つまり好きって言いたいんだけど、 4巻 ~宗純がゲイの匡人にヤラれてしまうと思って嫉妬してしまい責任を取るという宗純にハジメテをあげる千歳 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『つまり好きって言いたいんだけど、 』4巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きで『つまり好きって言いたいんだけど、』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「つまり好きって言いたいんだけど、」4巻の簡単なあらすじ

同性愛のテーマの映画への出演を決める宗純

千歳は宗純に肩の傷を見せたことで、自分は恋なんてしてはいけないと思っていた

そんな千歳に森崎が声をかけてきて、宗純のCMは順調で事務所での千歳の評価も上がっていると伝えるた

しかし千歳はCMの件は自分がごり押しして宗純に飲ませたと思っていたので、千歳は宗純とは距離を置くようにしていた

森崎は宗純の演技も良くなった上に、千歳も前より柔らかくなったと褒めたが、宗純には自分のことは話さなかった

宗純は千歳から仕事の依頼を見せてもらうと千歳を諦めてはいないと言いながら、自分は自分の演技だけで評価されたいのだというと、交際報道が流れたりしてもいいような仕事を選びたいと言った

そして宗純は千歳が渡した仕事の依頼のリストを見ると、同性愛のテーマの映画に出演することを決めた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

ゲイの匡人にヤキモチを焼いてしまう千歳

それで千歳と宗純は、ロケのために常夏の国にやってきた

しかし千歳は宗純と共演する俳優の匡人はゲイなので、匡人にヤラれてしまわないかと心配してしまった

匡人のマネージャーは匡人はノンケには手を出さないと言ったが、それでも千歳は宗純がヤラれないかと気が気でなかった

ロケが始まると宗純はとても匡人に懐いていて、ロケが終わっても宗純は匡人と飲んだりしていた

それから千歳は二人を尾行するようになってしまい、宗純が匡人の部屋でご飯を食べると聞くと、千歳は確実にヤラれてしまうと思ってしまった

それで匡人の部屋にやってくると、宗純はシャワーを浴びていたので、今からヤルつもりだと思った千歳は必死に止めようとした

すると匡人は宗純に、ずっと千歳は自分たちを尾行していたと教えると、宗純が言っていたより千歳は宗純のことを想っていると言った

千歳はいろいろと理由を言いだしたが、匡人は千歳に宗純は覚悟を決めているが、千歳はまだでヤキモチを焼いていると言った

それを聞いた宗純は千歳がヤキモチを焼いていたと知って喜ぶと、匡人にベッドシーンを教えてもらおうと言って千歳をからかった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

責任を取るという宗純にハジメテをあげる千歳

千歳は翌日、匡人にお詫びの品を持っていくと、匡人は千歳の行動はちぐはぐだというと、千歳は今まで恋人がいなかったとことを見抜いてしまった

そして匡人は日本じゃないんだから、二人で仲良くしていればいいんだと言ったので、宗純のところへ行くように言った

宗純の部屋にやってくると、宗純はプールで泳いでいたと言って千歳の水着姿も見たかったと言ったが、すぐに言ってはいけないことだと思い謝った

宗純は千歳に肩の傷は他の誰かに見せたことはあるのかと訊ねたので、千歳はないと答えると宗純は嬉しそうな顔で自分が責任を取らないといけないと言った

すると千歳は泣き出しながら今すぐ責任を取って欲しいと言ったので、宗純は嬉しいといいながら千歳にキスをして千歳のハジメテをもらったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

宗純と独立を考え始める千歳

匡人と共演した映画はとても好評で、千歳はこれからも宗純とどんどん進んでいけると思っていた

しかし社長から異動を命じられた千歳は、宗純のマネージャーを笹山に引き継ぐことになった

それを聞いた宗純はショックを受けたが、そんな宗純に千歳は宗純の才能は自分だけが独占できないのだと言った

それから千歳はテレビのバラエティ番組に出ている宗純を見て、何か路線が違うと思いつつも口出しする立場じゃないと思っていた

すると千歳は匡人のマネージャーの小沢と会うと、小沢は自分は匡人の個人事務所の専属マネージャーなのだと言ったので、千歳は心の中で自分も宗純と個人契約を結びたいと思ってしまった

