読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

血の轍

血の轍 3巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

 そして、「究極のマザコン」が生まれる…

自我を吸い取られた静一はママの玩具としての生活を受け入れる

わずかでも自己を主張すれば思いもよらぬ「攻撃」が待ち受ける

そんな“母親地獄”の日々の中で、静一の精神は徐々に蝕まれてゆく…

メディアでも大反響!

「惡の華」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の押見修造が更に深化した最新作!

「究極の毒親」第3集!

 

「血の轍」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「血の轍」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「血の轍」の試し読みはコチラ♪

 

 

 

「血の轍」3巻の簡単なあらすじ

 吹石との交際を断る静一

 父が静一の部屋に来ると、静一は静子に抱かれていた

二人の周りには破られた吹石のラブレターが散らばっていた

起き上がった静子は、しげるの見舞いには行かないと父に言った

父は静子のせいではないと言い、分かっているという

だが静子は泣きながら自分たちは関係ないと言い出した

興奮しながら静子は、父に一人で病院に行くように言うのだった

 

夏休みの宿題をしていた静一

静子は静一の服を買いに行こうという

二人でお店に向う途中で、近所のおばさんから歳を聞かれる

だが静一は自分の歳を言うのにどもってしまった

服を買った後、静子と食事をする

静子は自分たちが見舞いに行かないことをどう思われているんだろうと静一に聞く

そしておいしそうに食べるのだった

 

夏休みも終わり、登校する静一

そこに友だちが声をかけてきた

だがうまく話せない静一だったが、友だちは静一がふざけていると思ってしまう

学校も終わり、静一は一人で急いで帰った

だが途中でコケてしまうとそこに吹石が助けにきた

吹石はラブレターの答えを聞くが、静一は交際を断ってしまう

ママがいるから

逃げだそうとする静一を吹石は止める

そして母親から何か酷いことをされているのではないかと訊ねた

だが静一は涙を流しながら吹石の手を振り払い、走り去ってしまった

 

しげるの見舞いに行く静一

自宅に帰ると静子と父が言い争っていた

しげるの見舞いに行きたくないと言っていた

そして自分は静一が生まれてからずっとひとりぼっちだと言い出した

消えたいという静子は、静一がいるからまだこの家にいるとのだという

父が去ると静子は座り込み、いないはずの小さい頃の静一を世話を始めた

それを見て静一はその場を逃げ出した

 

父は静一をしげるの見舞いに連れて行く

しげるの母は静一がやってきて喜んでくれた

またどもりが出てしまう静一

静一に謝ろうとするが、しげるの母は静一もつらかったのだろうと言う

そしてまたよくなったらしげると遊んで欲しいと言って頭を撫でた

泣き出してしまった誠一に、しげるの母は何も気にしていないと言ってくれた

帰りにしげるの手を握ると、あのときの事をまた思い出してどもってしまった

 

静子を突き飛ばす静一

帰宅した誠一と父

夜、目が覚めた静一は、お腹がすいて1階に降りてきた

すると静子が戻ってきた

静一を見つけ抱きしめる静子

しげるの見舞いに行っていたことを知り、連れて行った父を許せないと言った

そして静一に二人で家を出ようと言い出す

うなずく静一に、静子はキスをしようとする

吐き気を催す静一

息ができなくなった静一の口に、静子は指を入れる

 

しかし静一は静子を突き飛ばした

そして自分のせいで静子はひとりぼっちなのかと訊く

しげるとどうして突き飛ばし、そしてみんなに嘘をついているのかと言う

ママ!! 逃げないで!!!

そう叫ぶ静一

静子は殺していいと言って、静一の手を自分に首に引き寄せた

できないという静一に、静子は自分がやると言って静一の首を絞め始めた

 

手を離した静子は風呂に向かう

そしてこどものくせに、なまいき言わないでと言うのだった。

 

「血の轍」3巻を読んでみた感想

 静一はどもりが出てしまいました

そうとう静子のプレッシャーを感じているのでしょう

吹石は、静一が静子に支配されていることに気づいているようです

おそらくこれから後に、静一が静子から離れようとする際に関わってくることでしょう

静一は支配しようとする静子を、突き飛ばしました

静子は静一が、自分の支配から離れようとしていることに気がついたと思います

静一を小さなこどもとして扱おうとしているところを見ると、静子はうまく子離れができないのでしょう

これからこの二人の関係がどうなるのか、とても気になりますね

 

「血の轍」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「血の轍」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「血の轍」の試し読みはコチラ!

 

-血の轍

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.