サターンリターン 5巻 ~理津子は父親の男目線の女の価値観が刷り込まれムリして女になろうとして変な女になってしまったというまき のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『サターンリターン』を5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きで『サターンリターン』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「サターンリターン」5巻の簡単なあらすじ

理津子に迫られ他の人がヤバい奴だと言っていたことを思い出す小出

しかし加絵子は、クシャクシャになった離婚届を窓に広げながら、そんな言葉はアオイに会う前なら信じただろうと言った

加絵子はアオイに修の不倫相手の女とセックスさせると、女は修とセックスしたことは認めたが、単なるウザいおっさんで本気じゃないというとアオイとまたヤリたいと言った

アオイはそんな言葉を録音していて加絵子に報告したが、加絵子は不倫相手の女の会話を聞きながら、かつての栄光には賞味期限があって自分がそれにずっとしがみついていたことに気づいた

加絵子は離婚届に自分の名前を書くと、自分はアオイからアオイと理津子の作戦は聞いているというと、理津子が書いた仕返しの物語を楽しみにしていると言って去っていった

そんな加絵子の言葉を聞いて小出は今まで自分にウソとついていたのかというと、理津子は自分が勝手にいろんなモノを壊していく理由が分からないと言って迫ってきた!

小出は理津子が史を略奪婚したりしているのに、どうしてそんなに他人目線なのかというと、理津子は自分はそんなに史のことが欲しくないと言って、小出の目的は何なのかと聞いた

理津子は時々自分が見えなくなるのだと言ったので、その言葉を聞いた小出は他の人が理津子をヤバい奴だと言っていたことを思いだした

そして小出はまだ自分たちはアオイの死の真相を書いていないというと、理津子は本でアオイに死ねと書いていたらどうするのかと言って、小出にちゃんと知る気があるのかと言ってセックスを求めてきた

しかしそこに小出の彼女のまきがやってくると、理津子にちゃんと離婚もしていないのに小出に手を出すとセクハラだと言って、さっさとホテルへ帰るように言った

理津子が帰るとまきは小出に理津子に呑まれそうになっていたというと、小出はひらりの言葉を思いだし、史は理津子が小説を書かないと思っていたのに書きだしたので、それで離婚届を突きつけてしまったのだろうと推理した

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

りつこは見たくないものを記憶から消していると推理する小出

史はホテルで直子と会っていたが、史は子供のことを話だしたので、直子は史も子供のことを考えたりするのかと言った

直子は子供を作る相手は自分じゃなかったのかというと、史は人は誤作動してしまうと言って直子にキスしようとした

しかしそこに誰かからの電話がかかってきたので、史は自分たちのことは時間をかけて考えようというと帰っていってしまった

まきは小出とセックスすると、小出の書いたメモを見ながら謎解きをし始めた

するとまきは本からアオイのお金を見つけると、アオイは理津子に金を借りていてそれを返済していたのではないかというと、理津子の書いた本の中身はウソばっかりでアオイより彼氏に執着している感じだと言った

小出は彼氏よりアオイのことが詳しく書かれてあると言っても、まきは理津子が見たくないものをバラしたりしていないと言ったので、小出は理津子は見たくないものを自分の記憶から消してしまっているのではないかと思った

そして小出は理津子の元カレの安藤にも見せたくない秘密があるかも言っていると、まきはまた理津子に呑まれ始めているというと、アオイの秘密を暴きながら理津子の秘密を暴くような作品に誘導していったほうが楽しいだろうと小出に言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

理津子からエコー写真を送りつけられ金を要求されたという安藤

理津子は史がいたホテルを調べてから、安藤に会いたいと電話をかけた

すると安藤は理津子が自分にやったことを忘れているのかというと、アオイをダシにして自分に連絡してくるなと言った

そんな安藤の言葉を聞いた理津子は、耳を塞ぎながらブツブツ言い始め、スマホも落として壊れてしまった

そんな理津子に男たちがナンパしてきたが、理津子が何かヤバそうなおばさんだと気づくと逃げ去ってしまった

安藤は小出に電話をかけて呼び出すと、理津子から電話がかかってきたが途中で切れて繋がらなくなったと言った

そして安藤は小出に理津子は暴走するクセがあるので野放しにするなと小出にいうと、自分の生活が破壊されないようにアオイのことを調べるように要求した

安藤は理津子に一度家庭を壊されたというと、理津子との出会いを話して一晩限りのセックスをしたら、その後に理津子はエコー写真を送りつけてきて金を要求してきたと話した

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

理津子は自分に彼女ができたことへの怒りでデビュー作を書いたという安藤

その頃、理津子は強引にハヤトの部屋に行くと、小出のロレックスをかけてポーカー勝負していた

それで理津子は勝負に勝ってハヤトは酒を飲むのも限界にきてしまうと、理津子は代わりにヤって欲しいと言った

ハヤトは理津子がどうして別人になろうとしているのかと聞くと、理津子は若いコと新しいコはどっちがいいかと訊ねたので、ハヤトは両方のコがいいと答えた

安藤は小出に、理津子はその頃他の男にも同じ手を使っていたかもしれないというと、まきは安藤にどうして理津子に子供がデキたことがウソだと思ったのかと訊ねた

すると安藤は理津子は、自分に彼女ができたことへの怒りを原動力にデビュー作を書いたのだろうと答えた

その頃理津子は酔い潰れて吐いてしまったハヤトに中途半端な奴だと罵り酒を吹きかけると、その怒りを原動力に原稿を書き始めていたが、安藤の話を聞いたまきは理津子の怒りの先には絶望しかないだろうと言ったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