千歳が部屋でそんなことを考えてはいけないと思っていると、なんと宗純が部屋にやってきた

宗純は千歳ロスな状態だったというと、千歳はやはり宗純と仕事がしたくて今の状況を受け入れきれないでいると話した

そして二人は事務所を辞めることを考えていたので、それを確かめ合うと宗純は千歳にキスして一緒にやっていこうと言ってくれた

しかし宗純が千歳の住むマンションから出てくるのを…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

宗純へのプレゼントを宗理に相談する千歳

宗純は匡人と共演した映画で、ある賞の助演男優賞にノミネートされた

千歳は独立に向けて勉強していたが、そのことを聞いて涙を流して喜んだ

すると宗純はプレゼントに千歳が欲しいと言ったが、千歳はそれを単なる遠慮だと思ってしまった

それで千歳は自分でプレゼントを選ぶというと、宗純は勝手にしろとキレて電話を切ったが、千歳はどうして宗純がキレたのか全く分からなかった

千歳は宗純の実家のお墓参りに行くと、宗純の兄の宗理に宗純の好きなものは何か聞いた

そして宗純がキレたことなどを話すと、宗理はつい吹き出してしまい、二人はまるで中学生みたいだと言った

宗理は宗純もそんなことができるようになったのかとしみじみというと、千歳に宗純の好みなんて気にせずプレゼントを買えばいいとアドバイスしてくれた

宗純の受賞が決まり、千歳は宗純をお祝いがしたいと言ってホテルに呼び出した

ホテルにやってきた宗純に千歳は、花束を渡しながら自分は単に宗純に会う口実が欲しかっただけだというと、宗純は涙を流しながら千歳に酷いことをしたことを後悔していたと言った

そして千歳とセックスした宗純は、自分は千歳には他の女の子と同じように、もめないように離れたりはできないのだというと、この前はずっと千歳にいてもらいたくてあんなことを言ったのだと話してくれた

その後、千歳は宗純とは別々にホテルを出るつもりだったが、宗純はそれを気にせず一緒に出てきてキスをしたが…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

スキャンダルで事務所を辞めてしまう千歳

千歳は社長に呼び出されると、宗純とキスしている写真の載った週刊誌を見せられた

千歳は謝ったが社長たちからはそんなことは聞きたくないと言われてしまい、事務所にはずっと電話がかかってきていた

自宅謹慎していた千歳だったが、そこに宗純が電話をかけてきて、自分は絶対に千歳を助けると意味深なことを言った

千歳は今回のスキャンダルで事務所を辞めることになったが、辞表を出した後に森崎に声をかけられた

森崎は千歳がマネージャーになってから、宗純の演技は良くなっていたというと、自分も若い頃にタレントに言い寄られてグラッときたことがあると話してくれた

家に帰った千歳は宗純に電話をかけて事務所を辞めたことを話すと、宗純の仕事に影響が出ないように自分は身を引くつもりだと言った

すると宗純は千歳に、今のような状況になったことを後悔していないかと聞くと、千歳はそんなことはないと答えたので、宗純は何かを決意して電話を切った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

宗純と独立した千歳

そして宗純は映画の賞の授賞式に行くと、マネージャーの笹山はスキャンダルのことは絶対に話さないで欲しいと頼んだ

千歳は自宅でバイトするために履歴書を書いていたが、宗純の授賞式が始まったので見ることにした

宗純は受賞コメントを求められると、突然自分は昔からウソつきだったと言いだした

そしてスキャンダルのことを話した宗純は、千歳のおかげで今の自分がいるのだというと、自分には千歳が必要なのだと言った

授賞式を終えた宗純は、そのまま千歳の部屋にやってきたので千歳はなんてことをしたのかと言った

しかし宗純は今度の受賞コメントは、自分の演技で一番だったというと、千歳を抱きしめ自分のマネージャーに戻って欲しいと頼んだ

世間でも宗純のコメントは好意的に見る人が多かったので、宗純の仕事は減るどころが増え、千歳と宗純は独立して個人事務所を立ち上げた

また宗純のマネージャーに戻った千歳は宗純と一緒に仕事に出かけたが、宗純はいきなりプロポーズしてきたので動揺してしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

つまり好きって言いたいんだけど、を最初から読み直すならコチラ👇

「つまり好きって言いたいんだけど、」4巻を読んでみた感想

千歳は肩の傷を宗純に見せて距離を置いていましたが、宗純は傷のことはあまり気にしていませんでした

確かに自分に目立った傷などがあったら誰でも気にしてしまいますが、本当にその人のことを見ている人なら、傷のことなんて気にしないでしょう

宗純とロケに行った千歳でしたが、ゲイの匡人にヤキモチを焼いていましたが、そんな千歳にちゃんと宗純の傍にいるように言ってあげたのは匡人でした

やはり匡人は一流の俳優なので、いろんな恋愛経験をしてそれを演技に繋げていたので、そんなアドバイスができるのでしょうね

やっと二人は付き合い始めましたが、とうとうキスしているところを取られてスキャンダルに発展してしまいました

当然千歳は事務所を辞めるハメになってしまい、普通なら宗純も仕事が激減してしまうところですが、宗純は正直に自分の気持ちを授賞式で話したので、むしろ好感度があがったようです

ファンも同じ人間なので好きになった気持ちをちゃんと伝えれば、分かるひとはちゃんと分かってくれます

これで晴れて二人は独立して事務所を立ち上げましたが、やはり個人事務所となると大きな事務所で働いていたときとは違って、なんでも自分たちでやらなければならなくなります

今は立ち上げ直後で一緒にやれると喜んでいる二人ですが、いろんな困難が待ち受けているでしょう

でもきっと今の二人ならいろんな困難があっても、それを乗り越えていけそうな気がしますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-つまり好きって言いたいんだけど、