処女仲介人~奪ってほしい女達 5~8巻 ~妥協して結婚したので結衣の父親とセックスできずセカンドバージンだった晴恵 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『処女仲介人~奪ってほしい女達』5~8巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『処女仲介人~奪ってほしい女達』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『処女仲介人~奪ってほしい女達』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

🔻絵付きで『処女仲介人~奪ってほしい女達』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

 

「処女仲介人~奪ってほしい女達」5~8巻の簡単なあらすじ

結衣が非処女だと知って暴力を振るう父親

結衣の父親は、結衣の処女がもらえて嬉しいと言って挿れていたが、結衣が自分は処女じゃないと言ったので、父親はブチ切れてビッチと罵りながら殴り始めた

 

大和は順調に処女喪失の手伝いの仕事をしていたが、蛍にそろそろ賃金を出さないのかと言いだしたので、蛍はそんなことを言っていると痛い目に遭うと脅した

そんなことを言われた大和は、結衣が最近身体にアザがあるので気になっていると言ったが、蛍はそれにはなぜか答えなかった

 

大和が家に帰ってくると結衣が抱きついてきて、父親が処女じゃないと知って暴力を振るわれていると言った

大和は自分が処女を奪ったからだと落ち込んだので、結衣はそれならまた自分とセックスして欲しいと言って服を脱ぎだした

 

結衣が父親に性暴力を受けていると知ってキレだす貴子

処女を捨てることができた貴子は街コンパーティーに参加していたが、最初は男たちは貴子を見てタイプだと言ってざわめいたが、年齢を聞くと引かれてしまって相手にされなかった

貴子は街コンパーティーが終わって相手にされなかったのでイラついていたが、やはり年齢が問題だったのだと思っていた

それでまた大和とヤリたいと思った貴子は、上司と部下の関係だと思いつつもケーキを買って、大和の部屋に向かってしまった

 

大和の部屋にやってくると、結衣が大和に非処女だからセックスできないのかと迫っていたので、貴子は付き合っているのかと聞いた

すると結衣はそれを否定しつつも貴子に嫉妬していたのかと言ったので、貴子は上司として大和を心配しているだけだと必死に否定した

貴子は結衣が父親から性的な暴力を受けて家出してきたことを聞くと、ブチ切れて警察に電話しようとした

それを結衣は止めると、自分はもうすぐ学校を卒業して家を出ていくのだというと、大和も警察に通報したら結衣の家庭が崩壊してしまうだけだと言った

 

⇒『処女仲介人~奪ってほしい女達』の無料試し読みはコチラ

 

セカンドバージンだった結衣の母親の晴恵

大和が父親と話し合うと言いだしたが、それは状況を悪化させるだけだと貴子に言われ、どうしようもなくなっていた

そこに蛍がやってきて新しい依頼者の晴恵を大和に紹介したが、晴恵はなんと結衣の義母だった!

晴恵も昔は貴子のように仕事一筋で行き遅れていたが、そんな晴恵をバツイチの結衣の父親が好きになってくれて妥協して結婚することができた

しかし晴恵は結衣の父親のことがそんなに好きな訳じゃなかったので、セックスをさせてあげなかった

大和は本当に処女なのかと思ったが、晴恵は若い頃に一応セックスの経験はあったが痛い思いしかなかったので、セカンドバージンになっていたのだ

 

晴恵は自分に覚悟がなかったからだというと、自分が相手しなかったので結衣の父親は結衣に手を出すようになったのだと話し、結衣に自分のせいだと謝った

それで大和は晴恵とセックスすることになったが、晴恵は大和に身体を舐められると思わず涙が溢れ出てしまった

大和はやめるか訊ねてみると、晴恵はずっとつけていなかった結婚指輪を大和に渡すと、それをつけてセックスして欲しいと頼んだ

それを承諾した大和は結婚指輪をつけて優しいセックスをしてあげたので、感じることができた晴恵は、家に帰ると結衣の父親とセックスしてみたが気持ちよくなかった

 

晴恵と結衣は大和の部屋にやってくると、晴恵は結衣の父親と別居したと報告してお礼を言った

そして大和に晴恵と結衣は、3P親子丼をねだってきた!

