婚姻届に判を捺しただけですが 31~35巻 ~明葉に突き放されてしまって胸が痛くなりさつきに自分の気持ちを伝えたほうがいいと言われいきなり明葉にコクってしまう柊 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『婚姻届に判を捺しただけですが』31~35巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きで『婚姻届に判を捺しただけですが』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「婚姻届に判を捺しただけですが」31~35巻の簡単なあらすじ

明葉に自分の気持ちを伝えてコクってしまう柊

柊は明葉が号泣してしまったので、夏祭りから帰ってきても落ち込んでいた

明葉は指輪のことを緑に聞くと、緑は恋に年齢もかかった時間も関係ないと言ってくれた

そして緑は好きな相手にかけた時間は必要な時間なのだと言ったので、この3年間で柊の自分への気持ちは育っていたのもしれないと明葉は思い、自分の気持ちとは真逆だと思ってしまった

柊はどうして明葉が泣き出してしまったのか分からないでいると、シェアオフィスで女心のことを話す持田たちに聞いてみると、それは完全に拒否られていると言われてしまった

それで柊は明葉をあからさまに避けるようになり、仕事で2人にインタビューを頼まれても柊はそれを断ってしまった

明葉は帰宅すると、自室でご飯を食べ始めた柊に、自分を避けるのはいいが仕事でもそれをするのは困ると言った

すると柊は、自分が気持ち悪いので関わるのをやめていたのだと言って謝ってきたので、明葉は少しムキになってそれなら関わらなくていいと突き放してしまった

明葉にそんなことを言われてしまった柊は、急に胸が痛くなってしまい心配したさつきがやってきた

それで柊は明葉に不快な思いをさせているが、それでも関わっていたいのだというと、さつきはそれならその気持ちをちゃんと明葉に伝えたほうがいいと言ってくれた

明葉は初恵の家に来て着物を畳むのを手伝いながら、柊のことを愚痴っていた

柊とは結婚しなければよかったという明葉に、初恵は縁があればいつか明葉も誰か相性が合う人がきっと見つかるはずだと言ってくれた

明葉が初恵の家を出ると、初恵は柊に明葉を迎えにいくように連絡してきたので、柊は川の土手で寝転んでいた明葉を迎えにいった

襲われると思ってしまった明葉は、柊に蹴りを入れてしまうと、柊は自分は明葉の近くにいたいのだと自分を気持ちを伝えた

それで明葉は自分が泣いたことを謝っていると、いきなり柊は明葉に好きだとコクってきた!

それで明葉は呆れてその場から去ろうとすると、柊は今度は自分が明葉に恋するのを許可して欲しいと頼んできてしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

自分は不毛な恋のプロだと言い張る柊

明葉はその頼みにどう答えていい分からず、とりあえず保留にしてしまった

すると柊は翌日、明葉の気を引くために朝ご飯を作り、あからさまに明葉の気を引こうとし始めた

明葉は仕事の打ち合わせにいくと、持田は出版元の要望では予算内で押さえて欲しいと頼んだ

作家の人はこだわりのある人だったので、明葉は自分が出版元の人に自分がかけ合うと言ってしまったが、受け入れてはもらえないのは分かっていた

その会話を聞いていたあかりは、出来もしないことを引き受けないほうがいいと忠告すると、期待をさせないほうがいいこともよくあると言った

あかりと話した後に明葉は帰宅すると、柊は何でも明葉の力になりたいと言ってきたので、明葉は柊に先を期待するなと言った

それでも柊は不毛な恋のプロだから大丈夫だと言い張ったので、明葉は呆れてしまった

柊に八つ当たりしてしまう明葉

明葉はダメ元で持田に作家の人の要望をぶつけてみたが、やはり予算内で押さえるように言われてしまい、作家の人は落ち込んでしまった

そのせいか作家の人の作業が遅れてしまい、明葉はその尻拭いをしなければならなくなったので、あかりの言うとおりだったと思ってしまった

すると明葉のことを心配した柊がケーキを買ってきたので、明葉はつい八つ当たりして媚びを売るなとキレてしまった

そんなこともあったせいで、明葉は有名監督のいるスタジオとの打ち合わせの予定が入っていたことを忘れてしまい、直前になって気づいてバタバタしていた

すると柊が送ってくれたので、明葉はつい前はキスして励ましていた人がこんなになるなんてと言ってしまった

そんなことを言われた柊は顔を赤くして今はそんなことはできないと答えたので、明葉は3年前だったらどう受け取っていたのだろうと思ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

