悪魔だった君たちへ 7~9巻 ~倫太郎の部屋に侵入して美穂がパパ活で男たちに突かれている動画を見てシコってしまう信 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『悪魔だった君たちへ』7~9巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『悪魔だった君たちへ』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「悪魔だった君たちへ」7~9巻の簡単なあらすじ

下田の渡したDVDと紙は自分が用意したと明かす倫太郎

下田から借りたDVDと一緒に入っていた紙を見た俊夫は、下田を屋上へと呼び出すとどんな理由でやったのかと言って殴り始めた

そこに雄介たちがやってきて俊夫を止めて、下田を保健室に連れていこうとしたが、下田は俊夫が誤解しているだけだろうと言った

しかし俊夫が落とした紙を拾った雄介は、その内容に驚いてしまった

俊夫は下田から借りたDVDを見始めると、いきなりセックスシーンが映し出された

AVなのかと思いながら俊夫はシコっていると、なんとその女性は俊夫の母親だった!!

俊夫の母親は学校の教師でいつも笑顔で授業をしていて、幼い頃の俊夫はそんな笑顔を守りたいと思っていた

その時のことを思い出していた俊夫は、母親が男にバックから激しく突かれる動画を見せつけられながら、倫太郎にお尻を突かれていた

すると倫太郎は下田の渡したDVDと紙は、自分が用意したものだったと明かした

下田との仲を裂くためだったと言った倫太郎は、下田の首筋にヤクを注射すると、また激しく俊夫を突き始めた

そして俊夫のお尻はこんなに最高のケツ穴に育ったと叫んだ倫太郎は、俊夫の中に思いっきり出してしまった

お尻に中出しされた俊夫は、イキまくる母親の動画を見つめながら、絶対に母親の子供にはもう生まれ変わらりたくないと思った

俊夫へのレイプが終わると、信と下田にまた画面が繋がった

すると倫太郎はこれまでのことは下田の友達の筋書き通りなのだというと、下田はアイツがやったのだと思った

その様子を見ていた誰かは、早く下田に悪魔だった昔の自分のことを思い出して欲しいと思っていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

下田に何か思い出したことはないかと迫るひとみ

下田はバイトをしている綾瀬に、前日の断罪ルームのことを聞いてみると、綾瀬は闇の世界では当然のことだと言った

しかし下田は綾瀬の提案は、むしろ自分のことを気にして俊夫を救ってくれたのではないかと言ったので、綾瀬は下田といると調子が狂うと言って離れていった

するとそこに下田のいるレジに、たくさん商品をカゴに入れた女性がやってきた

その女性は突然下田に、自分のことをおっさんのようだと思っていて傷ついたとキレてきたが、下田の名札を見るなり自分は下田を以前看ていた精神科医のひとみだと言った

その頃、雄介は妻の里香や子どもたちと結婚記念日のお祝いをしていたが、里香が記念写真をSNSにアップしている最中に、雷のせいで突然停電すると…

下田はひとみの勤務する病院へと行くと、ひとみに以前自分に話しかけてきた子のことを訊ねてみた

しかしひとみは思い出せないと答えると、下田にどうしてその子のことを訊ねるのかと聞き返すと、下田はふと思い出しただけだと言って帰ろうとし始めた

するとひとみは下田の手を掴み、何か思い出したことはないのかと聞いても、下田がないと答えるとなぜかひとみは震えだした

そしてひとみは下田に、何か思い出したら協力すると言ってカルテに…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

