誘惑 13~15巻 ~北条にホテルで一晩中中出しセックスさせてやる代わりに聖菜が売女だということを聞き出し裕典と別れさせようとする江梨子 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『誘惑』13~15巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きで『誘惑』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「誘惑」13~15巻の簡単なあらすじ

体で対価を払う払う条件で聖菜が売春していたことを北条から聞き出す江梨子

聖菜は自分から裕典のモノを奥まで挿れると、腰を動かし始めた

すると裕典は自分に跨がっていた聖菜を押し倒してキスをすると、互いに好きと言いながらイってしまった

裕典は大学で聖菜と学食を食べていたが、聖菜はいつも学食を嫌っていたので大丈夫なのかと聞くと、聖菜は同棲のための節約だと答えた

すると裕典は聖菜の両親のことを訊ねると、聖菜は母親は海外で父親は離婚したのだと答え、両親は互いに自分の人生を生きているのかと答えた

そこに江梨子が相席をしようとやってきたので、聖菜はキレだしてしまった

それで江梨子は自分のせいだと謝ると、聖菜は自分たちに関わるなと言って裕典を連れて学食を出ていってしまった

聖菜にそんなことをされてしまった江梨子は、北条の部屋に行くと本当に裕典を取り戻せるのかと聞いた

すると北条は江梨子が対価を払うことを求めてきたの、江梨子は北条にキスをしたが、北条は江梨子のワンピをめくり上げながらお尻を触ってきた

そして北条は江梨子に、聖菜は会員制のクラブで体を売って金を稼いでいるのだと教えると、江梨子は聖菜はそんな汚い手で金を稼いで自分から裕典を奪ったのかと思ってしまった

北条は江梨子をホテルへと連れていくと、バスローブを脱いだ江梨子のおっぱいを舐めると、江梨子のビショビショになったアソコを触りだした

そして北条は江梨子にフェラをするように要求すると、アソコを咥えた江梨子の喉奥に精子をブチ撒けてしまった

北条は江梨子をベッドへと連れていくと、バックから江梨子を突き始めると、嫌だと叫んだ江梨子に思いっきり中出ししてしまった

それからも北条は江梨子に何度も中出ししてしまったが、それでも江梨子は裕典を聖菜から奪い返すのだと思いながら耐えていたが、北条とのセックスを終えた江梨子は…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

聖菜が売春していたと知ってキレてしまう裕典

聖菜はお昼に裕典に自分が作った海苔巻きを食べさせていると、そこに江梨子がアバズレ女だと罵りながら現れた

裕典は江梨子にどこかへ行くように求めたが、江梨子は去ろうとしないので聖菜とどこかへ行こうとし始めた

しかし江梨子は聖菜が売女なのだと明かすと、それが信じられない裕典は聖菜にウソなハズだと言って確認したが、聖菜はそれを否定することができなかった

裕典は聖菜が本当に売女なのだと知ると、聖菜が作ってきていた海苔巻きをブチ撒けて聖菜に自分の前から去るように言った

それで聖菜は泣きながらその場から去っていってしまったので江梨子は裕典に抱きついてきたが、裕典は江梨子にも一人でいたいからこの場から去るように求めたのだった

その後、裕典は一人でヤケ酒を飲んで酔い潰れてしまったが、聖菜や江梨子とセックスする夢を見てしまった裕典が目を覚ますと、隣にはなんと江梨子が眠っていた

驚いてしまった裕典に江梨子は裕典が慰めて欲しいと言って電話してきたのだというと、裕典のために朝ご飯を作ってくれた

裕典は江梨子と歩いていると、そこに晴樹がヨリを戻したのかと言って裕典をクズ野郎だと罵りだした

それで江梨子は悪いのは売女の聖菜なのだと言いだしたが、裕典は聖菜を悪く言うなとキレて一人でその場から去っていってしまった

すると今度は、江梨子をレイプした旭が声をかけてきた

江梨子は旭に反省していないというと、その場で土下座して自分に謝るように要求した

旭は北条にボコられ念書を書かされてしまったこともあり、仕方なく皆が見ている中で江梨子に土下座してしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