明葉に行きずりで2回だけシタことがあると告白する柊

明葉が打ち合わせから戻ってくると、あかりは何かを聞こうとしてきたがやめてしまった

明葉は何かあったのかと思いながら、唯斗に作家の人はなんとか持ち直したと話していたが、キッパリ断っていたほうがよかったかもしれないと言っているところを、柊は聞いて自分のことだと思って落ち込んでしまった

明葉はさつきは息子のむつきと一緒に初恵の店にご飯を食べに行ったが、落ち込んでしまった柊は行かなかった

明葉たちがご飯を食べて家に戻ってくると、なんとお風呂上がりのあかりがいて、酔い潰れて上半身裸の柊がソファーで眠っていた!

さつきと明葉は完全に二人はヤってしまったのだと思い込んでしまい、明葉はあからさまに他人扱いをし始めた

そんな明葉の態度を見た美晴は、二人に何かあったのだと気づいたが、旭は全く気づいていない様子だった

明葉はむつきを幼稚園に迎えに行って帰ってくると、さつきはあかりの連絡先を知っているかと聞いてきたので、明葉はさつきはまだあかりのことを気にしているのだと思った

そこに柊がいきなり自分が女性とシタのは2回だけだと言ってきたので、明葉は驚いてしまった

柊は2回ともヤケ酒を飲んで行きずりでヤってしまったと話し顔を赤くしてほぼ童貞だというと、唯斗にキッパリ断ったほうがいいと言っているのを聞いてしまったと言った

明葉は柊が勘違いしていることに気づいたが、このまま諦めてもらったほうがいいと思い、そうだというと柊はそのままあっさりと去っていってしまった

しかし明葉は柊はこれまでずっと自分に真っ直ぐにぶつかってきてくれたと思い直し追いかけると、唯斗との会話は仕事の話だったと言った

そして好きになる許可の件は好きなようにしていいと言ってあげると、柊はとても喜んだのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

明葉に代わってむつきを戦隊物のショーに連れていってくれたあかり

明葉が帰宅するとさつきはおもちが吐いた跡を掃除していて、本当にあかりと柊は何もなかったのだと言った

そしてさつきはあかりに自分が描いた絵本を渡しながら、絵本は渡すので自分たちの部屋にやってきて生活をメチャクチャにしないように来ないで欲しいと頼んだ

あかりは距離を取って自分が経済的に支えればいいハズだと主張すると、さつきは一緒にいてもらって精神的に支えてもらいたいと言ったが、あかりはそれはできないと答えた

さつきは帰ってくると、お風呂に入ったむつきの頭を拭いてあげていた明葉に、自分が明葉と初めて出会ったときのことを話すとその時は寂しかったから明葉にいてもらってよかったと言った

