あせとせっけん 10巻 ~トラウマ話をして気持ちの整理ができたという麻子にプロポーズする香太郎 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『あせとせっけん』10巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『あせとせっけん』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『あせとせっけん』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

『あせとせっけん』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

 

「あせとせっけん」10巻の簡単なあらすじ

香太郎にトラウマ話をする麻子

気持ちが少し落ち着いた麻子は、香太郎に手を握ってもらいながら小学3年生のときのことを話し出した

教師がいないところでみつきは麻子のことをくさいとか汚いと言っていたというと、それを聞いた香太郎は卑怯者だと言って自分がいたら助けにいっただろうと言ってくれた

麻子は桂太が悪口をいうみつきに泥を投げつけてくれたが、逆に桂太が悪者にされてしまったので麻子は悲しかった言った

その話を聞いた香太郎は、そんなことがあったから桂太の態度や麻子の父親が意味深なことを言っていたのだと気づくと、みつきのことを断ち切れないのだと言って泣き出した麻子を抱きしめてあげた

 

麻子は香太郎に謝りだしたので、香太郎は麻子に自分をちゃんと見るようにいうと、麻子がこの1週間何かと戦っているのだと気づいていたと言った

そして香太郎は自分は昔の麻子を助けてはあげられないが、麻子の痛みを分け合って欲しいと言って抱きしめてあげた

そのまま二人は眠ってしまったが、翌朝麻子に笑顔が戻っていたので、香太郎は麻子を抱きしめながら麻子の笑顔が見たかったのだと喜んでくれた

 

麻子にプロポーズする香太郎

麻子は香太郎と朝食を食べながら、香太郎に話せたので気持ちが整理できたというと、体のにおいは病院で調べてもらったが許容範囲だったと話した

しかし麻子は医者から気分転換をしたほうがいいと言われたというと、また鬱な気持ちになってしまったが、香太郎は麻子の愚痴を聞いたことがないと言った

麻子は相手を嫌な気持ちにさせるから言いたくないのだというと、香太郎は麻子の愚痴を聞けて嬉しかったと言ってくれた

そんな香太郎に麻子は、汗のことを気にしてしまうのはなかなか治らないハズなので、また話を聞いて欲しいというと、香太郎は汗ケアはやめなくていいと言いだした

 

香太郎はやめてしまうと自分のせっけんの出番がなくなるからだと説明すると、麻子は香太郎のせっけんは自分の宝物だと言って、香太郎も愚痴って欲しいと頼んだ

すると香太郎は麻子に愚痴はないがしたいことがあるというと、麻子に結婚して欲しいとプロポーズした!!

麻子は香太郎からプロポーズされて、嬉し涙を流し始めると、香太郎の手を握りながら香太郎と結婚したいと言ってプロポーズを受けた

すると麻子から幸せなにおいがし始めたので、香太郎はまた麻子のにおいを嗅ぎ始めたのだった

 

⇒『あせとせっけん』の無料試し読みはコチラ

 

香太郎に誕生日プレゼントをする麻子

麻子は自分の両親に香太郎との結婚が決まったと報告すると、父親の勝臣は互いの家族で食事に行こうと言ってくれた

それで両家の食事会が決まり、麻子はいろんな人に結婚報告をしないといけないと思いながら、家で通勤着のままお弁当を食べていた

するとそこに香太郎が帰ってきたので、麻子は慌てて片付けをしようとすると、香太郎は麻子が家に帰っても通勤着のままでいることに驚きながら喜んだ

香太郎は自分の誕生日のことを忘れて、その日に指輪を用意しようとしていたが、香太郎が指輪を用意しようとしていたことを麻子はカッコイイと言ったので、香太郎はもう一度麻子にかっこいいと言わせながら麻子とキスをした

すると通勤着のままの麻子にムラッときた香太郎は、麻子を通勤着のままベッドへと連れていった

そして香太郎は服の上からブラを外すと…

 

麻子と香太郎は指輪のお店に行くと、婚約指輪と結婚指輪を探し始めた

しかし麻子は婚約指輪をつけたときのことが想像できないというと、ペアの指輪を一つ買えばいい気がすると言いだした

それを店員の女性に言ってみると、その女性は無理に婚約指輪を買わなくてもいいと言ってくれたが、結局その日は結婚指輪の候補を見つけるだけで終わった

そしてその後に二人は食事に行くと、麻子は香太郎の誕生日プレゼントの万年筆を香太郎に渡した

 

麻子に自分は食事会にいなくてもよかったかもしれないという桂太

桂太が家族の顔合わせの食事会にやってくると、麻子の父親が香太郎の父親に名刺を渡していた

麻子は桂太を香太郎の母親の奏や妹の柚香に紹介すると、奏は桂太の手を握ると料理人の手だと言った

しかし桂太はあまりに奏が自分の手を触るので、つい少し引いてしまい、それに気づいた奏は触りすぎたと謝った

 

