ママ友は静かに笑う16〜20巻 ~明日菜の幸せは仮初のものだと言って自分を刺すように要求する詩織 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『ママ友は静かに笑う』16〜20巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『ママ友は静かに笑う』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「ママ友は静かに笑う」16〜20巻の簡単なあらすじ

保田たちに襲いかかるあかり

晴人は意識不明の状態が続いていたが、医者は恐らく大丈夫だろうと言ってくれた

保田はあかりのことを調べるというと、部下の女性から明日菜に入れ込んでいると言われてしまったが、詩織はヤバい奴だと言ってあかりに会いに向かった

詩織は郵便受けを開けると、泰治との不倫写真が詰め込まれていたので、あかりがやったのだと気づくと保田と一緒に葬ってやろうと思った

保田と部下の女性はあかりの部屋にやってくると、あかりは一緒に詩織を地獄に落としてやろうと言った

部下の女性はトイレを借りようとしたが、間違って他の部屋のドアを開けると、その部屋には詩織と泰治の不倫写真が壁一面に貼られていた

部屋の中を見られたあかりはナイフを取り出すと…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

あかりを轢いてしまう保田

一人で歩いていた明日菜に、詩織が不倫写真を見せながらあかりを一緒に消そうと言ってきた

明日菜は自分はどっちの味方でもないと断ると、詩織は話し合いは必要だと言ったので、明日菜も泰輔の不倫を過去のもにしたかったのであかりの部屋に行くことにした

あかりの住むアパートまでやってくると、あかりの部屋から保田の声が聞こえてきた

明日菜はヤバい状況だと思い、詩織に警察に通報するように頼んであかりの部屋に駆けていったが、詩織は保田たちの車に…

明日菜はあかりの部屋に入ると、あかりは保田の部下の女性を切りつけていた

激昂していたあかりは明日菜に襲いかかってきたが、保田が助けてくれた

あかりは詩織を襲うために部屋を出ていったので、保田はあかりを車で追いかけていった

しかし車のブレーキが利かなくなっていると気づいた保田は、ちょうど車の前に飛び出してきたあかりを轢いて事故ってしまった!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

意識を取り戻した晴人

保田は幸い軽傷で済んだが、車に轢かれたあかりは意識不明の重体になった

保田はブレーキが利かなくなったのは詩織の仕業だろうというと、警察の事情聴取に向かった

明日菜は病院の廊下を歩いていると、捜査一課の刑事が声をかけてきた

刑事はあかりが明日菜と協力して詩織を殺す計画と立てていたメモが見つかったと言ったので、明日菜はあかりの妄想だと訴えた

それでも刑事は泰治と詩織の不倫写真を見せながら、詩織を恨んでいたはずだと言っていると、そこに泰治がやってきた

泰治は明日菜はそんなことはしないと反論したので、刑事は警察署で詳しく話を聞くことにした

明日菜は詩織が自分たちの家庭を壊そうとしているというと、これまでのことを全部話したが刑事はまだ半信半疑だった

明日菜は警察署での事情聴取を終えて道を歩いていると、母親が心配して東京に来たと電話をかけてきた

駅に母親を迎えに行った明日菜は、昔自転車で倒れてケガをしたときのことを思い出し、母親も親であることに必死だったのだろうと思った

母親と二人で晴人のいる病院へとやってくると、幼稚園のママ友と子供たちが晴人の見舞いにやってきていた

晴人の病室へとやってくると、子どもたちは晴人のためにお遊戯会の演劇の歌を歌い始めた

すると晴人は意識を取り戻したので、明日菜は思わず感激の涙を流してしまった

晴人の病室を出ると、ママ友たちは自転車事故は詩織のせいだろうと言いだした

ママ友たちは詩織が幼稚園に来てから、いろんなことが起こるようになったというと、明日菜に詩織と何があったのか話して欲しいと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

晴人を連れ去ってしまう詩織

幼稚園のお遊戯会当日、詩織はもう一人の王子様役の蓮が風邪をひいているのを見つけ、インフルエンザかもしれないと言って帰らせてしまった

一人で王子様役をすることになった海斗は緊張してガチガチになっていたが、詩織は娘の花音がシンデレラ役をしたいと言っていたことを思いだしていた

するとそこに明日菜に連れられ、晴人も車椅子でお遊戯会にやってきた

シンデレラの演劇が始まったが、海斗は緊張してまともにセリフも言えず、シンデレラ役の女の子の足まで踏んでしまった

それでセリフを忘れてしまった海斗はコケてしまったが、晴人はそんな海斗にセリフを教えてあげた

それでなんとか演劇は無事終わることができたが、詩織は海斗を外に連れ出すと花音がガッカリしていると言って引っ叩いた

お遊戯会が終わると晴人は病院に戻り、明日菜はお遊戯会のことを泰治に報告の電話をしながら晴人を母親に任せて家に帰った

しかし明日菜の母親も買い物に出かけた隙を狙って、詩織は晴人の病室に入り込むと、晴人を車椅子に乗せて外に連れ出してしまった!

晴人がいなくなったことに気づいた母親は、すぐに明日菜に電話してきたので、明日菜は詩織が晴人を連れ出したのだと気づいた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

明日海の今の幸せを仮初のものだという詩織

詩織は晴人にお前のせいで海斗は演劇を上手くできなかったと言いながら、踏切に向かって車椅子を押していた

そして踏切の前までやってくると、詩織は花音は殺されたのだと言って、晴人の乗った車椅子を踏み切りに押し出してしまった!