そんなさつきに明葉は、自分たちは結婚相手に振り回されっぱなしでお似合いかもしれないと冗談をいうと、さつきは明葉の手をギュッと握って…

明葉は翌日、あかりにおもちのことを謝ると、あかりは誤解させてしまったと言ってきたので、明葉は気まずいと思い今はコンペに挑戦している話に変えた

するとあかりは、面接の練習を手伝ってくれると言ってくれた

明葉はあかりがさつきが描いた絵本を見つけると、さつきからその内容を聞いて読んでみると、それはあかりがモチーフにした絵本だと気づいた

明葉はコンペの締切牙前倒しされてしまい、むつきを戦隊物のショーに連れていけなくなってしまった

それでむつきは駄々をこねてしまったので、明葉はあかりに頼むしかないと言いかけたが、あからさまにさつきはあかりに拒絶反応を見せてしまった

なんとかコンペの準備もあと少しになったので、むつきをショーに連れていこうとしていると、あかりはコンペ二集中するように言った

そこに更にコンペの締切を早める連絡が入ったので、明葉はむつきを連れていくのを諦めようとしていると、あかりが自分が代わると言ってくれた

それであかりはむつきを連れて戦隊物のショーを見に行ったが、自分の思い通りにならないのでクタクタになってしまった

そこにさつきがやってきたのであかりは子育ては誰かに支援を頼まないといけないというと、子育ては一大プロジェクトみたいだと言った

さつきはそんなあかりを見て大笑いすると、なぜかあかりは涙が溢れでてしまった

それでさつきはあかりが自分が描いた絵本を気に入っていることを確認すると、帰宅して部屋に籠もって絵を描き始めた

明葉はそんなさつきを見て、余計にあかりと関係が拗れてしまったかもしれないと心配していた

そこにさつきが自分が描いた絵本の結末を描いたスケッチブックを渡し、あかりに渡して欲しいと頼んだ

それを読んで二人の関係がよくなったと知った明葉には、コンペの最終選考に残ったという通知が届いた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

また柊と二人で暮らすことになってしまう明葉

明葉はあかりとさつきは、復縁はしないがむつきのことで協力していくのだと柊に話すと、柊は自分の仕事の目標を話始めた

すると柊は明葉に、これからどうするつもりなのかと聞いてきたが、明葉はそれに答えることができなかった

それで明葉は友人のマミコに人生の目標を聞いてみると、マミコは家を買うつもりだと答えた

みんな将来のことを考えているのだと知った明葉は、自分は大丈夫なのかと心配し始めたので、マミコは明葉らしいと言いながら元夫といるのは変だと言われてしまった

そしてその後に明葉が家に帰ってくると、さつきはあかりと同じマンションで暮らすので出ていくと言ってきたので、明葉はまた柊と二人暮らしになってしまった

明葉はコンペのプレゼン原稿をあかりに見せると、よくできていると褒めてもらった

それから美晴たちに会った明葉は、公園のベンチでご飯を食べると、ついうとうと寝てしまった

ふと目を覚ました明葉だったが、見知らぬ男が明葉によりかかって眠っていたので、明葉が立ち上がると男が持っていたお菓子が地面に落ちてしまった

男はそれを拾うなと叫ぶと、落ちたお菓子の写真を撮ってから食べ始めたでの、明葉はコイツは完全にイカレた奴だと思って逃げてしまった

明葉が帰宅すると、支度を終えたさつきは家を引き払って出ていってしまった

家の中に入った明葉は、自分が離婚前に書いた要望書を見つけ、それを使って柊にプレゼンの練習をしてもらうことにした

夜遅くまで柊はプレゼンの練習を手伝ってくれたが、そのまま寝落ちしてしまった

そんな柊にお礼を言った明葉は、翌日、まだ寝ている柊のために朝食を作って出かけていった

明葉はバスに乗ってスタジオに向かっていたが、緊張してコンペで使う資料をバスに残して降りてしまった

それで慌ててバスを追いかけた明葉だったが、あの公園で寄りかかっていた男が降りるためにバスが停まってくれた

男は明葉に資料を渡しながら自分は悠昌だと名乗ったが、悠昌は有名な…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

婚姻届に判を捺しただけですがを最初から読み直すならコチラ👇

「婚姻届に判を捺しただけですが」31~35巻巻を読んでみた感想

柊は明葉にコクってからは、完全に自分の好きだという気持ちを隠さなくなりました

でも明葉は3年前と違って、そんな柊がウザく感じてしまうようになってしまいましたが、さつきとあかりの一件もあって柊との関係をどうしらいいのか分からなくなっています

一旦は好きだった気持ちを裏切られたような形になってしまったので、また同じ気持ちになれと言われても難しいというのも分かります

周りは二人はやり直せると思っている感じですが、そうなるにはやはりかなりの時間がかかるでしょうね

明葉は有名スタジオのコンペを受けていますが、偶然出会った変な悠昌は有名なデザイナーのようです

他の最終参加者は悠昌の名前を見て諦めていたくらいなので、かなりの奴みたいです

結構、明葉は悠昌に気に入られたみたいなので、もしかしたら明葉は変人に好かれてしまう人なのかもしれません

コンペの結果がどうなるのかはまだ分かりませんが、もしかしたら悠昌が柊の恋敵になってしまう可能性もあるでしょうね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-婚姻届に判を捺しただけですが