サレ妻の復讐~魔性の刺青 1~5巻 ~義母の四十九日の法要の後に夫の規弘が不倫相手の女と話しているのを聞いてしまう美穂 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『サレ妻の復讐~魔性の刺青』1~5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

すぐに『サレ妻の復讐~魔性の刺青』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『サレ妻の復讐~魔性の刺青』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

『サレ妻の復讐~魔性の刺青』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

 

「サレ妻の復讐~魔性の刺青」1~5巻の簡単なあらすじ

夫の規弘が不倫女と話しているのを聞いてしまう香蓮

規弘の母親美穂をずっと介護してきた妻の香蓮だったが、美穂は亡くなってしまった

香蓮は美穂の告別式で受付をしていたが、その様子を見ていた人たちはやつれた美穂を見て昔はキレイで若かったのにと言っていた

すると規弘の部下の青山がやってきて、規弘が浮気していると言った

美穂の告別式も終わり、美穂は青山の言ったことは嘘だと思っていたが、規弘はやっとゆっくり休めると言って寝てしまったので、美穂が亡くなって悲しくないのかとふと思ってしまった

 

四十九日の法要も終わって、香蓮は叔父の真司たちを見送りに外に出たが、家の中に戻ってくると規弘は不倫相手の女と話していた!!

規弘はずっと介護をしてきた香蓮は戸籍上の妻なだけでもう女じゃないが、外聞もあるので一周忌までは捨てられないと不倫女に言っていた

 

自殺しようとしていた香蓮を止める彫り師の柊哉

それで喪服のまま家を飛び出してしまった香蓮は、街の中を歩きながらショーウインドウに写ったやつれた自分の姿を見て、とても老け込んでいることに気づき涙が溢れ出してしまった

5年間もお茶したことがないと思った香蓮は中料理屋に入ったが、寂しい気持ちで料理をなかなか食べられないでいた

すると店の女の子が占いをしてくれて、香蓮に損して得取れとアドバイスしてくれた

 

店の外に出た香蓮は、見た目が派手な奴らの集団にぶつかってしまい、規弘が新婚旅行で買ってくれた真珠のネックレスが壊れて真珠が地面に散らばってくれた

見た目とは違ってその人たちは真珠を拾ってくれたが、一人の子がおばさんと呼んだので、それにショックを受けた香蓮はもう戻らないからいらないと言って、その場から去ってしまった

そんな香蓮を柊哉は追いかけていき…

 

香蓮は街で一番高いビルにエレベーターで昇ると、吹き抜けから飛び下りて自殺しようとし始めた!

それを追いかけてきた柊哉が止めると、警備員が来たので二人はその場から逃げ出した

そして柊哉は自分のスタジオに香蓮を連れてくると、自分はタトゥーの彫り師だと言った

 

柊哉は香蓮にネックレスを弁償するというと、自分の体に入れたタトゥーを見せてくれた

それから柊哉は香蓮の事情を聞いてくれたが、ありきたりの話だと言いながら泣き出してしまった

すると柊哉は弁償分として、香蓮に規弘を地獄に堕とせばいいと言いながら、胸に睡蓮の花びらのタトゥーを入れてくれた

そして柊哉はタトゥーを入れて動揺してしまった香蓮を、絶対に死なないからと言って見送ってくれた

 

⇒『サレ妻の復讐~魔性の刺青』の無料試し読みはコチラ👆

 

美穂の遺産を相続する香蓮

香蓮が家に戻ってくると規弘は寝ていたので起こすと、今日から美穂の部屋で寝たいというと、規弘は簡単に承諾してくれた

しかし香蓮はやはりタトゥーは消そうと思って翌日病院へと行ったが、その病院に青山がいたので香蓮は逃げるように去ってしまった

 

柊哉は先輩にタトゥーのメンテナンスをしてもらいながら、人を助けたと言った

すると先輩は命まで助けたのなら責任を取らないといけないと言った

柊哉は香蓮の連絡先は聞いていない上に人妻だというと、自分のタトゥーの出来が良ければ香蓮は死なないだろうと言ったが、先輩は人妻には手を出すなと注意した

 

美穂は遺書を弁護士に預けていて、なんと遺産の全部を香蓮に残していた!!

