ガンニバル 9巻 ~実の父親の獣臭い男を撃とうとしても銀の言葉が蘇り撃てない恵介 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『ガンニバル』9巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『ガンニバル』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「ガンニバル」9巻の簡単なあらすじ

岩男にトドメを刺そうとする大悟を止める恵介

恵介は真が有希を撃とうとしたのを阻止すると、真は銀は恵介がいつか裏切ると言っていたというと、藍を殺すと言った

しかしそこに現れた岩男が真の頭を地面に叩きつけてぶっ殺してしまった

それで真の手下たちと銃撃戦が始まったが、大悟は真の手下や岩男に向けて発砲し始めた

先発の警官隊がやられてしまったので、警視正も動き始め自衛隊も出動するかもしれない状況になっていた

生きのびて戻ってきた警官の一人は、化け物が現れたというと、岩男に自分たちはやられたと話した

真の死体を投げつけて襲ってくる岩男に、大悟は発砲して左目を吹き飛ばしたが、それでも岩男は大悟の顔を掴んだ

大悟はなんとか背負い投げで岩男を地面に叩きつけると、拳銃で岩男にトドメを刺そうとした

しかし大悟はましろが止めるように叫んだように聞こえたので、一瞬動きが止まったので恵介に倒されてしまった

恵介は気絶していた洋介を蘇生させると、岩男がそれぞれの役割を果たせばいいと言っていたことを思いだした

恵介は自分が銀の呪いを断ち切る役割があると思い、有希やましろの拘束を解いた

有希たちに逃げるようにいうと、有希は恵介も連れていくと言ったが、恵介は有希には無理だと言った

すると誰かがやってくる足音が聞こえてきて、あの獣臭い男が襲ってきた!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

獣臭い男を殺せない恵介

すみれは警察署に逃げ込んでくると、警視正に恵介を助けて欲しいと懇願した

恵介は獣臭い男に襲われながら、幼いころに銀が獣臭い男に会わせ、獣臭い男のお陰で供花村は救われたのだと言ったことを思いだした

獣臭い男は、鎌で恵介を斬り殺そうとしたが、それをましろが止めて有希は大きな石で獣臭い男を殴りつけた

そんな有希を見た獣臭い男は、何か昔の記憶を思い出すと、有希に向かってかあちゃんと呟いた

恵介は獣臭い男を殺すチャンスだと思ったが、なぜか銀の声が聞こえ獣臭い男を刺せなかった

すると獣臭い男は、ましろを抱えどこかへと駆け去ってしまった

そこに後藤家の奴らがやってきてしまったので、恵介は有希は放っておくようにいうと、大悟を連れて後藤家に戻っていった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

獣臭い男が父親だった恵介

ワルな村民の男たちは、後藤家の奴らが死んでいくのを喜んでいた

すると一人の男が銀が生きていたら、こんな状況にならなかったかもしれないというと、別の男はだから銀を殺しておいてよかったのだと言って、宗近のほうを向いた

恵介は後藤家に帰ってくると、後藤家の奴らは大悟をましろが喰われる様子を見せるつもりだった

すると恵介は大悟に話しがあるというと、大悟にましろを助け出すと言って自分に協力するように頼んだ

そして恵介は有希やましろを助けるために、発砲したのは正しかったというと、自分も実の父親であるあの獣臭い男を殺して呪いを断ち切るのだと言った

すると大悟は自分が殺すので場所を教えるようにいうと、ましろはまだ生きているのかと訊ねた

恵介は場所は自分が分かると言っていると、そこに後藤家の女がやってきた

恵介はその女を気絶させると、大悟の拘束を解いて二人でましろのいる場所へと強行突破をし始めた

大悟は恵介に、初めて会ったときから自分は恵介に助けられてきたというと、自分たち家族が生きているのは恵介のお陰だと言った

恵介は自分に感謝するのはまだ早いというと、祭りが始まるまであと2時間だと言った

宗近の父親の正宗は戻ってきた宗近に、自分も銀と同じ病で死ぬのだというと、その前に自分と銀の子供のあの獣臭い男の話をすると言った

正宗は、後藤家は昔の飢饉の際に生贄の子供を食べてしまったので、村人たちから蔑まれていたの言った

しかし後藤家の土地で銅が見つかると、後藤家は富豪になって供花村を支配するようになったのだ

それで村民たちとの亀裂が深まってしまったが、それを後藤家の先々代の定がなんとか均衡を保っていた

しかし銀の戸籍上の兄の金次がその均衡を壊してしまい、最悪の状況を避けるために銀は祭りを始めてしまったのだというのだ

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

大悟が獣臭い男を殺そうとするのを阻止するましろ

恵介はましろの前にいた獣臭い男を狙撃したが、迷いがあって急所を外してしまった

それで大悟は獣臭い男を殺すために狙撃したが、なぜかましろは獣臭い男を殺させないように前に立ち塞がってしまった

その頃、有希は大悟やましろを探して山の中を彷徨っていたが、武装した自衛隊と一緒にいた警官に保護されていた

正宗が宗近に昔の話をしていると、恵介を探してやってきた岩男が乗り込んできた

岩男は宗近が恵介を誑かしたのだというと、誰が銀を殺したのかと訊ねた

岩男の手下たちは銀が殺されたのだと知って宗近に銃口を向けたが、宗近の手下のワルたちと戦いに突入してしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

ガンニバルの続きはコチラ👇

「ガンニバル」9巻を読んでみた感想

もう国が動いていて自衛隊まで投入されてしまったので、後藤家が壊滅するのは確実な状況になりました

段々後藤家の過去のことが明らかになってきていて、あの獣臭い男は恵介の父親でした

あの男は銀と宗近の父親の正宗の息子だったみたいで、昔村民との対立が酷くなったときに混乱を収めるために、銀が今の支配体制を作ったようです

まだその時の詳しい状況は分かりませんが、獣臭い男はまだ僅かに意識が残っているみたいです

大悟が獣臭い男を撃とうとした際に、ましろが立ちはだかってしまいましたが、もしかしたらましろは獣臭い男から昔のことを聞いたのかもしれません

もうすぐ祭りが始まってしまいますが、警察や自衛隊まで投入されて大混乱の様相を呈してきましたが、大悟やましろたちは無事でいられるのかとても心配な状況ですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-ガンニバル

© 2021 まんがコミック大好き日記