ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 11~20巻 ~自分だけがカズに子どもがいたことを知らなかったのかと知って愕然となり家を出ていってしまう爽 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 』11~20巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」11~20巻の簡単なあらすじ

カズに子どもがいると言い出す瑠衣

瑠衣から別れようと言われても、カズはもう一回だけと言って瑠衣とセックスしてしまった

カズが帰宅すると爽は瑠衣の写真を見せたが、カズは証拠がないと言いだしたので、爽はブチ切れてしまった

カズは瑠衣とは別れたと言って抱きしめようとしたが、爽はカズを突き放しながら母親と一緒だと思ってしまった

 

爽は翌日、仕事に出かけようとして家を出ると、なんと瑠衣が待ち伏せしていた

そして瑠衣は、カズには子どもがいると言いだした!!

 

父親になりたくないと思っていたカズ

カズは厳格な父親の元で育ち、言いなりに生きてきた

父親の会社に就職したカズだったが、父親から離れるために家を出た

これでやっと父親と離れられたと思っていたカズだったが、父親は会社の上司の娘との見合いを仕組んでいた

 

それを断れずに結婚したカズだったが、母親と同じで言いなりな妻が嫌で不倫していた

子どもが生まれてもうれしくなかったカズだったが、今度は母親がカズの不倫を調べていた

そして母親は自殺未遂を起こしてしまい、何もかもが嫌になったカズは、離婚して仕事も辞めてしまった

 

そんなカズは爽と知り合うと、爽はカズには理想の女性に見えた

爽と結婚することになったカズは、爽は子どもを欲しがっていなかったので、幸せだと感じていた

しかし爽が子どもが欲しいと言い出したが、カズはもう父親にはなりたくないと思っていた

そこに瑠衣が現れて、カズは瑠衣にハマってしまったのだ

爽は置き手紙を残して家を出ていってしまったが、カズは不倫を知って自分にぶつかってくる爽のほうが…

 

⇒『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』の無料試し読みはコチラ

 

仕事でミスを連発する爽

会社に出社した爽だったが、結から無視されてしまった

どうして瑠衣は自宅を知っていたのかと思うと吐いてしまった爽は、若菜を呼び出カズの子どものことを聞いてみた

すると若菜はカズに子どものことを知っていたので、爽は自分だけが知らなかったのかと愕然としてしまった

 

帰宅した爽は、家の物をブチ撒けてしまったが、落ち着きを取り戻すと片付けた

そして置き手紙を残し家を出た爽は、龍から励ましてもらった

 

カズは瑠衣に爽と知り合いだったのかというと、泣き始めた瑠衣にカズは爽が家出したと言った

しかし瑠衣はカズが家を出ていくと、誰かに爽を居場所がなくなるまで追い込むとメッセージしていた

 

爽はそれから仕事で、ミスを連発するようになって怒られてしまった

秋山にそれを話すと、秋山はそれは偶然なのかと言ったが、爽は自分が抜けているだけだと言っていた

しかしそこに入院している母親が、自殺を図ったと連絡が入った!

 

秋山と一緒に病院にやってくると、母親は爽が持ってきたストールで首つりしていたが、助けられて鎮静剤で眠っていた

爽は秋山と海岸に行くと、カズから必要だというメッセージが送られてきた

それにキレた爽は、スマホを海に投げ捨ててしまったが、秋山は海に入って拾ってきてくれた

 

爽は高校時代に秋山と付き合っていて、秋山の子どもなら産んでもいいと思っていた

しかし母親は秋山と別れないと死ぬと言い出したので、爽は秋山に別れると言った

秋山はそんな爽の家の事情を知ってか、アッサリ別れてくれた

 

泣き始めてしまった爽を、秋山は抱きしめていたが、その頃カズはまた瑠衣の部屋に行くと、瑠衣にワインを口移しで飲ませていた

またカズは瑠衣とセックスしようとし始めたが、瑠衣はカズを引っ叩き、何も手に入らない人生だったと言った

そんな瑠衣の言葉を聞いたカズは、ピルはどこにあるのかと言って…

 