美穂のパパ活動画を見てシコってしまう信

信は倫太郎の部屋に強引に侵入すると、部屋の中はメチャクチャだった

そしてPCのある部屋に入ると、モニターの向こうには倫太郎がいた

信は倫太郎にこんなことをしている目的を聞くと、倫太郎は机の上にあるUSBメモリーに見てもらいたいものが入っていると言って消えた

すぐに信はUSBメモリーをPCに刺して中を見てみると、中には元婚約者の美穂がパパ活をしている動画が入っていた

美穂はパパだけではなく、屈強な男たちのモノをおいしそうに咥え込んでいた

それでその動画にキレてしまった信は、キーボードをモニターに投げつけ壊してしまった

しかし信は、残ったモニターに映し出された美穂が男たちに突かれる映像を見て興奮してしまい、その場でシコり始めてしまった

そこに警察がやってきたので窓から逃げた信は、倫太郎たちを殺すまでやってやると叫んだのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

里香にゴキブリを食べさせられてしまう花奈

謎の男は里香がアップしたSNS投稿を見て、どうしてそんなに雄介にこだわるのだろうと呟いていた

雄介は子どもたちと公園で遊んでいたが、ボールが花壇に入ってしまったので取りに行くと、花奈が自分たちの様子を撮った写真をラインしてきた

そして子どもたちがいた所へ戻ってくると、なんと花奈が子供たちを拉致っていた!

すぐに雄介は花奈に電話をかけると、花奈は横断歩道にいることが分かり、雄介はすぐに横断歩道へと向かった

すると子どもたちを横断歩道を渡る花奈を見つけたので、雄介は子どもたちの名前を叫ぶと、子どもたちは雄介のいるほうへ駆け出した

しかしそこにトラックが突っ込んできたが、花奈は里香のアップしていた投稿の隠しメッセージを思い出すと、思わず雄介の子供を身を挺して助けてしまった

花奈は大けがを負って病院で意識を取り戻すと、全く体が動かず声も出ない状態だった

花奈が意識を取り戻したことに気づいた里香は、医者にそのことを伝えるように言って雄介を病室から出すと、見舞いの品だと言って花奈の口にゴキブリをねじ込んで食べさせてしまった

里香に償うように迫られまた花奈を殺そうとする雄介

家に帰っても信は、美穂が男に突かれる動画を見ながらずっとシコっていた

他にもハッキング動画があることに気がついた信は、その動画を見始めると…

車椅子に乗った花奈と雄介が、どこかの倉庫に入ってくる様子が映し出された!!

雄介は数日前、体の動かない花奈を車に乗せて、どこかへと向かっていた

花奈は雄介と再会するまでは、借金のせいでソープ嬢をしていた

それで雄介はそんな花奈を救うという理由づけをして、ずっと花奈と不倫セックスをしまくっていたのだ

しかし里香は雄介が花奈と不倫していたことを全部知っていて、雄介は裏切り者だと言って自分から雄介に跨がり挿れると、どうしたら償えるか考えるように言って雄介に中出しさせた

そして雄介に自分の意志でやるように迫られたので、雄介は花奈を病院から連れ出していたのだった

そして雄介はどこかの倉庫へ花奈を連れてくると、紐を取り出し花奈の首を絞めようとしたが…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

悪魔だった君たちへの続きはコチラ👇

「悪魔だった君たちへ」7~9巻を読んでみた感想

下田が渡したDVDが俊夫の母親のセックス動画に変わっていたのは、倫太郎の仕業でした

でもそのDVDを倫太郎に渡していたのは、下田のかつての友達の謎の人物だったようです

まだ何者なのかは分かっていませんが、偶然下田の働いているコンビニにやってきた精神科医のひとみは下田の過去のことを知っているようです

ひとみは自分からは昔のことを話そうとはしなかったので、ひとみも昔何か酷いことをされてしまったのかもしれませんね

まだ死んでいなかった花奈は雄介の子供を助けてしまい大けがを負ってしまいましたが、雄介の妻の里香は二人の不倫のことを知っていたので、花奈にゴキブリを食べさせて雄介に花奈をまた殺させようとしています

雄介は花奈を倉庫に連れていって殺そうとしていますが、背後から何者かが襲いかかろうとしていました

この後、どんな展開になっていくのかはまだ分かりませんが、これから段々と謎の人物の正体が分かってくるでしょうね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-悪魔だった君たちへ