妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~ 11~20巻おまとめ版 ~翼を高い高いして床に叩きつけようとしたり自殺の練習をし始める千夏 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~』11~20巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~」11~20巻の簡単なあらすじ

自殺の練習を始めてしまう千夏

退院することができた千夏は、悪夢を見る以外は薬でなんとか症状を抑えられていた

また入院したくない千夏は、あとは翼の世話をちゃんとできるようにならないといけないと思っていた

しかし翼の世話をするときぶんが悪くなってしまい、気を紛らわせるためにまんがを描いてみることにした

 

まんがを描いてみても上手く描けず、翼の鳴き声が聞こえてくると、千夏は義母に翼を貸すように言った

そして千夏は翼を、高い高いで床に突き落とすと言いだしたので、涼太はヤバいと思った

 

涼太は翼を自分実家に預け、千夏と自分たちの家に連れていった

それでも千夏の状態は良くならず、自分を出来そこないだと言いながら床に頭を打ちつけたりした

涼太は自殺だけは考えないで欲しいと言っても、とうとう千夏は涼太の見ていないところで自殺の練習を始めてしまった

 

自殺をしようとする千夏

自殺を決意した千夏は、涼太が出かけると遺書を書き、決めていたビルに向かい始めた

生まれ育った街を見ながら、千夏は自分は欠陥人間だと思いつつビルに到着した

そしてビルの屋上に登った千夏は、飛び下りるために手すりによじ登っていると、涼太から電話がかかってきた

 

電話に出た千夏は、涼太にありがとうというと風の音が聞こえたので、涼太は千夏が自殺しようとしていると気づいた

涼太は絶対に死なないでくれと叫ぶと、死ぬべきだという千夏にその場から離れるように言った

 

涼太はすぐにビルに駆けつけると、千夏を総合病院へと連れていき千夏の拘束も承諾した

閉鎖病棟へと戻ってきた千夏は、拘束されてしまったので、おしっこを出すための膀胱留置カテーテルとつけられてしまった

すると看護師は、生理が始まっていると言ったので、千夏はこんなボロボロの自分にも生理が来るのかと思ってしまった

 

⇒『妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~』の無料試し読みはコチラ

 

笹岡からデラタメをいうオオカミ少年だと言われてしまう千夏

出張中の宇田川が戻ってくるまで、千夏はすっと看護師を呼んでいたが、相手にされなかった

疲れきったからかやっと眠ることができた千夏に、笹岡が着替えを持ってきてくれた

千夏は笹岡に拘束具が気持ち悪いので、目隠しをして欲しいと頼んだが、笹岡の対応がやわらかだったので好印象を持った

しかしその後、なかなかやってこなかった笹岡がやっと病室に来ると、目隠しは出来ないと答えた

そして笹岡は、千夏はデタラメをいうオオカミ少年だから相手にしてもらえないと言い放った!

 

出張から戻ってきた宇田川は、千夏に自殺は愚かなことだと真剣に言ってくれたので、千夏は患者思いの医者だったのだと思った

宇田川は千夏が統合失調症ではないと判断して、薬を一旦減らして様子を見ると千夏に言った

 

男性看護師の言葉で体調が良くなり始める千夏

見舞いに来た涼太は、千夏に翼のお食い始めやお宮参りをすると言った

それを千夏は、一人の男性看護師に話してみると、その男性看護師は写真などではなくちゃんと一緒にいたほうがいいとアドバイスしてくれた

そして千夏は絶対治ると言った男性看護師は、治らなかったら丸坊主になると言ってくれた

 

その男性看護師の言葉で眠ることができた千夏は、それから次第に体の調子がよくなりはじめた

拘束を解かれた千夏は、デイルームで他の患者と会話することもできるまで回復した

しかしやはり翼の写真を見ると、千夏はゾクッとしてしまったので、看護師の高坂に相談してみた

高坂は暴露療法を勧めてくれたので、外泊許可の出た千夏は翼を抱いてみたが、やはり目の前がグニャリとなってしまった

 

⇒『妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~』の無料試し読みはコチラ

 

「妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~」11~20巻を読んでみた感想

千夏は自殺をしようとしましたが、涼太の電話のおかげでなんとか決行せずに済みました

あまり退院を急いでしまったので、それで精神的に負荷がかかってしまって、病状が悪化したのでしょうね

また閉鎖病棟に入れられてしまって、拘束されていた千夏に、看護師の箕岡はオオカミ少年だと言っていました

いくら変なことを言っていたりしている患者とは言え、やはり酷いことを言ってしまうと治るものも治りません

でもその後に千夏のことを気遣ってくれる男性看護師にで出会えたことで、千夏はまた回復し始めています

まだ翼の写真を見ても、体調が悪くなってしまっていますが、焦らず少しずつでいいので、翼のことを受け入れられるようになれるといいですね

 

>>『妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~』を実際に読んでみましょう!

 

-妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~

© 2020 まんがコミック大好き日記