お別れホスピタル 5巻 ~大学に行くのをやめて傍にいたいというタカに行かなければ治療を止めると言い出す赤根 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『お別れホスピタル』5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きで『お別れホスピタル』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「お別れホスピタル」5巻の簡単なあらすじ

カルテ25 ステージ4のガンが見つかってしまう赤根

赤根は人間ドッグの結果を見て要検査の項目があったが、夜勤明けだったのでそのまま寝てしまった

声がおかしくなった赤根だったが、カラオケでシャウトしたこともあって、しばらくすると治ると思っていた

人間ドックの結果を見てしまった息子のタカは心配したが、赤根は大丈夫だと言っていた

しかし1ヶ月経っても赤根の声は戻らなかったので、辺見は赤根を病院へと連れていった

そして辺見の喉を診た医者は、思わずダメだと言ってしまった

医者は専門の病院を紹介したので、辺見は赤根をその病院まで送り、その病院で赤根は検査を受けた

赤根は病院から帰ってくると、タカは夕食を作ってくれていたので、赤根は涙ぐみながらそれを食べた

その後も赤根はいつものように仕事を続けていたが、ある日辺見をカラオケボックスへと連れていった

そして赤根は検査でステージ4のガンが見つかったというと、医者から治療しないと1年もたないと言われてしまったと明かした

赤根は手術はとりあえあずしないというと、抗がん剤治療を受けるというと、タカにもステージのことを伝えない形でガンのことを話したと言った

辺見は抗がん剤治療中の赤根を見舞うと、赤根は副作用でげっそりしていた

すると見舞いに来ていたタカが、自分も始めて見舞いにきたのだというと、赤根のガンは死んでしまうようなガンではないかと聞いてきた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

カルテ26 大学へ行かないと言い出したタカに治療をやめると言い出す赤根

辺見は本当のことを言ってしまうと、タカも精神を病んでしまうと思い、言葉を選びながら抗がん剤治療では誰で起こる副作用だと言った

タカは今を乗り切れれば治るのかと聞いてきたので、ウソを言うのは後々マズイと思った辺見は、ガンは完全には消えないが一緒に生きていくことはできるので、怖がらないで欲しいと言った

タカは赤根の病室へと戻ると、赤根に今何がしたいか訊ねた

タカの作ったカツ丼を食べたり、仕事をしたいと言った赤根だったが、タカは何か思い詰めた様子だった

辺見は師長に赤根のことを聞かれ、副作用でヘロヘロだったと答えると、職場復帰はできるのか聞いてみた

しかし師長はガンで仕事を離れたナースは、誰も戻ってこなかったと答えた

仕事を終えた辺見のスマホに、タカが大学にいかないと言っていると赤根からメッセージが届いていた

タカは担任の教師と一緒に赤根の病室へとやってきて、バイトしながら赤根の側で世話をしたいと言った

すると赤根はいきなりそんなことをするなら、今すぐ治療を止めて退院すると言いだした

脅迫だというタカに、赤根はタカを立派な男にするために大学に行かせるのが自分の生きがいだと言ったので、タカは鳴きながら生きていて欲しいので治療を続けてと懇願した

それでタカは大学へ行くことを決めたが、その話を聞いた辺見は、なんとか赤根には闘病生活を乗り切って欲しいと思ったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

バイアグラの処方が止められてしまったのでアソコを叩き始めてしまう俊雄

カルテ27

辺見は広野と買い物をして帰ろうとしていると、そこに外泊中の俊雄が声をかけてきた

しかし俊雄は辺見を見るなり間違えたと言って去ろうとしたが、そこにヘルパーの美樹がやってきた

辺見は美樹が休み中でも俊雄の世話をしているのだと思ったが、広野は二人は付き合っているだろうと言ったが、二人は50歳以上も歳が離れていた

俊雄は娘に連れられて病院に戻ってきたが、体には異常はなかった

辺見は美樹に俊雄が無事に戻ってきたことを伝えると、美樹は辺見に話があると言った

それで美樹とお茶することになったが、美樹は広野と付き合っているのかと訊ねてきたので、辺見は広野が美樹と俊雄が付き合っていると言っていたと言ってみた

すると美樹は本気で俊雄と付き合っているのだと明かしたので、辺見はもっと年下な男と付き合うように叱った

しかし美樹は自分はすぐにヤってしまう女なのだというと、自分と付き合った男性3人ともが亡くなってしまったというのだ

それで男性と付き合うのが恐くなったという美樹は、入院してきた俊雄に手を触られると好きになってしまっていた

その事を広野に言ってみると、広野は自分の回診の時に俊雄がバイアグラを求めてが断ったというと、そのまま辺見にセックスを求めてきた

俊雄がバイアグラを求めてきたことを美樹に伝えると、美樹は驚いて俊雄にそんなことをしないように説得したようだった

それで俊雄は収まったと思っていた辺見だったが、1月経ったある日、薬剤師がやってきて俊雄がED薬を求めてきたことが判明してしまった

当然、薬は処方されないことになったので、薬剤師そのことを伝えると俊雄はどうしてそんなことを知っているのかと言って泣き出してしまった

翌日、自分の勃たないアソコが不甲斐ないと言って、俊雄は自分のアソコを叩きだしたので辺見はとりあえず薬で静かにさせた

そして孫が俊雄の誕生日に似顔絵を持ってくると、俊雄は自分がもう歳なのだとやっと気づき、美樹も今の俊雄が好きなのだと言ってあげると、やっとアソコを叩くのを止めてくれた