食事会が始まると、両家の家族は食事を食べながら歓談し始めたが、桂太は一人でもくもく食べながら自分は本当に家族になれるのか自信を無くしてしまった

すると香太郎が婚姻届を出して、勝臣たちに証人のサインを書いてもらっていたが、桂太は部屋を出ていってしまった

それに気づいた麻子が部屋の外にいた桂太に声をかけると、桂太は自分は食事会にいなくてもよかったのかもしれないと言いだした

そんな桂太に麻子は自分も緊張しているというと、桂太を香太郎の家族に自慢の弟だと紹介したかったから呼んだのだと話した

麻子にそんなことを言ってもらった桂太は、もう大丈夫だというと奏に謝ると、自分の手を褒めてもらったことが嬉しかったと言えた

そして奏ともう一度握手した桂太は、今度は自分の店に食事に来て欲しいと言ったのだった

 

⇒『あせとせっけん』の無料試し読みはコチラ

 

婚姻届を提出した二人

香太郎と麻子は家に帰ってくると、香太郎はお風呂からあがってきた麻子に、いつ婚姻届を出しにいくか訊ねた

早いほうがいいということに決まり、その週の日曜日に行くことを決めた

日曜日になると、二人は書類を持って付き合い始めてからの1年間のことを思い出しながら役所へと向かった

二人は緊張しながら、役所の休日受付窓口にやってくると、あっさりと書類の提出は終わった

香太郎は役所から出てくると、麻子にずっと自分の奥さんでいて欲しいというと、麻子も香太郎にずっと自分の旦那さんでいて欲しいと言った

 

麻子は氏名変更の手続きをすると、香太郎と一緒に大蔵に結婚したことを報告した

すると大蔵は二人の結婚を祝福してくれて、結婚式に結婚式に参列することを快諾してくれた

職場の人たちにも結婚したことを報告した麻子は、会社を出て帰宅していると、そこに結婚式場の人から麻子の誕生日に予約が取れたと連絡が入った

それを帰宅した香太郎に報告すると、香太郎は互いの仲間に祝福される式にしたいと香太郎は語ったので、麻子は段々結婚式のイメージが湧いてきたのだった

 

ウエディングドレスを試着する麻子

二人は結婚式の打ち合わせに行くと、担当のプランナーの剣介は式までの日程を確認すると、二人に招待客のリストアップとドレスの用意を急がないといけないと言った

すると麻子はドレスは買うことも検討しているというと、剣介は気に入ったドレスが見つからないと後悔することになるというと、それが出来ればその他のことはなんとかなると力説した

二人は式の打ち合わせの帰りに指輪のお店に立ち寄ると、結婚指輪をセミオーダーすることに決め、それが式にギリギリ間に合うと知ると、麻子はドレスやタキシードも早く見にいかないといけないと思った

 

それで今度はドレスを見に二人は行くと、麻子は選んだドレスを試着することにした

麻子はドレスを着せてくれていた店員の人に、汗かきなのは大丈夫なのかと聞くと、誰でも汗をかくし吸水性の高いインナーなどもあるので大丈夫だと言ってくれた

麻子はドレスを着て出てくると、香太郎はつい胸に目が行ってしまった

麻子も納得いかない様子だったので、香太郎は試着室に戻る麻子に、ドレスはイマイチ合ってなかったけど自分の花嫁だと思えて感動したと言ってあげた

 

その日に着たドレスは、麻子はどれもしっくりこなかったがイメージが湧いたというと、ドレスを着て楽しかったと香太郎に言った

そして麻子はブライダルインナーは買えたというと、香太郎はその言葉に激しく反応した

 

⇒『あせとせっけん』の無料試し読みはコチラ

 

あせとせっけんを最初から読み直すならコチラ👇

あせとせっけん 1巻 ~香太郎に初対面でいきなりにおいを嗅がれつき合うことになった麻子 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「あせとせっけん」10巻を読んでみた感想

香太郎は麻子は、無事結婚することができました

麻子は小学校時代にみつきに悪口を言われたことがトラウマになっていましたが、香太郎は受け止めてくれたのでどうやら大丈夫なようです

またみつきに会うことがあるかもしれませんが、その時には香太郎と一緒になれた自信もあるので、もう一方的に言われるだけにはならないような気がします

麻子の弟の桂太は、家族の顔合わせの食事会に馴染めなかったようですが、自分が結婚する訳ではないので仕方がないでしょうね

でも麻子の言葉で香太郎の家族ともちゃんとつき合っていくことを決めた桂太は、これからは香太郎の家族とも上手くやっていけそうです

香太郎の妹の柚香が桂太に親しげに話しかけていたので、その内二人がつき合うような展開もあるかもしれません

婚姻届も出して会社などにも結婚報告をした二人ですが、式の準備が大変な感じです

でも今の二人を見ていると、なんとかなりそうな気がします

式まではもう少し時間がありますが、きっと二人はたくさんの人たちから祝福されながら、結婚式を挙げることができるでしょうね

 

>>『あせとせっけん』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『あせとせっけん』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『あせとせっけん』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『あせとせっけん』を実際に読んでみましょう!

 

-あせとせっけん

© 2021 まんがコミック大好き日記