それで香蓮はタトゥーを彫ったから、自分への風向きが変わったのだと感じ、美穂の遺産を受け取ることにした

 

香蓮が美穂の遺産を相続したので、現実的な考えをする規弘は家庭的じゃない不倫相手のまゆみとは距離を取り、香蓮を自分の介護要員にしておこうと考えるようになった

そんな規弘は仕事から酔っ払って帰ってくると、香蓮に子作りセックスをしようと迫ってきた!

規弘の子供を産みたくなくなっていた香蓮は、避妊することを条件にセックスに応じたが、全く感じることができずに規弘にはつまらなかったら外でシテきてもいいと言った

その頃、ユタカにタトゥーを彫っていた柊哉は、ずっと香蓮のことを考えていた

 

⇒『サレ妻の復讐~魔性の刺青』の無料試し読みはコチラ👆

 

髪を切って染めた香蓮に歳を考えろという規弘

まゆみは規弘とご飯を食べに行くと、規弘に香蓮と別れて欲しいと迫ってきた

しかし規弘は香蓮が美穂の遺産を相続したというと、離婚すれば慰謝料も取られてしまうと話していた

それでもまゆみは自分には規弘しかいないと言って抱きついてきたので、規弘はまゆみに別れたくないと言いながら面倒くさい女だと思っていたが、結局まゆみを捨てられないでいた

そんな二人を隠れて見ていた青山は…

 

香蓮は美穂の遺産相続手続きを終えると、久しぶりに美容室に行くと、髪を切って明るい色に染めた

そしてネックレスを買って帰宅したが、仕事から帰ってきた規弘は香蓮の髪を見て歳を考えろと言った

それに反発した香蓮はまだ自分は20代だと言い返したので、規弘は今度は美容院に行ったりネックスレスを買ったことを責めてきた

香蓮はそんなことを言った規弘に、規弘のためにしたことじゃないというと、勝手にご飯を食べろと言って部屋を出ていってしまった

 

SM女王だった美穂

香蓮は派手目な服を着て、相続した物件への挨拶回りに行こうとしていると、郵便受けに規弘の不倫写真が入っていた

すぐに青山の仕業だと思った香蓮は、青山がいることに気づき家のお店に移って話を聞くことにした

青山は不倫写真を見ても冷静な香蓮を見て、どうして動揺しないのかと思っていた

香蓮は青山が夫の不倫知って動揺しなかったのは香蓮が初めてだと言ったので、コイツは他にもやっているのだと気づき、人の秘密を暴くほど暇なんだと言ってその場から去っていった

 

その後、香蓮は美穂の物件を管理していた鯨崎を訪ねた

鯨崎はあまりに美穂のことを敬う様子だったので、ずっと美穂のことを慕い続けてきたのかもしれないと思っていた香蓮は、鯨崎の書いた管理日誌を見せてもらった

すると美穂が倉庫として使っていた部屋があることを知った香蓮は、その部屋を見せてもらうことにした

その部屋に入ると、なんとそこはSM部屋だった!!

