年の差婚 10巻 ~動物園にいる子どもたちを見て母親の記憶を思い出してしまう舞衣子 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『年の差婚』9巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『年の差婚』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『年の差婚』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『年の差婚』を今すぐ無料試し読み👆

『年の差婚』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「年の差婚」10巻の簡単なあらすじ

晴海への初めての誕生日プレゼントを悩む舞衣子

舞衣子は晴海の誕生日が近づいてきたので、晴海に何かプレゼントしようと思っていたが、決まらないでいた

それで紫に相談してみた舞衣子だったが、やはり晴海の好きなものがいいということになり、舞衣子は今度は晴海の昔からの友人の瀬川にすることにした

瀬川は舞衣子とお店に行くと、女性関係の相談かと思っていたが違ったので、舞衣子は小原の件は知っているのかと思ってしまった

小原は歳をとると物が段々欲しくなくなる上に、晴海は物持ちがいいのでご飯を作ってあげたり、旅行とかに行ったほうがいいかもしれないとアドバイスした

そして小原は晴海は舞衣子と一緒にいられるだけで、嬉しく思うハズだといったので、舞衣子は誕生日には自分がいてあげようと思った

そしてとうとう晴海の誕生日がやってくると、舞衣子はクマの着ぐるみを着て晴海の誕生日を祝ってあげた

晴海は舞衣子が着ぐるみを着てお祝いの言葉を聞いていると、カワイイと思いつつも嬉しくなって涙が溢れてしまった

舞衣子は着ぐるみを脱ぐと、晴海がずっと同じ包丁を使っていたので、砥石をプレゼントしてくれた

そんな舞衣子に晴海はキスしてあげると、そのまま一緒に…

⇒『年の差婚』の無料試し読みはコチラ👆

晴海と動物園に行って母親との記憶を思い出そうとする舞衣子

舞衣子は週末、晴海と動物園へと行った

二人は動物を見たり自然の空気を吸ったりして楽しんでいると、晴海が見知らぬ男の子に父親に間違えられてしまった

男の子は親とはぐれたことに気づくと泣き出してしまったが、両親がやってくると男の子は舞衣子に手を振って去っていった

そんな男の子を見ていた舞衣子だったが、ふと何かを思い出しかけたが晴海が戻ってきて声をかけたので、何を思い出そうとしていたのか分からずじまいだった

また二人で動物園を見て回っていると、また二人は男の子に声をかけられてしまった

それで舞衣子は動物園に来ている子供の声が気になるようになると、自分が昔母親と一緒に動物園に来ていた気がすると言い出した

晴海は夏祭りの時も同じだったと思いつつも、母親のことは訳ありなんだろうと思い何も舞衣子に聞かなかった

そして晴海は舞衣子の手を握ると、こんな風に舞衣子と一緒に見たり話したりして共感できればいいと言ってあげた

すると舞衣子は晴海に何かを聞こうとしたが止めてしまったが、突っ込んで聞いてこない晴海は本当に優しいと舞衣子は思ったのだった

⇒『年の差婚』の無料試し読みはコチラ👆

家にやってきた理音に最近母親のことを思い出すと話す舞衣子

舞衣子は自分が何を優先したいのか分からなくなっていたので、パンを作るのにハマってしまった

すると晴海がやってきて手伝い始めると、そこに理音が部屋を訪れてきた

理音は仲のいい二人を見て、二人に迷惑をかけたと言って頭を下げて謝った

そして理音は舞衣子の結婚相手が晴海で良かったと言ってくれたので、舞衣子はとても喜んだ

舞衣子は理音に一人暮らしのことを聞いてみると、理音は母親は最初は反対したが男ができたらアッサリOKしたと愚痴りだした

すると舞衣子は最近、母親のことを思い出すことが多くなったと言っていると、そこに買い物に出ていた晴海が帰ってきた

それから3人は楽しく会話をした後に理音は帰っていったが、お風呂に入った舞衣子は何かボーとしていた

舞衣子は会社のミーティングで、次回までに家族向けの企画を考えてくるように言われたのでそのことを考えていると、そこに紫がやってきて子供がデキたと明かした

すると紫は舞衣子たちはどうするのかと聞いてきたので、舞衣子は晴海は二人だけでもいいと言ってくれているが、自分の気持ちがハッキリしていないと答えた

それでまた母親のことを思い出した舞衣子は、帰宅して晴海と一緒にテレビを見ていると、母親に会いに行くつもりだと言い出した

⇒『年の差婚』の無料試し読みはコチラ👆

年の差婚を最初から読み直すならコチラ👇

「年の差婚」9巻を読んでみた感想

舞衣子は最近、母親のことを思い出すようになっていますが、まだ母親がどんな人だったのか分からない状態です

舞衣子にはあまりハッキリとした母親の記憶がないところを見ると、恐らく舞衣子がとても小さい頃に母親は家を出ていってしまったのでしょうね

母親が家を出ていった理由も分かりませんが、舞衣子の断片的な記憶からすると、不倫とかではないような気がします

晴海は舞衣子が母親に会いに行くと言っているのを、止めたりはしないと思いますが、舞衣子はどうやって母親に会いに行くつもりでしょうか

舞衣子は子供を作るかどうかも迷っている様子でしたので、母親との再会で産む気になるかどうかが決まってきそうな感じです

母親がいい人であればいいですが、そうでなかったらどうなってしまうか心配ですね

>>『年の差婚』を実際に読んでみよう!

このまんがを無料で試し読みするには?

『年の差婚』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『年の差婚』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『年の差婚』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『年の差婚』を今すぐ無料試し読み👆

-年の差婚

© 2021 まんがコミック大好き日記