私たちに、嘘の気持ちなんてない。 1~2巻 ~勇気が褒めてくれないと愚痴って寝てしまった加奈についキスをしてしまう仁 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『私たちに、嘘の気持ちなんてない。』1~2巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『私たちに、嘘の気持ちなんてない。』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「私たちに、嘘の気持ちなんてない。」1~2巻の簡単なあらすじ

寝てしまった加奈にキスをしてしまう仁

結婚式を挙げていた加奈は、どうして自分たちはこうなってしまったのだろうかと思っていた

遡ること2年前、加奈と勇気は同棲するために引っ越ししていた

それを勇気と同じ幼馴染みの仁が手伝っていたが、仁は勇気が実家から持って来た皿を割ってしまったので、3人は代わりの皿を買いに行った

加奈は勇気と皿を選んでいると、近くにいた人たちは二人を似合いの美男美女カップルだと言い始め、加奈は勇気が聞いたらどう思ってしまうか心配になってしまった

引っ越し作業を終えて3人は飲み始めたが、勇気は加奈が買ったお茶碗が気に入らない様子だった

勇気は酔い潰れてしまうとお酒をこぼしてしまって、それが仁にかかってしまった

それで仁は着替えに行ったが、タオルや着替えを持っていった加奈は、仁の裸を見てしまって、思わず赤面してしまった

仁が着替えて戻ってくると、加奈は仁に勇気とうまくやっていける自信がないと言い始めた

そんな加奈に仁は、そんな気持ちはちゃんと勇気に伝えたほうがいいとアドバイスしてくれたが、それでも加奈は勇気は自分を褒めてくれないと愚痴ってしまった

仁は加奈に勇気を他の男と比べたりしたらダメだと言っていると、加奈は眠ってしまったので抱えてベッドへと連れていった

つい仁はつい加奈とキスしてしまうと、ヤバいと思って加奈をベッドに寝せた

そこに起きてきた勇気がまた加奈への恋心が蘇ってきたのかというと、自分がやったように加奈を奪えばいいのだと言った

なぜなら勇気は、学生時代に仁が加奈にコクる前にコクって、加奈を奪い取っていたからだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

いつもと同じ加奈だったので安心する仁

仁は翌朝自分の部屋に帰ると、勇気が加奈を奪い取ったときの目を思い出してしまったが、昔のことを掘り返してもダメだと思い直した

仁は外に出かけると、そこに勇気が前日いろいろ手伝わせてしまったことを謝ってきた

その後に仁は加奈がバイトしていると店に行くと、加奈は客の男から自分の連絡先が書かれたメモを渡され困っていた

お昼休みになった加奈と仁は公園に行くと、加奈は客から渡されたメモを勇気に見つからないように燃やしてしまった

その後二人はお昼を食べ始めたが、加奈の様子は普段と変わらなかったので、仁は加奈がキスしたことを覚えていないと思ってやっと安心することができた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

同窓会で羽倉にいきなりコクられてしまう加奈

加奈が部屋に帰ってくると、同窓会のお知らせが届いていたので、勇気に見せたが勇気はいかないと答えた

それで加奈は仕方なく仁と一緒に同窓会に行くことにしたが、同窓生たちは加奈たち3人の関係がどうなっているのか興味津々だった

同窓生たちは加奈と仁を見て、更に美男美女になっていて加奈は勇気と別れたのではないかと噂し合った

加奈は友達だった女の子たちと話していると、そこに学生時代から加奈のことが好きだった羽倉がいきなり付き合って欲しいとコクってきた!

羽倉は加奈の手を掴んで迫ってきたので、仁が助けてくれた

すると羽倉は今度は勇気を捨てて仁と付き合っているのかと言い出したので、加奈は羽倉の顔に水をぶっかけてしまった

そんな様子を見ていた仁の友人たちは…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

仁の友人たちに用具室に閉じ込められてしまう2人

同窓会の後に母校へ行こうということになったので、加奈たちも行くことにした

母校へと行った加奈たちは、教室を見て懐かしい気持ちになることができた

その後、仁は友人たちと体育館でバスケットをし始めたが、友人たちはもう疲れたと言って仁にボールの片付けを頼んだ

それで仕方なく仁は加奈と一緒にボールを片付け始めたが、二人が体育用具室に入ると仁の友人たちは二人をくっつけるために閉じ込めてしまった!!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

私たちに、嘘の気持ちなんてない。の続きはコチラ👇

「私たちに、嘘の気持ちなんてない。」1~2巻を読んでみた感想

加奈は勇気と同棲を始めましたが、勇気はかなり神経質なのでうまくいくか心配しています

そんなことなら同棲しなければいいと思いますが、やはり勇気とは幼馴染みなのでそう簡単にしないという選択ができないのでしょうね

同じ幼馴染みの仁は勇気から加奈を奪われた形ですが、それでも二人とは仲良くしています

それだけお人好しなんだと思いますが、やはり仁も加奈が好きな気持ちが残っているようです

寝ている加奈にキスしていましたが、それを恐らく勇気も見ていたみたいなので、その内勇気は仁に何かしてきそうな気がします

加奈と仁は同窓会に行きましたが、同窓生たちは前から2人がお似合いだと思っていたようで、仁の友人たちは2人を用具室へと閉じ込めてしまいました

そのまま2人がヤってしまうのを期待してのことだと思いますが、2人がこの後どうするのかどうかが気になってしまいます

それに冒頭で加奈が誰と結婚していたのかどうかも、早く知りたいですね!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-私たちに、嘘の気持ちなんてない。
-, ,