読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

父さんはひとごろし

父さんはひとごろし 7巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

「僕の父さんは殺人鬼かもしれない」

過去の連続殺人、身近で起きた猫殺し…

今まで過ごしてきた幸せな日常は全て偽りだったのか…?

彼女との初体験を経験し帰宅した主人公・駿は

少し過保護だが優しい父親といつも自分を暖かく見守ってくれる母親と夕食を囲み

満ち足りた日常を噛み締めていた

だが父親があるTV番組に釘付けになっていることに気付いてしまう

『目潰し連続殺人事件』かつて日本を震撼させた凶悪な少年犯罪の特集を観ながら

父は確かに笑っていた…

25年の沈黙を破り、惨劇の幕が再び上がる…

 

「父さんはひとごろし」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「父さんはひとごろし」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「父さんはひとごろし」の試し読みはコチラ♪

 

 

「父さんはひとごろし」7巻の簡単なあらすじ

雄吾に電話をさせる雅行

雄吾は戸叶に電話をかけた

そしてこの件から手を引こうという

殺されるという雄吾に、戸叶はやはり罠だったのかと言った

戸叶は雅行に引く気はないと伝言を頼む

 

雅行は雄吾の電話と奪い取り、戸叶に対応を誤ると死ぬと警告する

好きにしていいと答える戸叶

そして電話を切ってしまった

 

雅行は雄吾についていく上司を間違えたと言って縛り付ける

戸叶もサイコパスなのかもしれないと思う雄吾だった

 

野崎を人質に取られる駿

雅行が家に帰ってこなくて一睡もできなかった駿

そこに野崎がやってきた

まだ駿の身内に目潰し犯がいると疑っている

それにキレる駿に、野崎は自分がネコを殺したといった

 

そこに雅行が部屋に入ってくる

野崎は目潰し犯の当時の名前をいう

当時、野崎の母親は雅行と同じクラスだった

 

雅行は野崎に協力して欲しいと言って、人質にしてしまった

駿に戸叶を呼び出すように要求した

ガマンの限界だという雅行だった

 

自宅でスクープを掴んだことを喜んでいた戸叶

これでいいのだと思っているところに、電話がかかってきた

 

「父さんはひとごろし」7巻を読んでみた感想

雅行も酷い奴ですが、戸叶も雄吾を見殺しにしてとんでもない奴ですね

スクープを掴んで喜んでいますが、そこの気の緩みを雅行につけ込まれるかもしれませんね

これから雅行と戸叶の戦いになるでしょうが、どうなるでしょう

駿も野崎を人質にされています

それに雅行もガマンの限界に来ていると言っているので、命を狙われる可能性もあります

これから駿がどうなってしまうのか、とても心配ですね

 

「父さんはひとごろし」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「父さんはひとごろし」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「父さんはひとごろし」の試し読みはコチラ!

 

-父さんはひとごろし

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.