女王のトランク 16~20巻 ~進路のことでキレてDVしてきた父親に反撃し家を飛び出すハレカ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『女王のトランク 』16~20巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『女王のトランク』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「女王のトランク」16~20巻の簡単なあらすじ

ミヤに鞭打たれ全身に快感が走るハレカ

マリエはレイに引退した会員から教えてもらった隠し通路に連れていかれると、ダメだと言いつつハレカたちのプレイを覗き見た

ソノダに抱かれたハレカは、ミヤからいつも父親から蹴られている背中を鞭打たれると、全身に打たれる快感が走った

ミヤはハレカにシュウにウソをついていると言われ、ココで鞭打たれるのも自分への罰なのだと思った

するとハレカは自分から鞭打つようにミヤに言いだし、ミヤは今度は乗馬用のムチでハレカを叩き始めた

タチバナは鞭打たれるハレカを見てミヤと止めようとしたが、ハレカは気絶してしまった

ミヤはタチバナにハレカの手当をするように言ったが、タチバナは手当の仕方が分からないと答えた

するとミヤはそんなことをいうタチバナを引っ叩くと、自分がタチバナにやっていることをやればいいと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

ハレカを手当しながら祖母から受けたDVを思い出すタチバナ

気絶していたハレカが目を覚ますと、ソノダはハレカがセーフワードを言ったと言った

シュウの名前を言われてハレカはソノダに部屋から出ていくように言ったが、ソノダは自分のことを何もかも見透かしているように感じた

そこにタチバナがやってきてハレカの背中の手当を始めたが、ハレカはミヤがやっていると勘違いしてしまった

ハレカはいつも父親に蹴られている背中を打たれて気持ちよかったというと、ようやくタチバナだったと気づいた

すると手当を続けるタチバナは、自分も祖母に尻を打たれていたが、そこを叩かれると気持ちがいいのだと話した

そんなタチバナの話を聞いたハレカは、タチバナに助けてくれたお礼いうと、奴隷たちの気持ちが少し分かったような気がした

マリエたちはまだ覗き見していたが、ミヤからハレカのことを聞かれたタチバナが、ハレカは未熟だが見ている人たちの気持ちを熱くしてくれる最高の女王になれると言った

それを聞いたマリエはショックを受けて、自分の奴隷で分家のカツラギを思いっきり叩いていた

土下座してマリエに仕えさせて欲しいというカツラギに、マリエはあることをするように命じたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

シュウの顔がまともに見れないハレカ

シュウは母親が早く起きていたので、急いでハレカを迎えに行った

ミヤに車で送ってもらっていたハレカは、ミヤに背中を打たれたことは気持ちよかったというと、父親に蹴られるだけだった背中が惨めな場所ではなくなったと言った

ファミレスで待っていたシュウの所へやってきたハレカだったが、シュウの顔を見るとセーフワードを言ったときのことを思いだし、思わず赤面してしまった

シュウは熱でもあるのかとハレカの額に手を当てたが、ハレカはその手を振り払うことはできなかったが、シュウにまたミヤのところへいくのかと聞かれると、シュウを支えてあげないといけないと思い、ようやくシュウの顔を見てまた行くと答えた

シュウの母親はハレカの気配が感じられないので、部屋の中を覗き込もうとしていた

そこに帰ってきたシュウが声をかけ、その隙にハレカは部屋に戻ることができた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

タチバナにハレカに惹かれているハズだというソノダ

タチバナは元財閥の家柄の女性とお見合いをしていたが、つまらない女性だと思っていた

クラブに行きたいと思いながら女性と歩いていたタチバナだったが、そこに女性と抱き合うソノダを見つけた

タチバナは別の場所に移るように求めると、ソノダは一緒にいた女性をワザとハレカと呼んで、タチバナを挑発して去っていった

お見合い相手の女性が帰っていくと、幼いころにお尻を叩いていた祖母がタチバナのためにやっているのだと行ったが、タチバナは自分の母親を追い出したクソ野郎だと思っていた

トイレで顔を洗っていたタチバナにソノダが声をかけてきて、好きじゃない相手ならやめたらどうかと言った

そんなソノダに父親が早くに亡くなったからだと愚痴ってしまったタチバナは、ソノダにハレカのどこがいいのかと訊ねた

するとソノダはさっき自分の手を握ったタチバナの顔は嫉妬している顔だったというと、タチバナはハレカに惹かれているのだと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

進路のことでDVをしてきた父親に反撃するハレカ

ハレカは学校で自分の進路を書かなければならなかったが、早く父親から離れたいので短大を書いた

学校から出てきたハレカをシュウが待っていて、ハレカの父親に神戸での講習の辞令が出たと教えてくれた

父親がしばらくいなくなることを知ったハレカは、思わず嬉し涙が溢れてきて、思いっきりその間に女王の修行をしたいと思ってしまった

そんな様子をマリエは盗撮動画を見ながら、シュウを使ってハレカをクラブから追い出そうと言っていた

それを止めるようにいう奴隷のカツラギに、プレイ動画を流出させてやると脅して、自分の命じたことをやるように命令した

ちいと買い物から帰ってきたハレカだったが、家に帰るといきなり父親から引っ叩かれた

ハレカはクラブに行っていることがバレたのかと思ったが、父親はハレカが短大志望だと知ってキレていた

父親はハレカを家の中に引き釣り込んだので、ちいは泣きながら家から逃げ出した

父親は自分は仕事で他の人の子供を4年制大学に行かせているのだというと、自分に恥をかかせる気かと怒鳴ってハレカを蹴り始めた

それでもハレカは父親には屈しないと思い自分は短大に行くというと、さらに激昂した父親はハレカを殴り始めた

しかしハレカは近くにあった父親のカバンを手にすると、それで父親を引っ叩いて家を飛び出していった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

