「子供を殺してください」という親たち 11~20巻(おまとめ版) ~ヤリマンえりかに捨てられストーカーになった由伸の心の防波堤になって欲しいと両親に頼む剛 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『「子供を殺してください」という親たち』11~20巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『「子供を殺してください」という親たち』は合冊版でebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「「子供を殺してください」という親たち」11~20巻の簡単なあらすじ

ヤリマンえりかに捨てられストーカーして殺そうとしていた由伸

由伸は後輩で元カノのえりかをストーカーして刃物を向けてしまったので、両親は剛の事務所に面談を受けていた

由伸は8ヶ月前にえりかから声をかけられ好きになると、コクって付き合い始めた

しかしえりかはしばらくすると、由伸をフッてしまったが、由伸はえりかに約束を忘れたのかと掴みかかりケガをさせてしまった

その上に由伸はえりかが新しい男を見つけると、えりかを尾行して刃物を向けたので、大学も退学処分になってしまった

示談になったので逮捕は免れた由伸だったが、その後もえりかをストーカーし続けた

このままだと由伸はえりかを殺しかねないので、父親は剛につい自分が殺してしまえばいと口にしてしまった

剛は両親の話を聞いて、由伸はえりかとセックスしていたか訊ねた

分からないといく父親に、剛は由伸はえりかに性的な恨みを持っているだろうと話した

剛はあかねが撮影した由伸の映像を見て、これは本当に人を殺しかねないと思った

それで剛は由伸の友人に会うと、友人は由伸のことを心配していた

由伸は元々普通に見える男の子で、ヤリマンのえりかに捨てられた後からおかしくなっていた

昔の家族写真を見ていたあかねも、由伸の家族は普通に見えると言ったが、実際には由伸は両親は田舎から都会に出てきて、ずっと必死に働いていた

それで田舎にいたときより由伸に構えなくなっていた両親は、何か大切なものを見落としていたのだ

剛は由伸を助けてやりたいという父親に、今は医療の力に頼らないといけないというと、何かあったら警察にも通報するようにアドバイスし、由伸のこころの防波堤になるように頼んだ

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

治療を受けて立ち直った由伸

なんとか由伸を受け入れてくれる病院が見つかったので剛は由伸の部屋にいくと、由伸は本気でえりかを殺すつもりだったと言った

そんな由伸に剛は人殺しはいけないと言っても、由伸はえりかを殺すと言い続けた

すると母親が由伸を引っ叩くと、由伸に立ち直ってもらいたいのだと言って泣き出してしまった

そんな母親を見た由伸は、ようやく病院に行くと言ってくれた

由伸の移送を無事に終えた剛は、両親の立ち会ってもらって由伸のスマホの中を見てみた

するとえりかは、自分が裏切ったら死ぬと由伸に送っていた

そのメッセージを読んだ剛は、えりかは由伸の心を操っていたのだと話すと、両親はこれからは由伸と本気で向かっていくと言ってくれた

その後、由伸は病院を退院してアルバイトを経た後、正社員にもなることができた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

薬物依存症で突然死してしまった清

清は昔は親の金を使って豪遊し、薬物に手を出し薬物依存症になっていた

しかし親の会社は倒産してしまい、親は介護が必要なので施設に入っていた

清の兄は剛に限界だというと早く清は死んで欲しいと言ったが、剛は年金をもらうために清を躁鬱病ということにしている兄に、ちゃんと薬物依存症の治療をする必要があると言った

家族にとって清は邪魔者でしかなかったので、弟は清に何の連絡もせずに引っ越してしまった

それでも剛は清を見捨てず会いに行くと、清は一人暮らしをしたいと言いだしても、剛は薬物依存だということを認めていないと言ってまだ無理だと答えた

清は今度は温泉旅行に行きたいと言いだしても、剛はリハビリするため施設に入らないといけないと言った

そして剛は結婚したいという清を病院へと連れていくと、長生きするように言って別れた

しかし1ヶ月後、なんと清は死んでしまった

家族は清の葬儀にやってくると、清が死んでよかったと言った

火葬場の煙突から出てくる煙を見ながら、剛は清の人生はさみしいものだったと呟いた

薬物のせいで清の骨はほとんど残らず、清の所有物も家族は処分すると言ったので、剛はCDを譲ってもらった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