 

部屋の壁には奴隷の鯨崎とSM女王の美穂の大きな写真があった

鯨崎は自分が服従し続ける証として、このマンションを美穂に渡したのだというと、奴隷の自分たちに放置プレイのご褒美をくれたと言った

美穂の弁護士も奴隷だったと聞いた香蓮は、人には本当にいろんな秘密があるのだと知って、そのマンションを出た

 

⇒『サレ妻の復讐~魔性の刺青』の無料試し読みはコチラ👆

 

また柊哉にタトゥーを彫ってもらう香蓮

柊哉はユタカの依頼でモデルをするマキにタトゥーを彫っていた

するとそこに香蓮がやってきたので、掘るのを止めた柊哉はユタカやマキに今日は帰るように言った

柊哉は香蓮がタトゥーを消していないことを確認すると、香蓮にいきなり抱きついた

 

香蓮はユタカたちが見ているので柊哉に離れるようにいうと、ユタカは香蓮がやっとあのときぶつかった女性だと気づいて驚いた

マキはユタカはネット動画の世界では有名だというと、香蓮は世間のことをあまり知らないと言ったので、ユタカは刑務所に入っていたのかと冗談を言った

そしてユタカは香蓮を触ろうとし始めたので、柊哉はユタカに触るなというと、さっさと帰るように言った

 

柊哉は香蓮に続きを彫りに来たのかと聞くと、香蓮は胸の花のタトゥーが咲くのを見てみたいと言った

するとユタカは香蓮を先に掘ってもいい代わりに、彫る様子を撮らせて欲しいと頼んだので、香蓮は顔を出さない条件でそれを承諾した

 

蓮の花を彫ってもらった香蓮は、柊哉やユタカたちと中華料理屋に打ち上げに行った

そして帰り際に柊哉やユタカたちと連絡先を交換した香蓮は、今日はいろんなことがあったと思って家に帰った

 

香蓮に助けを求めてきた柊哉

香蓮は家で着替えているとそこに規弘が帰ってきて、とりあえずという感じで髪のことを褒めてきたが、香蓮はカップ麺をテーブルに置くと勝手に食べるように言って部屋を出ていった

それで規弘は不倫がバレてしまったのだと思い、自分は用済みで捨てられてしまうと思ってしまった

 

また香蓮は不動産屋への挨拶回りをしていたが、柊哉が若い女の子に服を買ってあげているところを見てしまった

それで香蓮は自分が勝手に好かれていると勘違いしていたのだと思い、柊哉には自分のようなおばさんじゃなくて若くてキレイな女の子が似合っているのだと思ってしまった

 

香蓮はタトゥーの痕の腫れが引いたので、写真の撮影のためにユタカのスタジオに向かった

しかし柊哉は遅れてくるというので写真を撮っていたが、結局柊哉は来なかった

帰宅した香蓮は家で夕ご飯の後片付けをしていると、そこに柊哉から電話がかかってきて、柊哉は香蓮に助けて欲しいと言ってきた!!

 

⇒『サレ妻の復讐~魔性の刺青』の無料試し読みはコチラ👆

 

「サレ妻の復讐~魔性の刺青」1~5巻を読んでみた感想

香蓮はずっと夫の規弘の母親の美穂の介護をしてきましたが、規弘は香蓮をしばらくしたら捨てて不倫相手の女のまゆみと一緒になるつもりでした

でも美穂はずっと介護をしてくれていた香蓮に遺産を残してくれていたので、規弘は今度はうざく感じ始めていたまゆみと距離を取ろうとしています

こんなクズな夫は早く捨てたほうがいいですが、まだ香蓮は離婚する気にはなっていないようです

規弘は心を不倫がバレたと思っていて、香蓮の機嫌を取ろうとしていますが、美穂を将来は自分の介護要員にするつもりのようなので、やはりクズ野郎でした

香蓮はタトゥーを入れてどんどん世界が広がりつつありますが、どうやら柊哉のことが好きになったようです

今のところ自分はおばさんだと思っていますが、まだ20代なのでさっさと規弘を離婚して捨てて新しい恋をしたほうがいいでしょうね

 

>>『サレ妻の復讐~魔性の刺青』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『サレ妻の復讐~魔性の刺青』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『サレ妻の復讐~魔性の刺青』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『サレ妻の復讐~魔性の刺青』を実際に読んでみましょう!

 

-サレ妻の復讐~魔性の刺青
-, ,

© 2021 まんがコミック大好き日記