痩せ女~幸せのサプリメント~ 15~16巻 ~信用しようとしない礼子に自分の顔を傷つけ信じさせ仲間に引き込んでしまうさおり のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『痩せ女~幸せのサプリメント~』15~16巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『痩せ女~幸せのサプリメント~』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「痩せ女~幸せのサプリメント~」15~16巻の簡単なあらすじ

公園でホームレス生活をしていた礼子

洋子は礼子が失踪して4ヶ月経っていたので礼子の実家に行ってみたが、母親は自分たちは殺されかけたと言って心配なんてするはずがないと答えた

戸田の店に行くと、戸田は失踪してしまった礼子やさおりとは連絡が取れていないと言って、自分も心が病んでいたこともあったので助けようと思っていたが、できなかったと自分を責めた

そんな戸田に洋子は、礼子もさおりも自分が世界から拒否されていると思っているうちは、誰も助けられないのだと言ってあげた

礼子はその頃、公園にテントを張って、ゴミを集めたりしてホームレス生活を送っていた

役所の人たちが不法占拠してゴミを放置していると注意すると、礼子はヒステリックに自分には全部必要なものだと主張した

礼子はテントの中に入ると、自分は愛されていないので早く消えたいと思っていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

さおりの会の仲間に入ってしまう礼子

するとそこに礼子が集めたゴミを持っていこうとする人たちがテントの外にやってきていた

礼子は持っていくなというと、その人たちは礼子に自分たちの仲間のいる所へ来ないかと誘ってきた

その人たちが礼子を仲間だと呼んだので、礼子は行くところもないのでついていくことにした

ある家へとやってくると、そこには礼子と同じように消えたいと思っていた人たちが一緒に暮らしていた

礼子はそこにいる人たちが自分と同じなのだと思っていると、そこにさおりがやってきた

礼子はさおりが自分の幸せを奪った奴だというと、その会の人たちはさおりを様づけで呼んだので、礼子は病院の取り巻きたちと同じだと感じた

それで礼子はさおりに、また騙しているのかと叫んでも、会の人たちはさおりに助けられたと口々に言った

礼子は戸田のことを言い出すと、さおりは自分も戸田に拒絶されたというと、家の元持ち主の老婆からこの家をもらったと言った

しかし礼子は殺したのではないかと疑ったので、さおりはそんなことをするくらいなら老婆と一緒に死んでいたと答え、礼子に家の外に戻るのか迫った

礼子はやはりさおりに騙されるかもしれないと思いつつも、自分が拒絶されたくない気持ちが勝ってしまい、このままこの家にいると答えてしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

自分に反発する礼子を信じさせるため顔を傷つけるさおり

礼子は会の人たちが集めてきた廃棄食品を食べないか誘われたが、自分は拒食症だと答えると、それなら無理しなくていいと言われた

その言葉が新鮮に聞こえた礼子は、やっと自分が安心できる場所が見つかったのかもしれないと思った

それでも礼子はさおりが美人で傷つける側の人間だと思い、なんとかそれをやめさせたいと思うようになった

夜になって礼子は、さおりにこの家に人を集めている本当の理由を訊ねると、さおりは自分は礼子を騙してはいないと答え、礼子が病気から立ち直るために自分を利用しようとしていたから、戸田を奪おうとしたのだと言った

その言葉に反発した礼子はさおりのせいで病気が再発したというと、美人なさおりは自分と違って何でも持っていると言った

しかしさおりは自分も礼子と同じだというと、自分の顔を傷つけながら自分も礼子の仲間なのだと言ったので、礼子はつい自分たちは一緒だと言ってさおりの手を取ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

洋子に結婚式のスピーチを頼まれる礼子

それからさおりは、今度は礼子に対して子供のように甘えるようになった

それで礼子は今度は自分がさおりの母親のような気分になりながら、さおりと道を歩いていた

するとそこに洋子が現れたので、礼子は今はさおりたちの仲間と一緒に暮らしていると言った

しかしさおりは洋子は仲間じゃないというと、家には入れないと言った

それで洋子は戸田も心配しているというと、さおりはこのままだと礼子が盗られると思い、洋子たちに関わると自分たちは傷つけられてしまうと礼子を引き止めた

その様子を見た洋子は、一旦引き下がることにして、礼子にお願いがあるから連絡して欲しいと伝え、その場から去っていった

さおりは礼子に洋子には連絡しないように釘を刺したが、やはり礼子や戸田を失いたくなかった

それでさおりが病院に行った際に、洋子に電話をかけてみた

洋子は礼子に中山と結婚するというと、結婚式で友人代表としてスピーチして欲しいと頼んだ

洋子との電話を終えた礼子は、スピーチして洋子の幸せを祝ってあげたいと思っていると、そこにさおりが戻ってきた

さおりは礼子が裏切ったというと、礼子は洋子は自分の初めての友達で、結婚式のスピーチに行きたいというと、そんな礼子にさおりは礼子は友達じゃないと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

礼子が洋子の結婚式に向かうと家に火を放ってしまうさおり

礼子はそんなことがあっても、やはり洋子の結婚式に行きたいと思っていたが、さおりは洋子の結婚式にハロウィーンパーティーをぶつけてきた

さおりは戸田や自分の両親も呼んでいて、礼子にはお揃いのドレスまで用意してくれた

それでも礼子はやはり洋子の結婚式に行くというと、スピーチが終わったら戻ってくると言って洋子の結婚式へと向かったが、さおりはもう失うのはたくさんだというと、仲間と逝くといいながら家に火を放った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

痩せ女~幸せのサプリメント~の続きはコチラ👇

「痩せ女~幸せのサプリメント~」15~16巻を読んでみた感想

戸田の家を飛び出してしまった礼子ですが、今度はホームレス生活をしていました

そんな礼子は捨てたモノを拾って生活する会の家にやってきたましたが、その会はさおりが作った会でした

短時間でそんな会を作れるさおりはある意味スゴイ奴ですが、やはり心は病んだままでした

なぜか執拗に礼子に執着していて、洋子から結婚式のスピーチを頼まれた礼子を引き止めようとしていましたが、どうしてなんでしょうか

もしかしたらまだ人の心が残っている礼子が、ある意味羨ましいのかもしれません

礼子はやはり洋子の結婚を祝いたくて結婚式に向かいましたが、その直後にさおりは家に火を放ってしまいました

このままさおりは信者の人たちや両親を道連れに焼け死んでしまうのかはまだ分かりませんが、それでもしさおりが死んでしまったら、礼子はまた精神はまた崩壊してしまいそうですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-痩せ女~幸せのサプリメント~