あなたがしてくれなくても 46~50巻 ~楓と会ってぶっ倒れたので誠のことは終わっていなかったと感じてしまいセックスを求めてきた陽を拒否ってしまうみち のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『あなたがしてくれなくても』46~50巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『あなたがしてくれなくても』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「あなたがしてくれなくても」46~50巻の簡単なあらすじ

会社にやってきた楓が誠の妻だと知ってぶっ倒れてしまうみち

陽はコクってきた三島の気持ちには応えられないというと、みちがいないとダメなのだと言った

三島は泣きながら陽の気持ちは分かったというと、早くみちの所へ行くよう言ったので、陽は自分にはやはりみちしかいないと思いながら帰宅して、眠っていたみちを抱きながら眠ったのだった

楓は一睡も出来ずに朝を迎えてしまったが、もう誠は会社に出かけていた

するとまた涙が溢れ出てしまった楓は、誠がスマホを忘れていることに気がつき、ついスマホのロックを解除しようとしてしまったが、ロックは解除できなかった

みちは会社で華に簿記の試験を受けようと思っているというと、華はみちの格好を見て何かイイ女になっていると言った

そんなことを言われて良い気分になっていたみちは廊下を歩いていると、そこになんと楓が誠の忘れ物を届けにやってきたと言ってみちに声をかけてきた

みちは楓が誠の妻だと名乗ったので、一瞬で暗い気持ちになってしまい、なんとか冷静さを装いながら誠のいる部署へと向かい始めたが、途中でぶっ倒れてしまった!

楓はみちを休憩室へと連れていってあげると、そこに華と田中が誠は外に出ていると言ってやってきた

華は楓が誠の妻だと知ると、それでみちはぶっ倒れてしまったのだと気づき、やはりみちには不倫は厳しかったのだと思った

楓は誠の忘れたスマホを渡して会社を出ていったが、誠がいたらヒスっていたかもしれないと思い、正直誠がいなくてよかったと思っていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

セックスを求めてきた陽を拒否ってしまうみち

みちは帰りの電車で楓を思い出していたが、正直自分は全くすっぴんの楓にも勝てないだろうと思っていた

電車を降りようとしてコケてしまったみちは、自分が情けなくなりながら帰宅すると、陽が晩ご飯を作ってくれていた

みちはシャワーを浴びにお風呂に向かいながら誠のことが自分の中では全く終わっていなかったのだと思っていると、みちの様子がおかしいと感じていた陽が大丈夫なのかと声をかけてきた

陽はみちの話だけでも聞くことができると言ってきたので、みちはついどうしてそんな言葉をもっと早く言ってくれなかったのかと思いながら、つい自分のことが嫌いになったのだと言ってしまった

すると陽は自分はどんなみちでも好きだと言ってくれたが、みちは精神的に不倫していたことを陽が知ってしまったらどう思ってしまうだろうと思ってしまった

それでもみちは気を取り直して脱衣所から出てくると、仕事でミスしたからつい言ってしまったのだというと、陽はやっとホッとしてご飯を作りに戻っていった

みちはつい陽に精神的不倫をしていたことを言わなくてよかったと思ってしまうと、陽と晩ご飯を食べ始めながら絶対に不倫はバレてはいけない思っていた

しかしみちは着替えに行こうとすると、陽はどうしていつものように自分の前では着替えないのかと言って、みちの服を脱がし始めた

そして陽はみちにキスしてくると、おっぱいを揉みながらアソコを触ってきたので、ついみちは陽を突き放して拒否ってしまった

みちはヤバいことをしたと焦ったが後の祭りで、陽は呆然としながらタバコを買いに出かけてしまった

コンビニでタバコを買った陽は、どうしてみちに拒否られてしまったのかと思っていたが、道を歩くカップルを見てみちに男ができたのかもしれないと一瞬思ったが、そんなことは絶対にあるはずないと思ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

みちはずっと傍にいてくれると思い込んでいた陽

陽は会社に行くと、浮気がバレた職場の仲間にキツイ言葉を言ってしまった

陽は大学生のときにファミレスでバイトしていたが、そこに新人としてみちが入ってきた

他のバイト仲間はみちのことをイモ女と言っていたが、陽はみちを手伝ったりしてあげているとみちは陽にだけ笑顔を見せるようになった

そして二人はそれから一緒にいることが多くなり、陽もみちといるのが心地よく感じていた頃、みちは陽に好きだとコクってきたのだった

陽はみちと付き合うようになっていたが、みちの誕生日の日に釣りの約束をしてしまったが、みちは釣りの約束を優先するように言ってくれた

陽が帰宅すると事実婚をしていた姉が結婚すると親に報告に来ていたが、姉は陽がみちと付き合い始めてからしかめっ面をしなくなったというと、そんな人とはなかなか出会えないので大事にしないといけないと忠告したが、陽はそれからもずっとみちが自分の傍にいてくれると想い続けていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

楓と会ってしまったみちがぶっ倒れていたと知って動揺してしまう誠

みちは陽からの連絡が来ないのでことを気にしていると、デートをドタキャンされた華が飲みに行こうと強引に誘ってきた

それでみちは何人も彼氏をキープしている華に、他の彼氏にバレたことがないのかと聞いてみると、華は徹底してバレないようにしていると話した

華は以前、彼氏が浮気していたことを謝ってきたが、浮気していたことを話し終えた彼氏がスッキリした表情だったのが、それが嫌なのでバレないようにしているのだと説明した

そんな華の話を聞いていたみちは、やはり陽に精神的不倫をバラさなくてよかった思った

滝川はまだ会社に残っていた誠に声をかけると、誠が転職情報を見ていたことに気づき、本気なのかと詰め寄った

すると誠は理由は言えないと答えると、まだ次の会社は決まっていないと言った

滝川は考え直すように言っても、誠は会社を辞めることは自分の中では決まっているというと、滝川に転職が決まるまではみんなに黙っていて欲しいと頼んだ

滝川は誠が突然いなくなってしまうのは、みんなが寂しい想いをしてしまうので、みんなにはちゃんと事前に話すように言った

誠はついみちも寂しがってくれるだろうかと思いながら帰宅すると、楓は早く帰宅して仕事をしていた

誠がご飯を作り出すと楓も手伝ってくれたが、その際誠の忘れ物を渡しに会社に行った際に、案内してくれたみちが倒れてしまったと聞いた誠は、一瞬固まってしまって作っていた料理をこぼしてしまった

そんな動揺を見せた誠を見てしまった楓は…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

「あなたがしてくれなくても」46~50巻を読んでみた感想

やはりみちも誠もお互いのことを忘れられないようです

みちは会社にやってきた楓を見て、ぶっ倒れてしまいましたが、最後に誠がそのことを聞いて動揺してしまったので、とうとう楓に精神的不倫相手がみちだとバレてしまったようです

陽もみちがセックスをしようとしても拒否ってしまったので、みちに男がいるかもしれないと思うようになっています

みちと誠はまだ体の付き合いはなかったので、なかなかシラを切られてしまったら証拠を掴めないですが、二人はそんなウソの態度を取れないので完全にバレてしまう可能性が高いでしょう

楓は不倫していたわけではないので誠を責めることができますが、陽は三島と不倫セックスまでしていたので本来ならみちを責めることはできないはずです

でも陽は付き合い始めから、自分はみちより上だと思っていたようなので、自分の不倫を棚に上げてみちを責め立ててしまうような気がします

そうなったらみちは完全に陽から気持ちが離れてしまうハズなので、離婚に向かってまう可能性もあるでしょうね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-あなたがしてくれなくても

© 2021 まんがコミック大好き日記