ハジメテノサツジン 7~8巻 ~とうとう発見されてしまった吉川の死体 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『ハジメテノサツジン』7~8巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『ハジメテノサツジン』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『ハジメテノサツジン』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

『ハジメテノサツジン』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

 

「ハジメテノサツジン」7~8巻の簡単なあらすじ

繭に陸とは会わないように要求する音羽

繭は音羽に陸とはご飯を食べただけだというと、音羽は陸にラインを交換しようと言った

そこにマネージャーの女の子がやってきたので音羽は陸とお似合いだというと、マネージャーは陸と繭は仲が良いといいだしたので繭は付き合ったりしていないと答えた

繭は心の中でもう陸とは付き合ったりはできないと思っていると、音羽は陸に繭は男関係で精神的に参っているから、しばらくそっとしておいて欲しいと頼んだ

 

音羽は繭の所へ戻ってくると、陸から誘われても断るように要求してきた

しかし繭は音羽に、陸と何を話していたのかと訊ねても、音羽は勝手に陸と会ったりしていたら陸も殺さないといけないと脅した

そこに悠がやってきて、繭が誰と会っても自由のはずだというと、陸に何を言ったのか話すように求めた

二人がケンカ状態になり始めたので繭は陸と会わないというと、音羽は自分たちは運命共同体なのだと言った

 

繭が帰宅すると姉がやってきていて、陸とは付き合っていないのかと聞かれた繭は、それを否定しながらもうすぐ生まれてくる赤ちゃんのためにやれることをやってあげようと決めた

しかし陸から電話がかかってきて、また練習を見に来て欲しいと言ってきたので、繭は赤ちゃんの世話があるのでしばらくは会えないと答えた

すると陸は繭に応援していると意味深なことを言ったが、繭は陸が自分が人殺しなのだと知ってしまったら、こんなことは言ってくれないだろうと思いつつ電話を切ったのだった

 

⇒『ハジメテノサツジン』の無料試し読みはコチラ

 

見つかってしまった吉川の死体

おばさんとペルの帰りが遅いので、美奈と智はおばさんを探しに出かけた

すると公園の山で倒れていたおばさんを見つけたが、ペルは吉川の死体が埋まっている場所を掘り出した

それを止めようとした智は、手足を穴にとられてしまい、何かが埋まっていることに気がついた

そして被せられた土などを少しのかした智は、とうとう吉川の死体を見つけてしまった!!!!

 

智はすぐに警察に通報したので、死体が発見されたという情報が堤たちにも届いた

現場にやってきた堤は、吉川の死体を見て手を合わせた

鑑識の人から頭に打撲痕があると聞いた堤は、恐らく吉川の死体だろうと部下の野崎に言った

 

⇒『ハジメテノサツジン』の無料試し読みはコチラ

 

首を絞められて殺されていた吉川

まだ学校では吉川は体調不良ということになっていた

繭は授業のためにパソコン室へ行くと、ここで吉川は倒れて死んでしまったのだと思った

すると他の生徒たちは、公園に警察がたくさん来ていたと噂していた

 

お昼休みに音羽はライングループを作ったというと、繭に陸たちとはこのグループだけで話をするように言って、個別にはラインしないように注意した

繭は赤ちゃんの世話があるので会えないと伝えたと言っていると、悠は前日にパトカーのサイレンが鳴っていたと話しだした

音羽は笑いながら吉川が見つかったのかもしれないと言っていた頃、とうとう校長に吉川の死体が見つかったという連絡が警察に入ったので、校長はすぐに緊急職員会議を開いた

 

堤は捜査本部で事件の概要を話していたが、吉川の頭には打撲痕があり澤木とは不倫していたと言った

しかし吉川の死因は、頭を打ったことが原因ではなくなんと絞殺だった!!

捜査は吉川と不倫していた澤木を中心に行われることになった

しかし堤は学校から近い公園に浅い穴に埋められていた上に、犯人は学校の監視カメラに映らないようにしていたこともあり、校長にまずは話を聞くことにした

 

⇒『ハジメテノサツジン』の無料試し読みはコチラ

 

いきなり教室にやってきて吉川が殺されたと言い出す石井

吉川の死体が発見されたと聞いた教師たちは、動揺してしまった

吉川が死んだことを伝えることは生徒たちに強いショックを与えてしまうので、各担任が様子を見ながら話すことになった

保護者にはメールで知らせるということを聞いていた澤木だったが、正面にいた石井が自分をじっと見ていることに気づいた

 

石井は繭たちのクラスにやってくると、いきなり吉川が公園の山で死体で見つかったと言いだした

それを聞いた繭は倒れそうになったので、それを音羽が抱き留めた

生徒たちは石井に説明するように求めると、石井は吉川が誰かに殺されたのだと言った

 

⇒『ハジメテノサツジン』の無料試し読みはコチラ

 

ハジメテノサツジンの続きはコチラ👇

ハジメテノサツジン 9~10巻 ~吉川が絞殺だと知って繭たちを疑い始めた音羽を切り捨てようと言い出す悠 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「ハジメテノサツジン」7~8巻を読んでみた感想

とうとう吉川の死体が見つかってしまいました

それにしてもあれだけ浅く埋めていたら、すぐに見つかってしまうのは仕方のないことですが、音羽は見つかってしまったかもと楽しそうに話していたので、もしかしたらワザと見つかるように埋めたのかもしれません

堤は捜査本部が澤木を中心に捜査する方針とは違った方向で捜査を進めるつもりのようです

やはり音羽と会って、何か関係していると睨んでいる可能性が高いので、その内繭たちの前にも現れる可能性が高いでしょうね

教師の吉川は繭たちのクラスにやってきて、すぐに吉川が殺されて埋められていたことを言ってしまいました

職員室で澤木を睨むように見ていたので、吉川は繭たちがやったことを知っているのかもしれません

吉川の死因は頭を打ったことが原因ではなく、首を絞められていたことが原因でした

そうなると繭たちが知っている状況以外で、吉川は殺されてしまったことになります

一番怪しいのは音羽ですが、吉川の態度からするとそれだけではないのかもしれませんね

 

>>『ハジメテノサツジン』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『ハジメテノサツジン』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『ハジメテノサツジン』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『ハジメテノサツジン』を実際に読んでみましょう!

 

-ハジメテノサツジン

© 2021 まんがコミック大好き日記