幸福は不幸の種 11~15巻(おまとめ版) ~文を殺していることを知りながら咲子と結婚していた竹尾 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『幸福は不幸の種』11~15巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『幸福は不幸の種』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「幸福は不幸の種」11~15巻の簡単なあらすじ

さくらを連れ去ってしまうひまり

ひまりはさくらを連れ去ろうとしたが、咲子はなんとかさくらが連れ去られるのを阻止できた

ひまりが現れたのでさくらはまた怯え始めたが、咲子は自分が守ると言ってあげた

 

仮釈放になっていたひまりは、またさくらを連れ去りにやってくるだろうと思った咲子は、今度は消してしまうつもりだった

その頃、ひまりは詐欺師の須藤に咲子の過去を調べさせていた

それで咲子に関わった人たちは死んでいたことを知ったひまりは、宗助も咲子が殺したのだと気づいた

 

ひまりはさくらのいる学校へ行くと、さくらにこれまでのことを謝り、さくらを油断させた

そして咲子は人殺しだというと、さくらはとうとうひまりについていってしまった

 

さくらを殺そうとするひまり

竹尾はひまりにホテルへ来るように要求されたので、それを咲子に伝え家にいるように言った

ホテルへやってきた竹尾に、ひまりは咲子の過去の報告書を渡した

それで竹尾はショックを受けるだろうと思っていたが、竹尾は平然としていたので、ひまりはさくらを監禁している別荘へと向かった

 

須藤はさくらの虐待の痕を見て、ひまりはヤバい奴だと思っていた

須藤がさくらにプリンを与えていると、そこにやってきたひまりは須藤にさくらを殺すように要求した

だが咲子は、ひまりを尾行して別荘にやってきていて、別荘のブレーカーを落とすと須藤を殺して襲ってきたひまりを…

 

⇒『幸福は不幸の種』の無料試し読みはコチラ

 

咲子が文を殺していたと知っていた竹尾

やっとさくらは咲子のことをママと呼ぶようになった

しかし竹尾は、松原に話を聞きに行っていた

松原は咲子を殺したいと言ったが、もう末期がんで竹尾に自分の伝えられてよかったと言った

 

竹尾は松乃から性的虐待を受けていたので、女性を嫌悪していた

結婚する気はなかった竹尾だったが、文を紹介された竹尾は文を守ってあげたいと思うようになった

その後、父親の勧めで文と婚約した竹尾だったが、文は幸子が友達になったと言ったが、その時の竹尾は全く関心がなかった

 

しかし文は、夏や松原のことを竹尾に相談してきて、胸騒ぎを覚えたので幸子に会うためプールへ行くと、プールで文が死んでいた

そして竹尾は文の葬儀で、幸子が笑ってザマアミロと言っている姿を目撃してしまった

 

竹尾に顔を切られ姿を消してしまう咲子

大人になった竹尾は、彩花に食事に誘われると咲子を紹介された

咲子はそのとき不気味な笑顔を見せたので、それで竹尾は文の葬儀のときの幸子の顔を思い出し、その後に彩花の死体が発見されてしまった

 

竹尾は咲子に何人人殺しをしたのか聞くと、文が死んでいたプールに咲子を連れてきた

咲子は文たちをどうやって殺したのかを話すと、親もお小遣いをくれなかったから殺したのだと話した

竹尾は里親も殺した理由を訊ねると、咲子は整形代を出さなかったからだと答えた

 

そんな理由で殺したのかと竹尾が驚いていていると、咲子は整形した医者も殺したと明かすと、抜け駆けして竹尾を奪おうとした彩花も殺したと言った

咲子はさくらをいる生活を竹尾が怖そうとしていると言いだしたので、竹尾は咲子の正体をさくらが知ったら悲劇が起こってしまうと言った

 

咲子は自分は竹尾のために松乃を殺し、セックスもしてあげたと言いだしたので、竹尾は咲子が文を殺したので、自分は文と結婚できなかったのだと言った

すると咲子は自分が桔平の父親に買春されていたときに、竹尾は文をセックスしまくっていたハズだと言いだした

それに怒った竹尾は、咲子に文に謝罪するように求めた

 

しかし咲子は竹尾に反撃して足を刺したが、そこにさくらがやってきた

その隙に竹尾は咲子の顔をナイフで切り裂くと、咲子はプールに飛び込み姿を消してしまった

 

それでまたさくらを閉ざしてしまった

仕方なく竹尾はさくらを武道の家に預けた

そして、さくらに声をかけてきたのは…

 

⇒『幸福は不幸の種』の無料試し読みはコチラ

 

「幸福は不幸の種」11~15巻を読んでみた感想

竹尾は咲子が文殺しの犯人だと知って、咲子と結婚していました

咲子が何人もの人を殺していたことを知っていながら、あれだけ普通に過ごしていたのはある意味スゴイですね

普通の人なら咲子をすぐに警察に突き出すか、殺してしまうでしょうね

竹尾は咲子に自分のやった罪の重さを気づいて欲しかったのだと思いますが、最後まで咲子は自分がどれだけ悪いことをやったのか理解することはありませんでした

でも咲子は幼い頃から親に売られ、桔平の父親に買春されていたので、それで心が歪んでしまったのでしょう

そう思うとやはり小さい頃の生活環境が、その後の人生にも大きく影響を与えてしまうのだと思いました

また最後に咲子は、さくらに近づいていましたが、さくらはどうなってしまったのか、とても気になる最後でしたね

 

>>『幸福は不幸の種』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『幸福は不幸の種』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『幸福は不幸の種』を実際に読んでみましょう!

 

-幸福は不幸の種

© 2020 まんがコミック大好き日記