指輪という枷を外す時 11~15巻 ~真帆がコッソリ正社員登用試験を受けようとしていたことを知ってスーツに精子をぶっかけ潰してしまう貴文 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『指輪という枷を外す時』11~15巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きで『指輪という枷を外す時』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「指輪という枷を外す時」11~15巻の簡単なあらすじ

真帆に離婚も視野に入れるべきだという店長

真帆は1年前、貴文の実家に行っていた

貴文の母親は病院の検査結果は出たのかと訊ねてきて、明らかに真帆に不妊の原因があると言いたげだった

そして貴文の母親は、貴文の父親にどうして子種のない女を選んだのかと電話しているのを聞いても、真帆は自分が原因だということができなかった

家に帰っても貴文は、義母が悲しむから自分が原因だと言っていないと言って、治療を頑張ると言ってきた貴文に真帆は強く言えなかった

そのことを思い出して憂鬱な気持ちになっていた真帆に、店長は正社員登用試験を受けてみないかと言ってきた

店長は貴文との生活がキツイなら、離婚を視野に入れて行動すべきだというと、楓もアテにはならないはずだと言った

そして店長は、真帆にいつでも相談に乗るというと、自分が真帆を支えてあげれると言って去っていった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

スーツに精子をぶっかけ面接を潰してしまう貴文

真帆は楓に電話して正社員登用試験のことを話すと、楓はスゴイと言って喜んでくれた

楓の言葉で真帆は正社員登用試験を受けてみようと思い、店長からもとりあえずコッソリ試験を受けたらいいと言われたので、スーツを買わないといけないと思った

自分が貴文の機嫌をうかがっていたと気づいた真帆は、意を決してスーツを買いにお店に入っていったが、その様子を貴文に見られてしまった

面接が急に明日に変わってしまった真帆だったが、その電話のせいで貴文に出す魚が焦げてしまった

それで貴文はワザとしているのかと思ってしまうと、いきなり明日に病院へと一緒に行こうと言い出した

真帆は仕事があると言って断ろうとすると、貴文は大声をあげてしまったが、それでも真帆は言うことを聞かなかったので何かおかしいと思った

すぐに貴文は真帆の持ち物を調べてみると、正社員登用試験の案内を見つけたので、その案内を持って寝ていた真帆に詰め寄った

急に起こされた真帆は、自分が認められたからだというと、貴文に自分を応援して欲しいというと寝かせて欲しいと頼んだ

しかし翌朝、真帆が目を覚ますともう貴文は起きていて、なんと真帆が買ったスーツには精子がぶっかけられていた!!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

真帆を励まし野外セックスする楓

仕方なく真帆は面接をキャンセルしていると、楓が電話をかけてきたので、面接に行けなくなったと言って泣き出してしまった

それで楓は家に駆けつけてきてくれて、真帆を抱きしめてくれた

そして楓は真帆を外に連れ出すと、山を登り始めた

山頂へとやってくると、そこからはキレイな海が見えて真帆は一気に気分が晴れる気がした

そして楓はチャンスは一度きりじゃないと言って励ましてくれたので、真帆は自分が貴文の言葉に縛られていたのだと気づいた

楓は真帆に髪はもっと短いほうがいいというと、真帆はボブにしたかったのだと答えていると、楓は真帆にキスしてきた

そして楓は誰もいないからというと、そのまま真帆と野外セックスし始めた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

正社員登用が決まった真帆を家にいろと責め立てる貴文貴文

真帆はバイトに行くと、店長が貴文が勝手に真帆がバイトを辞めたいと電話してきたと言ってきた

そして店長は貴文が、真帆をずっと鳥籠に入れて愛でていたいのだというと、真帆はそんなのは嫌だと言った

真帆は自由になりたいと思いながら仕事をしていると、一人の男性がペンを忘れた様子だったので貸してあげると、なんとその男性は社長だった!

そのまま社長は真帆を面接してくれて、その場で真帆の正社員登用が決まった

しかし店長は、真帆の正社員登用が決まれば真帆は自分から離れてしまうので、このまま身を引けないと思ってしまった

真帆は正社員になれたと喜びながら家に帰ると、貴文はちゃんと仕事を辞めたのか聞いてきた

真帆は明日も仕事に行くと答えると、貴文はどうして自分のいうことを聞けないのかと言って、真帆を壁に押し当て家にいるべきだと責め立てた

楓は真帆の仕事がどうなったか気になったので、真帆に電話すると出たのは真帆ではなかった

そして電話の相手は男だというと、そのまま電話を切ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

「指輪という枷を外す時」11~15巻を読んでみた感想

真帆は貴文の呪縛から逃れようとして、正社員登用試験を受けようとしましたが、貴文は真帆が買ったスーツに精子をぶっかけてチャンスを潰してしまいました

でも真帆が真面目に仕事をしていたので、それを社長に認められて正社員になることになりましたが、貴文は当然それを認めようとはしていません

それに店長も最初は真帆に正社員になることを勧めていましたが、いざ正社員になることが決まると、真帆がいなくなるので引けないと思い始めています

もしかすると正社員になる話を潰してしまう可能性も出てきましたね

そうなると今のところは真帆が頼れるのはやはり楓ということになりますが、楓はまだ大学生ということもあるので素直に頼れないところがあります

最後にはとうとう貴文にバレてしまったようだったので、これから楓と貴文の戦いが始まりそうです

いくら夫婦関係がおかしくなっているとはいえ、やはり不倫していることには変わりがないので、真帆や楓にとってはかなり不利な状況になりそうですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-指輪という枷を外す時