消えてしまったので、聖菜は大学に行くために売春していました

売春はいけないことではありますが、まだ学生の聖菜が学費を捻出するためには、こんなことしかなかったのはとても残念です

でもどうして聖菜が裕典のことが好きになった理由が、やっと分かってきました

裕典の母親は心臓が悪くて倒れてしまいましたが、聖菜は裕典の母親を助けるためにまた林田と売春しています

気持ちは分かりますが、そんなことをして稼いだお金で助けてもらっても、裕典や裕典の母親は本当のことを知ったら喜ばないでしょうね

俊平は裕典の事情を知って北条にも電話をかけていましたが、何を企んでいるのでしょうか

裕典に5千万円を寄付した北条ですが、恐らくこれから裕典を脅してくるでしょう

まだ裕典は聖菜がまた林田と売春していることを知りませんが、それを知ってしまったらどうするのかも気になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-誘惑