快楽殺人姫 21~30巻(おまとめ版) ~英児にお尻を5時間犯され続けた後に殺して快感を覚えてしまう結愛 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『快楽殺人姫』21~30巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『快楽殺人姫』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『快楽殺人姫』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

『快楽殺人姫』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

 

「快楽殺人姫」21~30巻の簡単なあらすじ

高雄にアイスピックを突き刺すルミカ

ルミカが高雄に結愛が殺しを持ちかけたことを話してしまったので、高雄は結愛を拘束してルミカに棒で殴らせ理由を吐かせようとしていた

高雄は結愛が組長の女だと勘違いして、結愛の首を絞め始めた

すると結愛は高雄にあの時もこうやって首を絞めたと言ったので、高雄はようやく結愛のことを思い出した

 

結愛は高雄に自分が朝までに帰らないと、仲間が警察に通報すると嘘をついた

そして結愛はルミカに高雄は自分たちを拉致って監禁レイプしたことを話した

すると高雄はルミカにアイスピックを使って、仲間の居場所を聞き出すように要求したが、結愛は拉致ってレイプしたことを知ったルミカは殺されてしまうと言った

結愛はルミカはただの金づるでしかないというと、高雄はルミカを愛してなんかいないと言ったので、ルミカはアイスピックを高雄に口に突き刺してしまった

 

結愛を助けたいというルミカ

それでも高雄はルミカの目玉を潰そうとしたので、結愛が体当たりしてルミカを助けた

ルミカが高雄にどうして子供を堕ろさせたのかと言っていると、高雄は刺さっていたアイスピックを抜いてしまった

そして高雄はアイスピックを結愛の胸に刺しながら、仲間の居場所を吐かせようとしたが、血が口から噴き出してしまった

結愛は高雄に英児と将がどこにいるのか聞いていると、ルミカは高雄を殴ってトドメを刺してしまった

 

結愛はルミカに高雄にレイプされたと話すと、一緒にレイプされた加奈も婚約者の元に帰るために諦めていなかったと言った

だからコイツらを殺さないといけないのだと呟く結愛を見て、ルミカは自分も殺される対象なのかと訊ねた

そんなことはないという結愛に、ルミカは高雄との関係を知っていて自分に近づいたのかと聞くと、結愛はそうだと答えた

結愛は高雄を殺す前にルミカを離すつもりだったというと、ルミカは結愛を助けたいと言いだした

結愛はそれでもルミカに逃げるようにいうと、高雄に刺さったアイスピックを抜いて証拠隠滅を図りだしたが、ルミカはそれを手伝ったが結愛は複雑な心境だった

 

⇒『快楽殺人姫』の無料試し読みはコチラ👆

 

結愛を英児に紹介するルミカ

二人はとりあえずルミカの部屋に行って休んでいると、そこに高雄の舎弟の竜也がやってきた

高雄が来ていないかと竜也は訊ねたので、ルミカは高雄は自分の部屋をメチャクチャにして形見の指輪を持っていったと答えた

竜也はルミカの殴られた痕を見て、高雄は一人で高飛びしたのかもしれないと言った

そして部屋を去っていた竜也の車に乗っていたのは、なんと英児だった!!

 

英児はルミカのいる店にやってくると、竜也にルミカにアナルセックスをさせろと要求した

竜也は脅されたこともあり、ルミカを英児に差し出してしまった

ルミカは英児とアナルセックスして感じてしまったが、またヤろうという英児に結愛を紹介した

 

英児に首絞めアナルセックスをされて快感を覚えてしまう結愛

結愛は英児とラブホに行くと、英児は結愛に服を脱ぐように要求して、立ったままアナルにアソコを挿した

英児はバイアグラを飲みながら、結愛のお尻を5時間も犯し続けた

それでも結愛は声をあげなかったので、英児は今度は首絞めアナルセックスをし始めた

絶頂に達した英児の首に結愛はアイスピックを突き刺すと、今度はアゴの下からも突き刺してトドメを刺してしまった

 

