秘密の授業 5~6巻 ~仕方のないフリをして俊太とセックスを始めるも家族なのにと罪悪感を感じてしまったがキスされどうでもよくなってしまう飛鳥 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『秘密の授業』5~6巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『秘密の授業』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『秘密の授業』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

『秘密の授業』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「秘密の授業」5~6巻の簡単なあらすじ

また俊太とシタくなってしまう飛鳥

昨夜にイケなくて欲求不満な状態で飛鳥が起きてくると、珍しく葉月も部屋から出てきていた

そして家族が揃ったので朝ご飯を食べ始めたが、ガツガツご飯を食べる俊太を見ながら、飛鳥はヤってはいけないと思いつつもシタくてたまらなかった

それで飛鳥は家族が出かけた後に俊太とセックスしようと思い、真理子も強引に買い物に行かせたりした

コレで俊太とヤレると喜んでいた飛鳥だったが、俊太も出かけてしまったのでガッカリしていた

しかし俊太も飛鳥とヤリたくなったので家に戻ってくると、ゲームで勝負することになった

飛鳥は勝負に負けると仕方がないフリをして、俊太にセックスさせるつもりだったが、俊太は飛鳥とキスしたいと言いだした

それで飛鳥はキスはダメだというと他にしたいことがないかと訊ねると、やっと俊太はセックスしたいと言いだした

飛鳥はダメだと言いつつも1回も2回も同じだと、謎理論を言い出して服を脱ぎ始めた

すると俊太はそれを止めたが、飛鳥はそのままヤラせてあげることにした

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

罪悪感を感じつつもキスされどうでもよくなってしまう飛鳥

俊太は飛鳥のおっぱいを舐め始めたが、飛鳥はアソコも触って欲しいと言ったので、俊太はアソコを触ってあげるともう濡れていた

それで俊太はそのまま飛鳥に挿れてしまうと、飛鳥は俊太の巨根で思いっきり感じてしまった

あまりに俊太は腰を激しく振るので、飛鳥はゆっくり動かすように求めたが、ゆっくり動かされると余計に感じてしまった

どんどん俊太はセックスが上手くなっていくのを見て、飛鳥は家族なのにヤっていることに罪悪感を感じ始めた

すると俊太はキスしてダメなのかと聞いてきたので、飛鳥は好きな子とするように言ったが、俊太は飛鳥が好きだと言いつつキスしてしまった

舌まで絡ませられてしまった飛鳥はもうどうでもよくなってしまい、そのまま俊太に中出しされてしまった

しかし飛鳥は俊太を抱きしめると、自分から舌を入れながらキスし始めたのだった

そこに真理子が帰ってきて、飛鳥の部屋に入ろうとし始めたので、ヤバいと思った飛鳥は咄嗟にオナニー中だと叫んでしまった

それで真理子は部屋に入るのを諦めてくれたが、それでも俊太はまら飛鳥とヤリ続けたがった

そんな俊太にムリだと言った飛鳥だったが、俊太が抜くと精子がドップリ溢れ出てきた

飛鳥は俊太に部屋に戻るようにいうと、真理子にバレないように黙っておくように口止めしたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

処女のつかさにセックスしたいと言い出す俊太

俊太は洋の家に遊びに行くと、洋の姉のつかさが居眠りしていた

扇風機の風でつかさのスカートがめくれてパンツが見えていたので、俊太は触りたくなってしまった

なんとかそれを堪えていると、つかさが目覚めてジュースを飲ませてくれた

すると俊太はいきなりつかさに、セックスしたことがあるかと聞き始めたので、つかさは答えに窮してしまった

気まずい空気が流れた後に、つかさは俊太にそんなことを聞いてはダメだと大人の対応をしたが、俊太はまだヤッタことがないんだと言った

彼氏はいないことを認めたつかさに、俊太は今からセックスしたいと言いだしたので、ドン引きしてしまったつかさは俊太に帰るように求めた

俊太は家に帰ってくると、つかさとヤリたいと思いながらつかさのパンツの匂いを嗅いでいた

そこに飛鳥が帰ってきて、もう二度と自分とヤってはいけないと注意したので、俊太はガッカリしてしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

また真理子のいる寝室に頼みごとをしにやってきた俊太

それで俊太は夜になると、水を飲みにやってきた真理子に、またオナニーを手伝って欲しいと頼んだので、また真理子は俊太にフェラしてあげた

すると俊太は真理子のアソコを触り始め、指を挿れ始めた

そして俊太がGスポットをいぢくりだすと、そのまま真理子は俊太と一緒にイってしまった

翌朝、正はまた飲みで遅くなると言って会社に出かけていったが、俊太は真理子をジロジロ見ていた

その後俊太はまた洋と遊んでいたが、洋は自分のドローンを俊太に貸してあげたので、俊太は洋に自分もいいことを教えると言った

そして帰ってきた俊太はまた夜になると真理子の部屋にやってきて…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

秘密の授業の続きはコチラ👇

「秘密の授業」5~6巻を読んでみた感想

飛鳥はまた俊太とセックスしてしまいましたが、このままハマるとヤバいと思ったのか俊太にはもうヤってはいけないと言っています

でもまたしばらくすると欲求が溜まって、俊太にセックスを求めてきそうな気がしますね

俊太は完全にセックスをしたくてたまらなくなっていて、とうとう友達の洋の姉のつかさにセックスしようと言ってしまいました

つかさは結構ドン引きしていた様子でしたが、まだ処女なみたいで早くシテみたい気持ちもあるようです

また俊太がセックスしたいと言ってきたら、もしかしたら今度はシテもいいと言ってしまう展開が待っていそうです

俊太は最後にまた真理子の部屋にやってきていますが、友達の洋にドローンを貸してもらっていいことを教えると言っていたので、真理子に洋にもオナニーを教えて欲しいと頼み込みそうな感じですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

『秘密の授業』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『秘密の授業』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『秘密の授業』を実際に読んでみましょう!

-秘密の授業

© 2021 まんがコミック大好き日記