死役所 11~20巻 ~沼池の死刑執行に立ち会い死刑制度に疑問を持ってしまった沼池に声をかける死刑囚のシ村 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『死役所』を11~20巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『死役所』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で、『死役所』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

🔻絵付きで『死役所』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

 

「死役所」11~20巻の簡単なあらすじ

 佐尾が遺書を渡してもネタだと思っていた高関

売れない芸人の佐尾は、相方の高関に突然遺書を手渡したが、高関はネタだとしか思っていなかった

そんな二人にデトコンの決勝戦に出ることができたので、高関は喜んでいた

佐尾は下痢だというと高関にトイレを借りて、自分は死んでしまうかもしれないと言いだしたが、それも高関はネタだと思い込んでいた

 

しかし佐尾は突然いなくなり、とうとうデトコン本番の日を迎えてしまった

会場でも高関は佐尾が来ていないか探していたが、見つからないので一人でやるとメールを送ったが、やはりそれでは意味が無いと思い棄権を考えていた

そこに車椅子に乗った佐尾が現れ、なんとか二人はデトコンに出ることができた

 

すぐに佐尾を病院へと連れていった高関は、遺書を読んで佐尾が死ぬと言っていたことが本当なのだと知った

佐尾は父親と同じ遺伝性の病気に罹っていて、治療法をない病気だった

佐尾は死ぬまで一緒にコントをしようと言っていたが、そのまま病気で亡くなってしまった

 

死役所にやってきた佐尾は、ハヤシが会いに来てもサッサと成仏していた

なぜなら佐尾は高関が…

 

⇒『死役所』の無料試し読みはコチラ

 

友達の理奈そっちのけでSNSにハマってしまう麻帆

死役所にやってきた麻帆は、自分が死んだ理由が分からないと言った

 

麻帆はスマホを親に買ってもらうと、SNSに夢中になってしまった

友達だった理奈といるときでも、理奈をそっちのでSNSに投稿していた

 

友達の理奈は警察の事情聴取で、あまり自分に構わずSNSばかりしていた麻帆を、驚かそうとして階段で押してしまったと話して泣いてしまった

そして麻帆がいつもやりとりしていた友達は、麻帆は空気が読めない奴だったというと…

 

急性アル中で死んでしまい死役所にやってきたミチル

ミチルは二十歳になったので、飲み会に行くと浴びるように酒を飲んでしまった

それでミチルは急性アルコール中毒になると、そのまま死んでしまった

しかし死役所にやってきた麻帆は、事故死ではなく彩に嫉妬されて殺されたのだと主張していた

そして事故死が受け入れられないミチルは、シ村から冥途の道行きの説明を受けると、死役所の中を見て回ることにした

 

⇒『死役所』の無料試し読みはコチラ

 

シ村に刑務官に向いていないと言われてしまった杉

するとそこに、死刑囚だったシ村を担当していた刑務官の杉が死役所にやってきた

杉は死刑囚をゴミ同然に扱う他の刑務官と違って、死刑囚のことをちゃんと人として扱おうとしていた刑務官だった

そんな杉は、死刑囚の沼尻の担当になったが、野菊を持っていって首を絞められてしまった

 

それでも杉は謝ってきた沼尻に、点字の翻訳をするように勧めたりしていた

しかし沼尻に死刑執行命令が出てしまい、沼尻は死刑執行に立ち会うことになってしまった

沼尻は執行前に沼尻にお礼を言うと、そのまま死刑を執行され死んでしまった

 

死刑を執行した杉は、死刑囚のシ村に自分も被害者だというと、シ村は杉は刑務官には向いていないと言った

杉はシ村の言っていたとおりに、刑務官の仕事への疑問を振り払えず仕事を辞めてしまった

死役所にやってきた杉は、ミチルにシ村は何かを隠しているように見えたというと、シ村にどんな犯罪を犯したのか聞いても、シ村は答えようとはしなかった

 

ヤク漬けセックスにハマり事故って死んでしまった千裕

専業主婦の千裕は、毎日がつまらなく蘭子のパーティーに参加してみた

そこでヤク漬けセックスにハマってしまった千裕は、それからも蘭子のパーティーに参加していた

だが蘭子が警察に捕まってしまって、千裕は焦ってしまった

気持ちを落ち着かせようとして、子どもを乗せて車を運転し始めた

しかしヤクのせいで子どもが警察に見えてしまい、千裕は事故って死んでしまった

 

死役所にやってきた千裕は、子どもがどうなったのか気にしていたが…

 

⇒『死役所』の無料試し読みはコチラ

 

父親を殺した花島に殺されてしまった眞澄

料理店店主の眞澄は、もうすぐパパになる予定だった

そんな眞澄はある日突然、店に現れた男に刺殺されてしまった

 

死役所にやってきた眞澄は、ミチルが自分を殺した相手が花島だと聞いてキレてしまった

なぜなら花島は、以前眞澄の父親を同じように殺していたからだった

眞澄は子どものことを心配して、なかなか成仏しようとしなかったが、やっと成仏してくれた

ミチルはシ村に、眞澄の殺された理由を聞いてみたが…

 

シ村が死刑囚になった理由を知ろうとするミチル

ミチルは冥途の道行きまであと3日になっていたが、シ村のことが気になって成仏していなかった

ハヤシが市役所職員は全員死刑囚だと言ってしまったので、それでミチルはシ村も死刑囚だったのだと知ってしまった

 

ミチルはシ村が死刑囚になった理由を知りたかったが、シ村は話そうとはしなかった

それでミチルは、死刑課にあるシ村の人生史を読んでみると…

 

⇒『死役所』の無料試し読みはコチラ

 

死役所の続きはコチラ👇

死役所 21~30巻 ~まりあがおじいちゃんの子どもだったことが気持ち悪くて浅井の子ども産んだと知って殺してしまう晴也 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「死役所」11~20巻を読んでみた感想

高関は佐尾が遺書を渡しても、最初はネタとしか思っていませんでした

でも遺伝性の病気だった佐尾は亡くなってしまいましたが、どうやら高関は一人でやっていけると思ってすぐに成仏したようです

それだけ相方のことを信頼していたのだと想いますが、高関もきっと佐尾の死を乗り越えて売れっ子芸人になれるでしょうね

シ村が死刑囚だった杉が死役所にやってきました

まだどうしてシ村が死刑になってしまったのかは判明しませんでしたが、最後にミチルがシ村の人生史を読んで泣いていたので、冤罪だった可能性が高いでしょうね

そうするとシ村が死役所にいる理由は、自分を死刑囚に陥れた奴がくるのを待っていて、復讐するつもりなのかもしれません

これからシ村の過去が少しづつ明らかになっていくと想いますが、いつかシ村も成仏できる日がやってくるといいですね

 

>>『死役所』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『死役所』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『死役所』を実際に読んでみましょう!

 

-死役所

© 2021 まんがコミック大好き日記