秋山の妻子と会って秋山に会うのを止めることにした爽

爽は買い物をしていると、秋山の子どもの蛍太を連れた秋山の妻と会った

爽が帰ろうとすると、蛍太は爽に抱きついてきたので、爽は秋山は妻子持ちなのだと実感した

帰宅した爽は、最近生理が来ていなかったので妊娠検査薬を使ってみたが、妊娠していなかった

そして爽は秋山に、もう会うのは止めようとメッセージを送ると、着拒していたカズの番号を解除した

 

カズに電話して呼び出した爽は、カズに離婚届を渡しながら子どものことを聞くと、カズは黙り込んだので本当なのだと思った

そしてカズは瑠衣と呼び捨てにしたので、まだ不倫しているのだと知った爽だったが、怒りを抑え込むために自分の手をフォークで刺した

そして母親とは違うと思いつつ店を出ていった爽は、自分にはもう誰もいなくなったと思った

 

⇒『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』の無料試し読みはコチラ

 

嵌められてしまう爽

爽は会社の送別会に参加したが、カズに離婚届を突きつけたばかりなので、飲み過ぎてしまった

酔い潰れた爽を、大学生の寺島が連れて帰るというと…

爽は目を覚ますと、ホテルで裸になっていた!!

 

爽が会社に出社すると、自分と寺島が写ったHな写真が貼られていた

それで爽は編集長に辞めると言いだしたが、編集長は爽にまずは休むように言った

 

編集長からとりあえず帰るように言われた爽だったが、そこに優希から電話がかかってきた

優希は不倫の暴露は爽じゃないと分かっているというと、カズの過去を話し自分の姉とも不倫していたと明かした

そんな爽に追い打ちをかけるかのように、瑠衣が不倫でボロボロだと会社に言えばいいのにと目セージが届くと、反対側のホームには瑠衣が立っていた

 

絶望していた爽は、お風呂で沈んで死んでしまおうとしていると、若菜が現れ助けだした

そして爽を引っ叩くと、バカ野郎と叫んだのだった

 

若菜は高校時代にはブスだと苛められていたが、爽の言葉のおかげで立ち直った

そんな過去のある若菜は、爽に自己否定するなというと、自分を信じて欲しいと言った

そして若菜は爽に、瑠衣はカズを単に手に入れたいだけじゃなく、何か爽に恨みがあるハズだと言った

 

秋山の妹だった瑠衣

爽は瑠衣のことを何も知らなかったが、黒塗り卒アルのことを思いだした爽は、瑠衣の通っていた高校に行ってみた

卒アルを発見した爽は、高校時代に秋山の家の食堂に行った際にいた、あの女の子が瑠衣なのだと知った

その女の子を秋山や父親は、あまり触れないで欲しいと言っていて、その上家族写真にも写っていなかった

 

瑠衣は秋山の店にやってきて秋山と話していたが、そこに秋山の妻が戻ってくると、爽の顔を見て動揺してしまった

そして秋山の妻が店から出ていくと、秋山が瑠衣に何かあったのかと聞くと、瑠衣は…

 

爽は秋山に会いたいとメッセージを送っていたが、秋山は既読無視していた

そこで爽は瑠衣のこと聞いてみると、秋山は大切な妹だと返信してきた

 

寺島は瑠衣と手を組んでいて、結を使って爽を陥れていた

瑠衣に寺島は、結はもう用済みだというと、まだ続けるのか訊ねた

すると瑠衣は…

 

⇒『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』の無料試し読みはコチラ

 

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~の続きはコチラ👇

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 21~30巻 ~弥生を捨てて自殺に追い込んだカズに復讐しようとする寺嶋 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」11~20巻を読んでみた感想

瑠衣は単にカズを手に入れようとしていた訳ではないようです

それにしても瑠衣は、爽の会社にいた寺島と手を組んでいて、寺島が結を誑し込んで利用して爽を陥れていました

瑠衣は爽に対して個人的な恨みがあるようですが、今までの爽を見る限りは、爽が瑠衣に何かをして恨まれた訳ではないでしょう

瑠衣は秋山の妹でしたが、秋山の家もワケあり家族で瑠衣は家族写真にも写っていませんでした

恐らく爽が秋山と付き合っていたことが、瑠衣にとっては嫌だったのだと思いますが、どんな理由で恨んでいたのかはこれから明らかになってくるでしょうね

 

>>『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』を実際に読んでみましょう!

 

-ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~

© 2020 まんがコミック大好き日記