父親にDVの証拠写真を撮って警察に届けてやるというハレカ

ちいはシュウの家に逃げ込んでくると、ハレカの父親はシュウの母親に電話をかけてきた

シュウの母親は来ていないというと、ハレカの父親は来たらすぐに連絡するように言ったので、シュウの母親はすぐにすると答えた

その頃、ハレカは顔が腫れたままで道を歩いていたが、警察に通報されたら家に戻されてしまうと思い、人目につかない場所に隠れ失踪してしまった母親のことを思い出しながら、自分は今日やっと女王になれたのだと思った

ハレカは行く宛てもないので、いつもシュウと来ているファミレスの外に座っていた

するとそこにシュウがやってきて、ハレカの腫れた顔を見て抱きしめてくれた

シュウはハレカを連れて帰ってくると、シュウの母親はすぐにハレカの父親に電話するように言った

するとそこに神戸に向かう途中のハレカの父親が電話をかけてきて、シュウに代わって出たハレカに詫びを入れるべきだと言った

そんなことをいう父親に、ハレカはDVを受けた証拠写真を撮って、またやったら警察に届けてやると言い返し電話を切ってしまった

シュウはハレカを預かろうというと、母親はハレカの父親には逆らえないと言った

そんなことをいう母親に、シュウは自分は一度も母親に助けられたことはないと言い返し、自分の部屋に去ってしまった

ハレカはシュウを追って部屋に入ると、シュウはハレカを守れない自分が情けないと言いだした

そんなシュウにハレカは、シュウはずっと自分の力になってくれたと言ってあげると、自分の受けたDVの証拠写真を撮って欲しいと頼んだ

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

マリエに父親のDV動画を流されてしまうハレカ

ハレカは迎えにやってきたミヤに、腫れたままの顔ではクラブには行けないと言ったが、ミヤは女王は必ずラウンジに顔を出さないといけないと答えた

二人はとりあえず化粧室に入ると、そこにタチバナとソノダがクラブに来ていた

生け花を持ってきたソノダは、タチバナは何も持ってきていないのかと絡んできたので、タチバナは部屋に入ると祖母に追い出されてしまった母親のことを思い出してしまった

すると鐘がなってモニターを観るようにお知らせが入ると、なんとハレカが父親に蹴られているDV動画が流れ始めた!!

部屋から出てきたタチバナに、門番の男はシステムがハッキングされたのですぐに原因を突き止めると言って去っていった

そこにソノダがやってきて、タチバナに動画を観てハレカは女王にふさわしいと思うか訊ねてきた

タチバナは昔のことを思い出し、そんなことはないと叫ぶと、ソノダは自分たちの奴隷根性をこんなことをした奴に見せてやろうと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

マリエにどんなことされてもここに来てやると言い返すハレカ

ハレカは動画にちいが映っていたので、こんなことをした奴は許せないと思った

それで謝ってきた門番に女王の勤めを果たすというと、ラウンジに向かった

ラウンジにいた奴隷たちは、ハレカのことを奴隷女と蔑んでいた

そこに仮面をつけたハレカがラウンジにやってくると、ソノダは土下座してハレカの髪に花を活けさせて欲しいと頼んだ

ソノダがハレカの髪に花を活けると、動画を流した張本人のマリエが奴隷女は出ていけと迫ってきた

それでハレカは動画を流したのはマリエだったと気づくと、どんなことをされてもここに来てやると言い返した

そしてハレカは女王として、自分は踏みつけられた者たちの女王なのだというと、ソノダが活けた蕾だった花が開いた

それを見た奴隷たちは、一斉に奇跡が起こったというとハレカに跪いたのだった!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

女王のトランクを最初から読み直すならコチラ👇

「女王のトランク」16~20巻を読んでみた感想

クラブに行ったハレカは、ミヤに鞭打たれ奴隷の気持ちが分かるようになってきています

その上に女王としての自信が出てきたみたいで、DVをしてくる父親に反撃して家を出てしまいました

それにしてもハレカの父親は最低な奴ですが、本当に1ヶ月間神戸にいったままになるでしょうか

もしかしたら休日などに戻ってきて、またハレカにDVしようとする気がします

タチバナはソノダにハレカに惹かれていると言われていましたが、タチバナもハレカと同じように祖母からDVされていました

それで同じようなハレカに惹かれたのだと思いますが、ソノダはどうなのでしょうか

ミヤには最高女王になれると言っていたので、なかなか感情を見せないタチバナもハレカに惹かれているのかもしれませんね

マリエはソノダをハレカに取られてしまったので、ハレカを恨んで父親からDVを受けている動画をクラブで流してしまいました

そんなことをしてもソノダはマリエを選んだりするハズはない上に、恐らく門番にもやったことを突き止められてしまうでしょう

DV動画を流されてしまったハレカでしたが、ちいが映っていたこともあってむしろ敢然とマリエに立ち向かっています

恐らくこの一件で、ハレカはさらに強くなっていくのは間違いないでしょうね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-女王のトランク