そこに蛍と貴子がやってきて、貴子は結衣からおばさん呼ばわりされたので、自分も混ぜろと言って大和に結衣たちと一緒に大和に迫ってきた

すると紗栄子から依頼が届いたと知った大和は、逃げるように依頼者に会いに向かったのだった

 

大和に代わって紗栄子を処女卒業させると言いだす泰牙

バージンコーディーネーターの泰牙は、自分が処女を卒業させてあげた女の子とセックスをしていた

思いっきり潮を噴いてイってしまった女の子は、連絡先を教えて欲しいと言ってきたので、渋々教えてあげた泰牙は卒業しただけでヤリたがりになる女の子たちを面倒くさいと思っていた

 

泰牙は大和と歩いていた蛍の背後から驚かすように声をかけてきたので、蛍は泰牙を避けてしまったので事故って大和とキスしてしまった

大和は泰牙は何者なのかと思っていると、泰牙は自分は関西でバージンコーディネーターをやっているのだと言った

3人は紗栄子に会いに行くと、紗栄子を見た泰牙は陰キャな大和に代わって紗栄子の処女を卒業させると言いだしたので、蛍は遊園地で紗栄子に大和と泰牙のどっちとセックスするか選ばせることにした

見た目は派手で陽キャの紗栄子は陰キャな大和とはセックスしたくないと言ったので大和もヤル気を失ってしまったが、蛍が制裁があると言ったので、大和は渋々勝負を続けることにした

 

⇒『処女仲介人~奪ってほしい女達』の無料試し読みはコチラ

 

結衣と観覧車でセックスしてしまう大和

遊園地には結衣も友達と来ていたが、結衣は男友達には全く関心がなかった

大和を見つけた結衣は大和から事情を聞くと、カップルのフリをして紗栄子と泰牙の尾行を手伝ってくれた

二人が観覧車に乗ったので、大和たちも観覧車に乗り込んだが、大和は紗栄子たちの乗っているゴンドラが揺れていることに気づいた

 

紗栄子はゴンドラの中で泰牙にキスをされ乳首を舐められると感じてしまい、アソコを舐められた紗栄子は潮を噴いてイってしまった!

大和は泰牙が紗栄子のアソコを舐めているのを見てしまい、自分は完全に負けたと落ち込んでしまうと、それを見た由衣は大和にキスをして慰めてあげると、何ヶ月もシテいないと言って大和に跨がり挿れ腰を動かし始めた

結衣がイってしまうと大和も勝負のことはどうでも良くなり、結衣を激しく突くと一気にイってしまった

そして二人が観覧車を降りると結衣の友達がやってきたので、結衣はまたデートして欲しいというと去っていった

 

元気のない紗栄子を見つけた大和

貴子は職場で職員たちから、最近性格も丸くなって色気が出てきたと言われていた

そんな貴子は大和を飲みに誘うと、大和も貴子が性格が丸くなったと言った

二人がそんな話をしながら歩いていると、紗栄子が元気がない様子で歩いているのを見つけた

大和が元気がないというと、紗栄子は大和に関係ないと言ったが、大和は紗栄子を掴まえ自分には関係あると言った

 

⇒『処女仲介人~奪ってほしい女達』の無料試し読みはコチラ

 

「処女仲介人~奪ってほしい女達」5~8巻を読んでみた感想

結衣の父親は、後妻の晴恵がセックスしてくれなかったからでした

結婚しても妻がさせてくれなかったら確かにショックだとは思いますが、娘となった高校生の結衣に手を出してしまうのは犯罪とです

晴恵が夫と別居したのは当然と言えますが、離婚して慰謝料を請求してもいいでしょうね

今度の依頼者の紗栄子は派手な見た目とは違ってまだセックス経験がありませんが、ヤリ手のバージンコーディネーターの泰牙に舐められ簡単に感じていました

でも最後に大和に会ったときにはなぜか元気がなかったので、観覧車を降りた後に泰牙とは上手くセックスできなかったのでしょうね

理由はまだ分かりませんが、もしかしたらいざセックスしようとすると、精神的に受け付けないのかもしれません

大和は陰キャな所はありますが、いつも優しいセックスをしてくれるので、それで蛍は最初に大和にやらせようとしていたのだと思います

この後、大和と紗栄子が無事セックスできて、紗栄子が無事処女を卒業できたらいいですね

 

>>『処女仲介人~奪ってほしい女達』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『処女仲介人~奪ってほしい女達』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『処女仲介人~奪ってほしい女達』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『処女仲介人~奪ってほしい女達』を実際に読んでみましょう!

 

-処女仲介人~奪ってほしい女達

© 2021 まんがコミック大好き日記