しかし辺見はまだ俊雄の終わりが見えていても、燃えてくるという美樹を見て、コイツのほうがもっと病んでいると思ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

慕っていた女医が誤嚥で亡くなってしまったのでマニュアルを作ったのだと話す師長

カルテ28

また患者が誤嚥で窒息しかけたが、それに何も対処できなかった新人ヘルパーは落ち込んでしまった

そんな新人ヘルパーに辺見たちは最初だから仕方がないと励ましてあげていると、ベテランヘルパーの桜井は自分が新人のときの誤嚥事故のことを話してくれた

またマチコが誤嚥で窒息してしまったので、辺見はすぐに吸引器を持ってきて助けてあげたが、その際にマチコは口の中を切ってしまった

そこにマチコの息子夫婦がやってきて、なんて乱暴に扱うんだとキレ始めてしまった

辺見は仕方なく謝ったが、それでも息子夫婦は怒りが収まらなかった

そこにやってきた師長は、息子夫婦を別室へと連れていくと、対処マニュアルは自分が作ったのだと言った

師長は息子夫婦に、乱暴に見えるが患者にケガさせない方法なのだと説明すると、すぐに吸引しないと蘇生できないのだと言った

それで迅速に対処するためにマニュアルを作ったのだと言った師長は、自分の経験上安全な方法なのだと言った

辺見は師長にマニュアルは師長が作ったのかと聞くと、師長は自分が新人の時に慕っていた女医の話をし始めた

しかし師長は病気で入院してしまい、誤嚥したことをヘルパーが気づいても、すぐに看護師が来なかったのでその女医は亡くなってしまったのだというのだ

そのことを話した師長は落ち込んでしまったが、そんな師長に辺見は今はマニュアルのおかげで窒息死してしまう患者はなくなったので、きっと喜んでいるに違いないと言ってあげた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

エリート看護師の九条を見てなぜか怖がってしまう大戸屋

カルテ29

赤根が休職してしまったので、代わりの看護師の九条が入ってきた

九条は小柄だったがバリバリのエリートで、辺見たちはスゴイ人がきたと驚いていた

辺見は九条に業務の説明をしてから、どうしてこの病院に来たのかと訊ねてみた

すると九条は前の病院が激務だったので、体を壊してしまったのだと話した

九条は大戸屋の病室へとやってくると、九条を見た大戸屋はなぜかいつものように暴れず、そっぽを向いてしまった

九条はそれからすぐに業務を覚えてテキパキと働いたので、辺見たちはやっぱりスゴイ人だと感心していた

しかしその反対に、新人看護師の山田は大戸屋から酷い嫌がらせを受けるようになったので、辺見は新人の山田をイジメるなと注意して九条のときのように大人しくするように言った

すると大戸屋は紙に九条を辞めさせろと書いて、何かを訴えたが辺見には何を言っているのか分からなかった

その頃、山田は落ち込んでトイレで泣いていたが、そこに九条がやってきて…

深夜に目が覚めた大戸屋は、息が苦しいのでナースコールを押した

すると病室へ誰かがやってきたが、ベッドを起こしてしまったので、大戸屋はナースコールを押せなくなってしまっった

そしてその誰かは大戸屋に異常がないと記録に残すと、窒息して亡くなっていた大戸屋の部屋にやってきて…

※この後、コロナに感染した患者に濃厚接触して家族に移さないように駐車場で車中泊している医療従事者たちを描いた特別編があります

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

お別れホスピタルの続きはコチラ👇

「お別れホスピタル」5巻を読んでみた感想

赤根はステージ4のガンが見つかってしまい、苦しい抗がん剤治療を受けています

苦しいのは本人だけでなく、やはり周りの家族も精神的に辛い気持ちになってしまいます

タカは大学には行かずに、バイトして赤根の側にいたいと言いましたが、赤根は体を張ってそれを思いとどまらせました

タカの気持ちも分かりますが、赤根も自分の病気のことでタカの将来が暗いものになったら嫌だという気持ちも分かります

それにガン治療も気持ちが大事なので、タカが頑張って大学へ行くことが、赤根にとっても治療をする一番の励みになることでしょう

赤根の代わりに九条がやってきましたが、どうやらかなりヤバい奴のようです

どうやら大戸屋を殺してしまったようですが、やはりハイスペックなのに普通の病院へとやってきたのはワケありだったからなのでしょう

特別編ではコロナ感染が疑われ、車中泊している医療従事者のことが描かれていました

ただでさえ医療現場はハードなのに、発熱してコロナが疑われるだけで重装備しなければいけないのは、相当心身に堪えることでしょう

いつコロナが収まってくるのかは誰にも分かりませんが、早く収まって医療従事者の人たちの負担が減って欲しいですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-お別れホスピタル

© 2021 まんがコミック大好き日記