年の差婚 9巻 ~出張先で浮気しようと迫ってきた花里にキレ晴海にビデオ電話をかけると小原が出たので固まってしまった舞衣子 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『年の差婚』9巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『年の差婚』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『年の差婚』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

『年の差婚』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「年の差婚」9巻の簡単なあらすじ

ヤキモチを焼いて晴海を押し倒してしまう舞衣子

晴海は部下の相談に乗るので、帰りが遅くなると言ってきた

それを聞いた舞衣子は黙り込んでしまったので、晴海は何か言いたいことがあるのではないかと言った

すると舞衣子はやきもちを焼いて女性となのかと言ったので、晴海は男だから大丈夫だと言ってあげたが、それでも舞衣子の気持ちは治まらなかった

晴海は何かあったのかと訊ねると、舞衣子は突然鳴海を押し倒すと、自分はこんなに晴海が大好きなのだと言ってキスをしてきた

そのまま舞衣子はセックスしようとし始めたので、晴海はシャワーを浴びに行きたいと言っても、舞衣子は待てないと言ってそのままセックスし始めた

セックスを終えてようやく気持ちが治まった舞衣子は、晴海に強引だったと謝ってきたが、そんな舞衣子がかわいいと言って鳴海はキスしてくれたので、また舞衣子はシタくなってしまった

翌日、舞衣子は自分がこんなに嫉妬深かったのかと紫に話すと、紫はやっと恋愛モードな舞衣子が見れたと喜んでくれた

しかし紫は晴海のことが大好きだと言っていた舞衣子に、3日間の出張が入ったことを伝えた

それで帰宅した舞衣子は、気持ちがどんよりして晴海に背後から抱きついて寂しいと言った

舞衣子はこれ以上晴海に寂しい思いをさせられないと思い出張の準備を始めたが、そんな舞衣子がかわいいと思った晴海が抱きついてきた

それでまた欲情してしまった舞衣子は、晴海とまた激しくセックスをしたので、晴海は翌日腰痛になってしまった

⇒『年の差婚』の無料試し読みはコチラ👆

舞衣子に浮気しようと誘ってきた花里にキレる舞衣子

晴海は瀬川と飲みに行くと、晴海を狙っていた小原が偶然を装ってやってきた

小原は晴海の隣に座ると、瀬川と一緒に晴海に仕事のことを愚痴りだした

舞衣子もマネージャーの花里たちと食事に行くと、花里は舞衣子には人妻感がないと言いだした

花里は舞衣子から晴海の写真を見せてもらうと、晴海のどこが好きだったのか訊ねたが、舞衣子はしばらく考え込んで全部が好きだと答えた

すると花里に誰かから電話がかかってきて、花里は席を離れていくと、他の人たちは不倫相手だろうと言っていたが、舞衣子はずっと晴海のことばかり考えていた

食事が終わって帰ろうとしていた舞衣子を花里は呼び止め、二人で飲みにいこうと誘ってきたが、舞衣子は彼女が待っているはずだと言った

すると花里は真面目な舞衣子には色気がないというと、そんなことでは晴海に浮気されてしまうだろうと言った

その言葉に舞衣子はムキになると、花里は舞衣子の耳元で浮気しようと囁いたので、舞衣子は花里に頭突きをして人前で浮気を誘うのかと責めだした

花里は人のことが好きな感じがなかったのでちょっかいを出してみたのだというと、舞衣子は迷惑だから二度とするなとキレた

舞衣子は帰り道で晴海はバツイチだから、自分は晴海と結婚できたのだというと、花里はオッサンはモテるから気をつけるように言った

帰宅した舞衣子はその言葉が気になってしまい、晴海の顔が見たくて仕方なくなってしまった

⇒『年の差婚』の無料試し読みはコチラ👆

晴海にかけたビデオ電話に小原が出て固まってしまう舞衣子

晴海は瀬川や小原の愚痴が聞き飽きてしまい、適当に話を聞いていた

すると瀬川が酔ってフラフラな状態でトイレに向かいだしたので、晴海は瀬川についていった

そこに晴海のスマホに舞衣子がビデオ電話をかけてきたので、小原はそれに出てしまった!

小原を見た舞衣子は、完全に固まってしまった

瀬川は間違ってボタンを押したと言って晴海にスマホを渡すと、舞衣子の顔を見た晴海はかけ直すと言って電話を切ってしまった

店を出た晴海は舞衣子に電話をかけ直すと、小原とは偶然一緒になっただけだと言った

なんとか舞衣子は晴海の言ったことを信じてくれたので、晴海はどうしてビデオ電話をかけてきたのかと聞いてみると、舞衣子は顔を見ておやすみなさいを言いたかっただけだと言った

瀬川にまず自分を大切にするように言われてしまう小原

舞衣子とおやすみなさいを言って電話を終えた晴海に、小原は舞衣子から何か言われなかったかと訊ねられた

小原は晴海と二人で話しがしたいので飲みに行こうと誘ってきたが、それでも小原は誘ってきたので、晴海は自分は不倫する気はないと断った

舞衣子は自分にとって一番大事な人なのだと言った晴海は、グダグダと小原を説教しだしたので、小原はメンドくさくなってヤル気がなくなってしまった

そこに吐いて元気になった瀬川が戻ってきたので、晴海はそのまま二人を置いて帰ってしまった

瀬川は小原にどうして晴海に手を出したのかと聞くと、元カレに浮気されていた小原は、どうして女子力のない舞衣子が結婚できるのかと愚痴りだした

小原は自分も舞衣子のように大事にされたいと言ったので、小原は自分が大事にされたいのなら自分を大事にするようにアドバイスした

舞衣子が一番大切な存在だと実感する晴海

晴海は家に帰ってくると、舞衣子からウザカワイイ写真が送られてきていたので、晴海は自分も無事に帰ってきたとメッセージを送った

ベッドに横になった晴海は、つい舞衣子が誰かに絡まれていないかと心配してしまったので、舞衣子が自分にとって一番大切な存在なんだと感じた

そしてようやく出張から帰ってきた舞衣子を出迎えに行った鳴海は、ウザカワイく会いたかったと言ってきた舞衣子に、自分も舞衣子に会いたかったと言ってあげたのだった

⇒『年の差婚』の無料試し読みはコチラ👆

年の差婚の続きはコチラ👇

年の差婚 10巻 ~動物園にいる子どもたちを見て母親の記憶を思い出してしまう舞衣子 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

「年の差婚」9巻を読んでみた感想

舞衣子も晴海も花里や小原に不倫を迫られましたが、全く寄せつけませんでした

簡単に晴海に不倫を断られてしまった小原に、瀬川は自分を大切にしないと人から大切にされないと言われてしまいました

世の中離婚してしまう夫婦はたくさんいますが、やはり相手のことだけでなく自分のことも結局は大事にしていないからなんでしょうね

舞衣子はかなりうざい感じで晴海に甘えていますが、晴海はそれをカワイイと感じてくれているのは、やはり年上の余裕があるからなんでしょう

舞衣子は段々晴海が誰かに会ったりしていると、嫉妬するようになっていますが、今のところ晴海の言っていることを完全に信じてくれています

このまま順調に夫婦生活を送れればいいですが、この後もいろんなことが起きてしまうはずです

でも今の二人を見ていると、何かあっても乗り越えて幸せな夫婦生活を送れそうな気がしますね

>>『年の差婚』を実際に読んでみよう!

このまんがを無料で試し読みするには?

『年の差婚』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『年の差婚』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『年の差婚』を実際に読んでみましょう!

-年の差婚

© 2021 まんがコミック大好き日記