読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

ハダカメラ

ハダカメラ 4巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

ハダカとココロを現像するカメラを使い、片想い相手・閃とついに付き合うことになった鏡介

が、突然現れた閃の元彼にその自信は大きく揺らぐ・・・

落ち込む鏡介対して映はなんと・・・!

 

「ハダカメラ」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「ハダカメラ」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「ハダカメラ」の試し読みはコチラ♪

 

 

「ハダカメラ」4巻の簡単なあらすじ

映のハダカの説教

映はハダカで鏡介の恋愛の幻想を壊すと迫る

覚悟しな!

 

いきなり鏡介にキスをする映

鏡介のアソコを握り、鏡介の手を自分のアソコに触れさせる

自分のハダカに触れて、閃への恋心は変わった訊ねる

首を横に振る鏡介のアソコをしごく

そして鏡介はイッてしまった

 

ムカついた鏡介は映を押し倒し、胸を鷲掴みにした

でも閃の初めてにこだわっていた自分がいけないと分かっていた

そして映に自分をすり減らすような形で叱らないように言う

しかし別れ際、映は自分は人を好きになることはありえないと言った

 

元カレ堂本

閃の家に元カレの堂本がやってきた

堂本を家に入れる閃

 

釦はシャワーでオナっていた

バイトで鏡介に会う前に落ち着かせるためだ

そして鏡介と閃がキスをしたことを思い出し落ち込む

バイトに行くと鏡介がニコニコしながら声をかけてきた

釦と話すのが楽しいというのでドキドキしてしまう

鏡介はこれまでいろいろ手伝ってくれた釦に、素直に振る舞おうとしていた

 

お店に閃がやってきた

そこに堂本がやってきて、閃に交際を断られたと話す

だが鏡介に堂本は必ず閃を自分に振り向かせると宣言した

それを聞いた鏡介は、今カメラで閃を見たら何%なのかと思った

 

閃の部屋にやってきた鏡介

キスを始めるが、堂本の言葉を思い出し、閃を押し倒す

閃の胸を触ろうとするが、震える閃を見て、止めてしまう

帰る際、閃は堂本のことは気にしなくてもいいと言った

だが鏡介はその閃の姿とカメラで撮っていた

 

数字が下がっていたことに落ち込む鏡介

そこで釦といて、話を聞いてあげるというのだ

釦は堂本とのことは過去のことだと言う

しかし鏡介はカメラのせいで、相手の心が丸ハダカになるのが問題だと話す

それで不安が募ると言うのだ

 

鏡介の顔を胸に押しつける釦

カメラで数字は計れても、気持ちは止められないという

そして鏡介を押し倒し、ハダカで馬乗りになる

自分の恋心を見ていると鏡介に言って、69の態勢をとる

相手の気持ちより自分が100%相手が好きかどうかが重要だ

そう言って鏡介のアソコを咥えた

 

鏡介はありがとうと言って釦を抱いた

釦のような優しいひとがいて、自分は運がいいと話す

それで、これ以上迫れなくなった釦だった

 

カメラを売りに来た鏡介

もう自分には必要ないと映に話す

そのカメラを売り場に出していると、立原がカメラを買った

そしてハダカメラのことを知ってしまった

立原はヤりたい女の子の写真を撮って、セフレの女の子に使いまくった

 

閃に声をかける堂本

自分が好きになった頃に、閃がいなくなったと話す

それに追いつけるように自分も好きになるという堂本だったが、閃はそれでも断った

 

堂本は鏡介が働く店にやってきた

そして立原に譲ってもらったと言ってハダカメラを見せる

カメラの数字での勝負を持ちかける

受けなければカメラのことをバラすと言って脅す堂本だった

 

お風呂上がりに自分の身体を気にする閃

でも思い出したのは堂本の言葉だった

そこに鏡介がやってきた

クレーンゲームで取れたプレゼントを渡す鏡介

しかし鏡介は、閃が堂本などからも一杯もらっていると言ってしまい

閃の気持ちを下げてしまった

 

堂本と勝負する鏡介

映のいる古物店にやってきた鏡介

堂本との勝負のことを映に話すが、映はカメラの数字は所詮ただの数字だと話す

数字はどうあれ、今の状況は覆らないと言った

 

大学で堂本と勝負する鏡介

カメラを覗く堂本

数字は前の鏡介の数字と同じだった

カメラを覗こうとする鏡介だったが

閃が友だちに鏡介が渡したプレゼントを見せている姿を見て止めた

鏡介は堂本に何かあったことを話すように言ったが

堂本は自分の負けだと言ってカメラを鏡介に渡し去っていった

 

堂本は数字を偽っていた

釦に鏡介をカメラを使って奪いたくないのかと聞く

シンデレラに大嫌いと言う釦だった

 

カメラをどうするか迷っていた鏡介

映はそのまま鏡介が持っていればいいと言う

 

また閃の部屋にきていた鏡介

閃は堂本とのことは思い出だという

そして今の鏡介との関係は飛び抜けていると話す

堂本との関係がどこまでいったか答え合わせしようと言って

エッチなことを始めた

鏡介がアソコを触ると、コンドームがないと言って閃は次にしようと言った

 

100%の恋心

自宅に帰った鏡介

すると閃が部屋にやってきた

ハダカになった閃のアソコを舐めるとイッてしまった

 

鏡介のアソコにコンドームをつける閃

そして鏡介は閃に挿入した

きっとこれが100%の恋心だ…

 

朝、目覚めた鏡介

しかし横に寝ていたのは… 釦だった!!

 

「ハダカメラ」4巻を読んでみた感想

堂本は嘘を言いましたが、悪い奴ではなかったですね

自分の負けを認めて、潔く去っていきました

きっといつかいい女の子と出会うのではないかと思います

鏡介を諦めきれない釦は、とうとう作戦を実行してしまいました

釦としてしまった鏡介は、これからどうするでしょうか

映の言っているように、気持ちのない行為にはあまり意味がないので気にする必要はないと思います

でも実際にヤってしまったのも事実なので、鏡介の心はまた揺れ動くことでしょうね

 

「ハダカメラ」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「ハダカメラ」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「ハダカメラ」の試し読みはコチラ!

 

-ハダカメラ

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.