理津子は父親と確執があって変な女になったと推理するまき

小出は安藤が理津子は子供の死が受け入れきれずにまだ引きずっているのではないかと言ったので、それで理津子は子供のことを話そうとしていないのかもしれないと思った

しかし理津子に連絡がつかないので心配していると、ハヤトのスマホから理津子は自分とハヤトの写る写真を送りつけてきたので、小出は絶対に理津子に何か変なスイッチが入っていると思った

その頃、理津子は自分を変えるために服を買おうとしていたが、クレカも史に止められていて所持金もないので小出に原稿料の前借りをしたいと言ってやってきた

理津子は今原稿を書きたいから次にどこに取材に行こうかと言ってきたので、小出は理津子の妹の菜津子にしないかと言ってみた

まきと安藤は理津子の実家に行くと、まきは理津子の母親に理津子の亡くなった子供に線香をあげたいと言った

すると母親は、理津子は亡くなった子供に名前をつけようともせずに線香もあげたことがないと話した

そして母親は理津子は父親似だというと、理津子と父親のせいで家庭はバラバラになってしまったのだと言った

まきは理津子の母親に、理津子のアルバムを見せて欲しいと頼み込んだ

理部屋には父親の映画のビデオのコレクションがたくさんあり、母親はアルバムを見せてくれたが、アルバムには理津子の写真はあまり菜津子の写真ばかりだった

まきは理津子が幼い頃から父親との確執があったのだろうと、AVビデオを見つけた

すると安藤は理津子が自分の持っていたAVを見つけたときもブチ切れていたと言ったので、まきは父親が男だったから理津子は変な女になってしまったのかもしれないと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

理津子はムリに女のフリをしているというまき

まきはそれを小出に話すと、昔父親が週刊誌の袋とじを開けてみていたことにショックを受けたことを話した

そしてまきは理津子は処女じゃなかったはずだと安藤に聞くと、安藤は理津子はヤラないとキレてしまう地雷女だったというと男のことを理解していないのではないかと言った

安藤は理津子の小説は全部自分目線でしか書いていないので新作には期待していないと言ったが、まきは理津子はぶっ壊れ始めたので今までみたいな作品は書けないはずだと言ったのだった

実際、小出は理津子が書いてきた原稿を読んでみると、前作と違ってアオイの描写もイマイチだった

すると理津子は自分が捨てた男がどんな女に惹かれるのかが知りたいのだというと、史がこれを読んだら絶対に喜ぶはずだと言ったので、小出はお金の前借りはできないと言って原稿は編集長に見せると言った

それでも理津子は雑誌を買いたいと言って小出に金を出させていたので、まきたちと焼肉を食べていた小出は、それを思いだした小出はどうしていきなり路線を変えるのかと腹を立てていた

まきは理津子は女のことも分かっていないのだろうというと、父親の男目線での女の価値をすり込まれてしまって、混乱してムリして女のフリをしていたのうだろうというと涙を流し始めた

それで小出たちは焦り始めてしまったが、単に焼肉の煙のせいで高い肉も食べれたまきはラッキーだと思った

そしてまきは手元にあった週刊誌の袋とじを、こんなのがあったら開けたいはずだと言ってあけたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

いきなり袋とじヌードをすると言い出す理津子

ホテルに戻っていた理津子は、アオイからニセモノと言われてしまう夢を見て起きてしまった

小出が外出したとフロントの人に聞いてキレた理津子だったが、即席宝くじが当たったのでそのお金で東京に戻ってしまった

小出はホテルでまきとセックスして寝ていたが、そこに出版社から電話がかかってきてちゃんと理津子を管理するように言われ、理津子が袋とじヌードをすると言って来ているというのだ

それで小出は急いで東京へと戻ってくると、編集長も理津子のヌード企画を採用してしまったので、小出は呆然としてしまった

小出は理津子のクラビア写真の載った週刊誌を買って、担当しているひらりの所へ来ていた

しかしひらりは小出が頼んでいた理津子の原稿の感想を聞くと、ひらりは作家は編集者の駒になってしまったらおしまいだというと、今変わろうとしている理津子に言葉をかけすぎてはいけないと注意した

それでも小出はそのまま一度も成功しない作家もいるはずだと反論したが、ひらりは成功すると信じた自分と戦うしかないし成功するときは勝手にするだろうと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

妊娠していたときの理津子しか信じないと言って家を出ていく史

理津子は家に戻ってくると、帰宅した史のためにカレーを作っていた

理津子は史とカレーを食べ始めると、自分は史が変われないと言ったが変わるつもりだというと、史は今の理津子を見届けられないと言ってカレーを捨ててしまった

そして史は今までのように自分にウソを塗り重ねていけばいいというと、妊娠していたときの理津子しか信じないというと家を出ていってしまった

その頃、アオイの妹のえみはコンビニで理津子のグラビアの載った週刊誌を見ていた

そんなえみに声をかけてきた男は…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

「サターンリターン」5巻を読んでみた感想

アオイの死の謎を解くために大阪に行っていた理津子ですが、段々ぶっ壊れてきています

東京に戻ってきていきなりヌード写真を撮ると言って実行してしまったので、小出に理津子に気をつけろと言っていた人たちの言葉どおりに理津子はぶっ壊れ女のようです

理津子は自分が受け入れられない記憶を、勝手に消してしまっているようです

どうやらアオイと一緒に安藤たちを脅して金を集めていたみたいですが、具体的にどんなことをしていたのかはまだハッキリとしていません

でも理津子がこんなぶっ壊れ女になったのは、どうやら父親の影響が強いようですね

史は理津子が妊娠している時しか信じないと言っていましたが、史から見れば他の理津子は父親の男目線を意識しているだけだということなのだろうと思います

今の暴走している理津子がこれからどうなっていくのかはまだ分かりませんが、次の作品も色モノになってきているのでかなり迷走していきそうな感じがしますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-サターンリターン

© 2021 まんがコミック大好き日記