保田はその頃、部下の女性に車のブレーキに細工をされていたというと、部下の女性は詩織が中学生の頃に同級生の由香と自殺を図った記事を見つけたと言った

部下の女性が由香が明日菜に似ていると言っていると、そこに明日菜が詩織が晴人を病院から連れ去ったと電話してきた

晴人の乗った車椅子は、踏切の手前で倒れたので晴人はまだ無事だったが、そこに現れた海斗は晴人に電車に轢かれたほうがよかったと言いだした

詩織は晴人を起こそうとし始めると、駆けつけてきた明日菜が晴人に触るなと叫んだ

明日菜はこんなの誘拐と同じだというと、詩織は明日菜が幸せになって欲しいというと、今の幸せは仮初の幸せにすぎないと言った

そして詩織は自分が明日菜の苦しみを全部受け止めると言いながら、中学時代に由香と飛び下り自殺を図ったときのことを思い出していた

しかし明日菜は、詩織はおかしいというと詩織に花音や夫を殺したのかと叫んでいると、そこに保田から電話がかかってきた

明日菜は保田に晴人を見つけたと報告すると、保田は花音のカルテの開示が認められたので死因が分かるかもしれないと言った

明日菜は保田との電話を終えると、もう詩織は姿を消していた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

明日海に自分を刺すように要求する詩織

保田は花音のカルテを開示した院長に、花音の虐待死を疑っていると言った

そんなことを言われてしまった院長は、隠しきれないと思い保田に何かの書類を見せた

晴人を外に車椅子で散歩させていた明日菜は、エレベーターで病室へと戻ろうとしていた

すると詩織がエレベーターに乗り込んできて、明日菜に包丁を渡して自分を刺すように要求した

刺さないなら晴人を刺すという詩織に、明日菜はやはり花音を殺したのかと言っていると、そこに現れたあかりが鋏で詩織の脇腹を刺してしまった!

あかりは詩織のせいで自分の人生はメチャクチャになったと言ったが、そんなあかりに明日菜は冷静になるように言った

しかし詩織があかりに関係ないから出ていけというと、その言葉で逆上してしまったあかりは、詩織を刺し殺そうとした

そこに駆けつけてきた泰治が現れあかりが刺すのを止めると、病院の人たちがあかりを取り抑えたが、その隙に詩織は晴人をまた連れ去ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

幼稚園に火を放つ詩織

保田は院長から示談書を見せられ、花音は医療ミスで亡くなったことを知った

示談は詩織の夫が勝手にやっていたので、保田はそれで詩織は夫を殺してしまったのだろうと思っていた

部下の女性は夫の事故も調べようと言ったが、保田は子供への虐待ではないことが判明したので、後は警察に任せることにした

明日菜は晴人と詩織を探していると、詩織から仮初の幸せを守り抜けばいいとメッセージが届いた

そして晴人は屋上で見つかったが、詩織は姿を消してしまった

一連の事件は詩織が起こしたのものだと、ママ友たちは噂し合った

詩織は夜に幼稚園に忍び込むと、中学時代のことを思い出していた

詩織は中学でいじめられていたが、そんな詩織を由香が助けてくれた

詩織はヤンキーからもレイプされかけたときも由香が助けてくれて、生きることに絶望した詩織と一緒に由香は飛降り自殺をしてくれたのだった

その一瞬が宝物だと感じていた詩織は、詩織似の由香がもう一人の由香だと思うようになっていた

明日菜が自分を選んでくれなかったことに絶望した詩織は、由香や花音と一緒に生きようと思いながら幼稚園に火を放ってしまった!!

全焼してしまった幼稚園からは性別すら分からない死体が発見され、詩織の死体だとされた

ニュースなどでは連日、詩織の事件が報道されたが、次第に事件のことは忘れ去られていった

1年が経ち、晴人は小学校に入学したが、明日菜は入学式で一人のママから、二人だけの友達になろうとまた誘われてしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

「ママ友は静かに笑う」16〜20巻を読んでみた感想

詩織は花音は殺していませんでしたが、夫は花音の医療事故死で勝手に示談してしまったので殺してしまったようです

詩織は中学時代にいじめから助けてくれた由香と自殺を図って、由香だけ死んでしまいました

そんな由香似の明日菜と詩織は一緒にいたかったみたいですが、明日菜には全く関係ないことなので全く身勝手な奴でしたね

詩織は死ぬ前も花音や由香と一緒になりたいと言って放火して死にましたが、まだ生きている息子の海斗のことは全く考えていない様子でした

詩織が死ぬ前から海斗はかなり性格が歪んでいる感じでしたが、勝手に詩織は死んでしまったのでこの後どうなったのかが心配です

施設に入っていい人に出会えていればいいですが、そうでなければまともな人生を歩めないかもしれないので、やはり詩織のような身勝手な奴は親にはなるべきではないでしょうね

晴人は無事に小学生になっていましたが、また明日菜はママ友は嫌だという母親から声をかけられていました

幼稚園ほどは親は学校へ来ることはないので大丈夫かもしれませんが、変な親でないことを祈りたいですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-ママ友は静かに笑う