聖菜が忘れられずに荷物を返しに向かう裕典

裕典は自分の部屋に戻ってきても、やはり聖菜のことを忘れられないでいた

そこにまた江梨子がやってきたので、裕典は自分は聖菜を忘れられないのだというと、江梨子は服を脱ぎながら自分が聖菜を忘れさせてあげると迫ってきた

そして江梨子は裕典にフェラしてあげると、裕典に挿れてもいいと言ったので、裕典は江梨子に挿れてセックスしようとし始めたが、江梨子の顔が聖菜に見えてしまった

江梨子とセックスして江梨子が作った料理を食べ始めた裕典だったが、聖菜の荷物を江梨子が勝手に捨てたを知るとブチ切れてしまった

裕典は江梨子からゴミ捨て場に捨てたと聞き出すと、急いでゴミ捨て場に行ってみると、まだ聖菜の荷物は回収されていなかった

それで裕典は聖菜に荷物を返してあげようと思い、聖菜の部屋へと向かったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

林田に容赦なく中出しされていた真緒から聖菜のいるコンビニを教えてもらう裕典

そのころ、真緒は林田に裸エプロンで料理を作らされていた

真緒が裸エプロンを躊躇ったので、林田がお仕置きだというとい痛がる真緒を激しくバックから突き始めた

そして林田はすぐに真緒の中に出してしまうと、すぐにお掃除フェラを求めてきたので、真緒は絶望してしまった

そこに裕典がやってきたので、真緒が玄関に出てきて聖菜はいないと答えた

裕典は必死に真緒に聖菜の居場所を教えて欲しいと頼み込むと、真緒は裕典にコッソリと聖菜が働いているコンビニの場所を教えてくれた

その頃、聖菜はコンビニでレジ打ちしていたが、聖菜に目をつけた男たちがスマホの番号を教えろと迫っていた

するとコンビニの店長が現れ、消えないと警察を呼ぶと脅したので、男たちに逃げ出してしまった

しかしコンビニの店長は、店の蛍光灯が切れてしまったので、交換を聖菜にするように求めてきた

それで仕方なく聖菜は蛍光灯を交換しようとしていると、店長は聖菜のお尻を触り始めた

聖菜はセクハラだと訴えたが、店長は時給を上げるからと言って聖菜を従わせようとしたが、そこに現れた裕典が店長をぶん殴って聖菜を助けてあげた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

セックスをしようとする裕典を拒む聖菜

裕典は店の外に出ると聖菜に荷物を返しに来たのだというと、またやり直したいと聖菜に言った

聖菜は自分は売女だからだと言っても、裕典はそんなことは一緒に乗り越えていこうというと、聖菜と一緒に家に戻ることにした

その頃、江梨子は裕典の帰りを今か今かと待っていたが、裕典は聖菜を連れて帰ってきたのでまたキレ始めた

しかし裕典は自分たちはヨリを戻したのだというと、江梨子にはヨリを戻すつもりはないと言って、部屋を出ていくように要求した

それで江梨子は裕典にもしまた聖菜と別れるようなことになったら自分の所に戻ってきて欲しいと言って、裕典の部屋から去っていった

江梨子が部屋を去っていくと、聖菜は自分は図々しい奴なのかと裕典に聞くと、裕典はそんなことはないと言ってあげた

それで二人はキスをして裕典は聖菜をベッドへと連れていったが、なぜか聖菜は裕典に挿れさせてくれなかった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このお話の続きはコチラ👇

「誘惑」13~15巻を読んでみた感想

江梨子は裕典を取り戻すために北条に体を許して、聖菜が会員制クラブで売春婦をしていることを聞き出しました

それで一時的には聖菜と裕典を引き離すことに成功した江梨子ですが、結局裕典は聖菜のことを忘れずにヨリを戻してしまいました

江梨子が裕典のことを忘れられない気持ちは分かりますが、さすがに北条に体を許して聖菜を貶めたりするのは引いてしまいます

裕典が江梨子がそんなことをしていると知ってしまったら、今以上に江梨子が受けつけなくなってしまうでしょうね

聖菜は裕典から売春をしていることを知られて捨てられてしまいましたが、コンビニの店長に猥褻行為をされているのを助けてくれたので、ヨリを戻したように見えました

でも最後は裕典とセックスさせてくれていなかったので、やはり一度捨ててしまったことを根に持っているのでしょうね

裕典は聖菜のことが忘れられない様子なので、それだけで別れたりはしないと思いますが、聖菜のこの後の態度次第ではまた江梨子に気持ちが移ってしまう可能性もありそうです

林田や北条もまだ聖菜を取り戻そうと狙っているので、このまま聖菜と裕典が無事にまた付き合っていけるとはとても思えないですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-誘惑