知記の移送を勝手にキャンセルしてしまう父親

知記はキャリアアップしたいと言って役所を辞めてしまった

そして再就職もできずに引きこもってしまうと両親にキレるようになったので、殺されると思った両親は車上生活をするようになっていた

知記の状態を聞いた剛は精神疾患の可能性があるというと、母親は元に戻らないのかと言ったので、剛は今はそんな段階ではないと言った

父親は再就職するように説得して欲しいと言い出したので、剛はそんなことをすれば更に知記を追い込んでしまうと答えた

剛はこの両親はくせ者だと判断して、あかねに公的機関を介入させるように言っていると、父親が電話をかけてきた

父親は剛が両親が知記を追い込んだのだと言ったことが気に入らないというと、移送もキャンセルして相談料も返せと言った

そんな父親との電話を終えた剛は、こうやって知記は振り回されてきたのだろうというと、可哀想だと言って、これで自分は知記を助けられなくなったと嘆いた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

引きこもった美佐子の状態を知りながら放置し剛の責任だと罵る父親

剛は美佐子の父親から、心を病んで引きこもっている美佐子を病院へ移送して欲しいと依頼を受けた

両親との面談の映像を見ていた剛は、父親が身勝手な奴だと感じていた

美佐子のいるマンションに行っても中に入れなかったので、保健所に自宅訪問を頼むことにした

母親と保健所に行こうとすると、母親は大げさにしたくないと言いだしたので、剛はそんなことだから美佐子は一人で苦しんでいるのだと言った

母親と保健所に行くと、職員は移送は家族がいれば家族にしてもらうと主張したので、剛はそれができないから依頼に来たのだと説明した

それでも職員は移送をしたがらないので、剛は居宅訪問をするように頼んだ

そして職員たちと居宅訪問すると、職員たちは美佐子の反応がないので手紙を投函して帰ろうとし始めた

それで剛は職員たちに、移送に同席するように強引に頼むと、法律はあっても行政にヤル気がないと嘆いた

移送の日になったが、なんと美佐子の父親は保健師が来ることを勝手に断っていた

そして異臭のする部屋にチェーンを切って入ってみると、なんと部屋の床一面にティッシュが山積みになっていた!

部屋の奥から美佐子の声がしたので、ティッシュの山をかき分けながら奥へと進むと、太って虚ろな目をした美佐子は犯されると呟いた

それで剛は警察と救急隊を呼ぶと、やってきた警察に母親は4年間部屋に入らず、週一で食べ物やティッシュを部屋に入れていたと答えた

すると父親は4年間も美佐子の状態を知りつつ放置していたくせに、剛を殴って剛の責任だと言って訴えてやると罵った

父親は警察に取り抑えられ、剛は下の階の住人の話から両親は美佐子の状態を完全に知っていて騙していたと知った

剛は美佐子が恋人を別れてしまってこうなってしまったのかと思っていると、そこに美佐子の父親が依頼した弁護士から電話がかかってきた

弁護士は剛に損害賠償請求してきたが、剛は美佐子の状態を話し、美佐子の両親のほうが罪に問われる案件だと話すと、弁護士はちゃんと料金を払うと答えた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

剛の事務所を辞めようとするあかね

美佐子の案件はあかねが持ち込んだものだったので、あかねは剛の事務所にいられないと思い退職届を書いていた

剛はあかねの書いた退職届を見つけ、今回の件は父親が美佐子を厄介払いするために頼んできたのだと話すと、結果的には美佐子の治療につなげることができたと言ってあげた

あかねも昔は美佐子のように心を病んで、剛のおかげで立ち直った一人だった

そんなあかねに剛は美佐子もあかねのように元気になって欲しいというと、事務所に戻ってきて欲しいと言ったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

「子供を殺してください」という親たちの続きはコチラ👇

「「子供を殺してください」という親たち」11~20巻を読んでみた感想

由伸はえりかに捨てられてストーカーになっていましたが、それだけが原因ではありませんでした

両親が地方から都会にやってきて、それで必死に仕事をしていたので由伸は構ってもらえず心のどこかに隙間が出来ていました

恐らく両親も新しい環境に馴染んでいくことに必死だったのだろうと思いますので、仕方がないところもあるでしょうね

でも両親もそれに気づいて由伸に寄り添ってくれたので、まだ薬を飲まないといけない状況ですが、仕事もちゃんとできるように立ち直ることができました

それに引き換え知記の両親や美佐子の両親のように、ちゃんと子供に向き合おうとしない両親だと、立ち直る可能性があっても治るきっかけをなくしてしまいます

清の家族のように完全に見捨ててしまうと、心身共に壊れてしまってもう悲惨な人生しか残りません

でもダメな親にどんなことを言っても無理なので、やはり行政などがキチンとしないといけませんが、美佐子の件の保健所の職員のようにヤル気のない職員も多いので、日本では引きこもりの子供などがたくさんいるのでしょうね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-「子供を殺してください」という親たち