結愛は心配して電話してきたルミカに、絶対に電話してくるなと言ったはずだと言った

電話を終えた結愛は証拠隠滅を図り、英児の死体を大きなトランクに入れてシャワーを浴び始めた

結愛は加奈に英児を殺ったと呟きながら、アナルセックスの快感や英児を殺したときの快感に震えていた

 

⇒『快楽殺人姫』の無料試し読みはコチラ👆

 

ルミカと別れてしまう結愛

数日後、英児の死体は見つかってニュースが流れていたが、結愛は残る将を殺さないといけないと思っていた

結愛は将が大阪にいるので、デリヘルをして金を稼いでいた

その頃、ルミカは竜也が新しい店出すので、そのママになって欲しいと頼まれていた

それでルミカは部屋に戻ってくると、結愛に大阪行きを止めないかと言い出した

ルミカは結愛に東京で、ちゃんと下準備したほうがいいと言っていると、竜也から電話がかかってきた

竜也はルミカにママの話がしたいのですぐに来て欲しいと言ったので、ルミカはまたすぐに出かけていった

 

ルミカは竜也にブランド品のドレスも買ってもらい、もうママになる気満々だった

しかし竜也は英児の仲間の半グレたちが、殺した奴を血眼になって探していると言ったので、ルミカはヤバいと思ってしまった

部屋に戻ったルミカは、荷物をまとめて部屋を出ていこうとしていると、そこに結愛が戻ってきた

ルミカは知り合いのところにしばらく泊まるのだと嘘をついたが、結愛は竜也の店のママになるのだろうと言いだした

 

ルミカはそれで精神的に追い詰められてしまい、もう竜也に本当のことを話すしかないと思った

それで竜也に話し出そうとしていると、結愛が現れた

ルミカは竜也のことを結愛に話したことがないはずだと思っていると、結愛は急な出張が入ったので大阪行きのチケットを二人にプレゼントすると言った

そしてルミカにチケットを渡した結愛は、二人にお幸せにと言って去っていってしまった

 

エイジの働くコンビニで働き始めた結愛

ルミカと別れてまた一人になった結愛は、英児の仲間の半グレたちが自分を探していたので、名前も変えて変えてコンビニで働き始めた

そこで働いていたエイジは、髪もボサボサで愛想も悪く結愛はイラッとしていた

夜の道を歩いていた結愛は、つい赤信号で道に飛び出してしまい、それをエイジに助けられた

しかし将を殺せない苛立ちで、結愛はついエイジに身だしなみがなっていないと八つ当たりしてしまった

 

するとエイジは髪を切ってきて、接客態度も結愛の言うことを聞いて改めてくれた

そしてエイジはクリスマスの日に、バイトを終えて帰ろうとする結愛に、一緒にケーキを食べようと誘ってきたのだった

 

⇒『快楽殺人姫』の無料試し読みはコチラ👆

 

「快楽殺人姫」21~30巻を読んでみた感想

結愛はルミカを仲間に引き入れ、高雄や英児を殺すことに成功しました

ルミカは高雄を殺したときは、自分から結愛を助けたいと言っていましたが、竜也にママにならないかと言われ結愛とは離れてしまいました

ルミカも高雄を殺しているので、すぐに喋ったりはしないはずですが、刑事がやってきたら白状してしまうような気がします

でも結愛は誰でも殺したいわけではないので、結愛は殺しませんでした

結愛がセックスで男を殺してしまうようになったのは、英児にまたアナルセックスを5時間もされて、その上に首絞めアナルセックスをされてことが原因でした

どうやったら治るのかは分かりませんが、一度覚えてしまった快感は忘れることが難しいので、やはりエイジとセックスするのは無理かもしれませんね

お話はエイジとの出会いのところまで戻ってきましたが、結愛はこれまでレイプした奴らの復讐ばかり考えていました

それがエイジとの出会いで変わりつつありますが、半グレたちや警察も犯人を捜しているので、二人が付き合い続けていくのは難しいでしょうね

 

>>『快楽殺人姫』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『快楽殺人姫』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『快楽殺人姫』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『快楽殺人姫』を実際に読んでみましょう!

 

-快楽殺人姫

© 2021 まんがコミック大好き日記