全力で、愛していいかな? 7~8巻 ~千世が太郎とハグしているのを見てしまいつい自分本位のセックスをしてしまう一恋 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『全力で、愛していいかな?』7~8巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「全力で、愛していいかな?」7~8巻の簡単なあらすじ

太郎にハグされている様子を一恋に見られてしまう千世

一恋は部下の潤にお試し交際が始まってから、なぜか浮かない顔をしていると言われてしまった

それを否定した一恋は、潤に結婚してからも妻のことで嫉妬したりすることがあるのかと訊ねてみた

潤は妻が押しのアイドルを作ると嫉妬してしまうが、それもうまくコントロールしていると答えたので、一恋はみんな上手くやっているのだと思った

千世は組合の慰労会に行くと、別部署の灯と太郎夫妻がやってきた

太郎は海外で変なハググセがついていて、千世にハグをしようとしたが灯に止められてしまった

灯たちは千世が何か余裕ができたみたいだと言ってきたので、千世は一恋とお試し交際していることを話してみると、2人はどうして普通に付き合わないのかと言った

それで千世は一恋は自分にはもったいないくらいのいい人だというと、灯は一恋はきっとかなり堪えているハズだと忠告した

そして灯は別れ際に妊娠したことを千世に報告すると、太郎は悪いクセが出て千世にハグしてしまったが、その様子を一恋に見られてしまった!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

千世につい自分本位のセックスをしてしまう一恋

一恋は何か嬉しそうな表情をしている千世を見てつい泣き出してしまうと、それを千世は見つけハグされたことを見られてしまったのだと気づいた

千世はすぐに一恋を追いかけていくと、1人にしておいて欲しいと頼む一恋に千世はあれは違うと否定したが、一恋はやはり自分にとってはキツかったと言った

千世は必死に一恋に謝ると、つい一恋からは離れたくないと言ってしまうと、一恋は困ったと言いながら千世を自分の部屋へと連れていった

千世はシャワーを浴びるためにワンピースを脱ごうとすると、ファスナーが服に嚙んでしまっていたが、それを一恋は取ってくれた

そして一恋はカールした千世の髪がカワイイと言ってあげると、千世はとても魅力的だと褒め、一緒にシャワーを浴びたいと言って抱きついてきた!

千世は一恋と一緒にシャワーを浴びながら、自分は一恋に残酷なことをしてきたと思っていた

そして一恋とベッドに行くと、一恋にお試し交際を求めてしまったことに罪悪感を感じていた

すると一恋は千世に自分を見るようにいうと、千世の体を舐め始めた

一恋は千世のアソコを舐め始めると、つい千世は感じてしまった

そして一恋が千世に挿れるとさらに千世は感じてしまったが、いつもの一恋とは違って少し余裕がない感じで激しいセックスだったが、千世はそれも嫌ではなく余計に感じていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

謝ってきた一恋にメロメロになったと言ってしまう千世

翌朝、千世が目を覚ますと一恋は朝食を作っていて、千世にお風呂に入るように言った

それで千世はお風呂に入り出てくると、一恋は千世に1人で朝食を食べるように言ったので、千世は自分が何か悪いことをしてしまったのかと訊ねた

すると一恋は昨夜のセックスは自分本位だったと言って謝ってきたが、千世は昨日のセックスで自分はメロメロになったと言ってしまった

千世にそんなことを言ってもらった一恋はとても喜んでくれて、一緒にご飯を食べてくれた

千世は一恋の作ってくれた朝ご飯がおいしかったと言ったが、つい一恋の作った料理を誰か食べたことがある相手がいるのかと思ってしまった

そんなことを考えてしまったので、また一恋が心配してきたので千世はちょっと考え事をしていたとごまかした

そして一恋が千世はおいしそうに食べてくれるので嬉しいというと、千世はつい毎日食べたいと言ってしまった

そんなことを言われて喜ぶ一恋を見た千世の中では、段々一恋と一緒に暮らすイメージが出来始めていた

そしてつい一恋を抱きしめたくなった千世は、一恋のことを… 

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

「全力で、愛していいかな?」7~8巻を読んでみた感想

千世は太郎にハグされてしまったところを、一恋に見られてしまいました

それで一恋は落ち込んでしまっていましたが、千世が一緒にいたいと言ってしまったので、つい嫉妬心もあって自分本位のセックスをしてしまったようです

それも千世にとっては嫌ではありませんでしたが、一恋はかなり後悔していた様子でしたが、それだけ千世に気遣いしている証拠です

千世はいつも一恋が気遣いしてくれていることが分かっているので、余計に嫉妬心で自分本位になってしまった一恋とのセックスで感じてしまったのでしょうね

千世は段々一恋と一緒に暮らすイメージが出来てきたみたいで、一恋にお試しで付き合っていることが残酷なことだと気づいています

この感じなら本交際を始めてもいいと思いますが、2人は変に互いに気遣いをしていしまうので、すんなりいかない可能性もあるでしょう

千世は自分が段々一恋に本気になり始めていることに気づき始めていますが、この後、どうなっていくのかが気になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

嘘とセフレ

「じゃ、その日はセフレ交換ってことで」――京太郎は大学の友人に、姉のように慕っている由紀のことを自分のセフレだと嘘をついてしまう…! 見栄を張ってついた嘘に罪悪感を覚えながらも、由紀の無防備で艶やかな姿に目が離せない「一度だけでいいから、由紀さんのナカに…」――そして、セフレ交換当日…由紀と友人が二人きりでホテル街へ消えていき――「由紀さん、まさか本当にあいつと…!?」疑念を振り払えない京太郎は、思わず街へと駆け出して――!?

-全力で、愛していいかな?