カタワレオレンジ 6~10巻 ~新しい彼氏の海斗に抱いてもらっても一つになった気持ちにはなれず新しく来る上司がリョウだと知って動揺してしまう清 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『カタワレオレンジ』6~10巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『カタワレオレンジ』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「カタワレオレンジ」6~10巻の簡単なあらすじ

清が同じ会社にいたと知って驚いてしまうリョウ

リョウの父親は清を自分のところへと連れてくるように行ったので、親子の縁を切られると思っていたリョウは、どうしてそんなことを父親がいうのか分からなかったが、とにかく清を見つけようと思った

しかし清のことを調べてもなかなか見つからずに落ち込んでいたリョウは、清と水族館に行った後に清が抱きしめてくれたときのことを思いだし、どうして清に連絡先を聞いておかなかったのかと後悔していた

その上にリョウは、会社で墓と呼ばれている部署へ異動することに決まっていて、清を探すことが難しくなりそうな状況だった

帰宅したリョウは引っ越しの準備をし始めたが、何度もやっているのすぐに終わってしまった

それで会社のコミュニケーションツールで、自分と組む写真を調べてみるとなんと清だった!!

すぐにリョウは深夜にも関わらずアキラに電話をかけ、清が自分の会社にいたと言った

それに清は以前リョウが行った北海道の店に在籍していたので、リョウはどうしてそのとき会わなかったのかと思ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

清が寝取られていたと気づくリョウ

北海道の店に行った際にリョウを出迎えたのが和也だったが、和也のYシャツの襟には食べこぼしの跡がついていたので、リョウは和也に任せっきりにはできないと思っていた

和也はリョウに結婚はまだなのかと聞くと、リョウは彼女がいると答えると、なぜか和也はホッとした表情を見せた

そしてリョウがトイレに行って出てくると、リョウは女性社員と親しげに話していたが、リョウを見るなりその女性社員を隠すように部屋に入っていってしまった

その後、リョウがまたその店に行っても、もう既に清はいなくなっていたが、リョウが清のことを調べてみるとなんと清は婚約者を寝取っていたと判明した

それを聞いたアキラは、清はビッチなのだというと、女は恋で変わってしまうのだとリョウに言った

アキラが言っていることが信じられないリョウは、本人に聞くと言っていたが、ふとあのとき和也と話していた女性職員が清ではないかと思い、清が寝言で言っていた名前があの和也なのだと気づくと、清のほうが寝取られてしまったのかもしれないと思った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

新しい彼氏の海斗に違和感を感じてしまう清

清は結婚直前に破談になった上に、左遷されてしまっていた

そんな清の部屋に母親がやってくると、沖縄でダイバーライセンスを取って海嫌いを克服したと言った

そして清はいいインストラクターに出会って潔癖性も大分治ったが、付き合ったけど別れたというと、母親は好きな気持ちを大切にするように言ってくれた

清が配属された部署はとても忙しくて、居心地も悪かったのでうまくやれるか不安だった

そして清が給湯室でお茶を淹れていると、そこに清が婚約者を寝取ったと言って、赤城がやってきた

清は寝取ったことを否定したが、赤城はどうせ自分たちが同じ問題児なのだというと、清が持っていた湯飲みにお茶が溢れてしまうまで入れてしまった

赤城にそんなことをされてしまった清だったが、気を取り直して仕事を始めたが、営業人員はたったの3人だった

そんな清は友達が開いてくれたパーティーで知り合った海斗から付き合って欲しいと言われ、リョウのことを忘れようと思った清は海斗と付き合うことにした

海斗とデートした清は、別れ際に海斗に抱きしめられてしまったが、やはりリョウのときとは違って一つになったような感覚はなかった

それでも清はリョウばかりを想い続けているわけにはいかないと思い、こんな感覚にも慣れないといけないのだと思っていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

新しい上司がリョウだと分かり驚いてしまう清

清は出社すると、同僚が仕事に耐えられなくなって失踪してしまったので、清一人になってしまった

遅くまで一人で仕事をしていた清は、やっと仕事を終えて海斗とのデートに行ったが、海斗は清が疲れていると言ってデートを早めに切り上げようと言ってくれた

翌日、清が出社すると、赤城が新しい人が派遣されてくると教えてくれた

清はどんな人が来るのかと思いながら社内のコミュニケーションツールで調べてみると、新しい上司がリョウだと分かり驚いて思わず立ち上がってしまった

それで清は前の職場の同僚のナツミにそれを伝えると、ナツミはイケメン上司と社内恋愛だと言ってうらやましがった

しかし清はもう自分には彼氏の海斗がいるというと、ナツミはリョウと一度ちゃんと話したほうがいいと言ったが、清はリョウには許嫁の彼女がいると思ってしまった

そして清は次期社長のリョウと自分では不釣り合いだと思っていると、ナツミはそんな清に周りのことなんて気にしないで幸せにならないといけないと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

リョウが自分に気づいていて動揺してしまう清

清は会社の前までやってくると、そこにはリョウがいた

そしてリョウがヒトミと話しているのを見てしまった清は、あの人が婚約者なんだと思い自分とは身分が全然違うと思ってしまった

職場にやってくるとリョウの挨拶が始まったが、リョウの挨拶を聞いていた沙耶はついリョウから好きだと言われた時のことを思いだしてしまった

そこに部長からリョウに仕事を案内するように頼まれてしまい、清は初対面のフリをしてリョウに挨拶すると、リョウも初対面な様子で挨拶してくれた

清はリョウが自分に気づいていないみたいだと思いながら、取引先への挨拶に向かい始めた

しかしリョウはやはり清に気づいていたので、運転しようとしていた清はつい動揺してしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

「カタワレオレンジ」6~10巻を読んでみた感想

なんとリョウと清は、同じ会社で働いていました

恐らくリョウの父親がすぐにリョウを勘当しなかったのは、清が香の娘で同じ会社で働いていてリョウが好きになったことを知っているからなんだと思います

それでリョウは清がいる部署に異動になったのだと思いますが、どうしてリョウの父親がそんなことをする意図がまだ分かりません

リョウは以前、清のいた北海道の店にも行っていましたが、その時は清の後ろ姿しか見ていませんでした

でもその際に和也は清を隠しているような様子だったので、もしかしたら和也は清がリョウの父親が好きだった香の娘だということを知っていたのかもしれません

上司と部下という形で再会した二人ですが、もう清に海斗という彼氏もいます

でも海斗とは違和感を清は感じているので、やはり海斗と一緒になれないような気がします

この後、二人がどんな関係になっていくのかがとても気になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-カタワレオレンジ

© 2021 まんがコミック大好き日記