お別れホスピタル 4巻 ~辺見たちが必死にリハビリしても動けなかったのに愛犬と会うなり両手で抱きしめる松原 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『お別れホスピタル』4巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『お別れホスピタル』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『お別れホスピタル』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

🔻絵付きで『お別れホスピタル』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

 

「お別れホスピタル」4巻の簡単なあらすじ

カルテ19 身体が動かないハズなのに突然愛犬を抱きしめる松原

松原はいつも看護師の体をつねり意思表示をしていた

パーキンソン病を患っている松原は、寝たきりで指以外は動かせなかった

そんな松原を見舞いに、家族はよく病室へとやってきていたが、ある日息子は深刻そうな表情で話があると言ってきた

 

息子夫婦は辺見と師長に、松原が飼っていた犬の写真を見せると、犬たちは松原のベッドでいつも帰りを待っていると話した

そして息子は犬たちを松原に会わせてあげたいと言ったので、辺見たちは協力すると言った

 

しかし松原は3年間も身体を起こせないままだったので、座ることもできなかった

だが犬や家族との写真を撮るには、やはり座ることが必要なので、その日から松原のリハビリが始まった

 

辺見たちはつねったり首を少し動かすことしかできない松原に、根気強くリハビリを実施した

それでも松原の身体は、下半身が少し動かせるようになったが、上半身の可動域はまったく広がらなかった

犬たちとの面会の日になり、辺見たちは松原を何とか座った状態にして、犬たちと面会させた

しかし松原は病気のせいで無表情だったので、息子は喜んでいるように見えないと言った

 

辺見は犬との対面でも効果がなかったのかと落胆していると、なんと松原は両手で犬たちを抱きしめた!

その上松原は犬たちをつねり始めたので、松原の家族や辺見たちは思わず笑ってしまった

それで息子夫婦たちは喜んで帰っていって、松原の病室には松原と犬たちの写真が飾られたが、松原のつねりグセは直らなかった

 

⇒『お別れホスピタル』の無料試し読みはコチラ

 

カルテ20 遠藤に母親と呼ばれてしまう木村

元暴力団員の遠藤は辺見に覚醒剤の話をしたりして、お隣のベッドの寺本をキレさせていた

そこに糖尿病で体調を崩している医者の米山がやってきて、代理の医者の広野を連れてきた

辺見は広野は居酒屋で偶然会っていたので、少し嬉しい気持ちになった

 

寺本は遠藤が来たことで、どんどん落ち着きがなくなってしまったので、広野に注意してもらうことにした

しかし遠藤は腰の低い広野に青二才と怒鳴ったので、辺見は他の対策を考えないといけないと思った

 

遠藤は掃除のおばちゃんの木村を見ると睨みつけてくるので、好きな広野にそのことを話した

木村と一緒に遠藤の病室へとやってくると、遠藤は木村を母親と呼んで許して欲しいと謝り始めた

独身の木村は母親呼ばわりされてキレたが、好きな広野に頼まれ母親のフリをすることになった

 

木村は他の患者を怒鳴る遠藤に怒鳴ってはダメだと注意すると、遠藤は自分はハンパなヤクザで最低な息子だと泣き出した

それからも遠藤は木村が来るとおとなしくなり、怒鳴ることも減ってきたので、寺本も落ち着いてきた

辺見は木村にお礼をいうと、木村は病院を辞めようと思っていたが、遠藤から見捨てないでと言われて人に必要とされるようになったことで辞める気がなくなったと話した

人に必要とされることはいいことだと思っていた辺見には、広野に飲みの誘いのメッセージが届いた

 

 

カルテ21

元バイト先で女将をしていた花田に会いに行き生きのびる希望を受け取ったサトコ

 

カルテ22

仕事ができない上に患者にケガをさせても逆ギレする看護師の黒沢

 

カルテ23

金以外に誰も信用しない池尻に仏の教えを説いて気に入られる住職の徳寺

 

カルテ24

いつも辺見にプロポーズし突然エスプレッソが飲みたいと言い出した元シェフの高野

 

👇カルテ21~24のお話をもっと詳しく読んでみたい人は、下のリンクをクリックして検索窓で「お別れホスピタル」と検索してみましょう!

⇒『お別れホスピタル』の無料試し読みはコチラ

 

続きを読みたい人はコチラをクリック👆

 

「お別れホスピタル」4巻を読んでみた感想

普段はほとんど身体が動かない松原でしたが、愛犬に会うとその時だけ両手で抱きしめることができました

その後はまた前の状態に戻ってしまいましたが、やはり愛犬を抱きしめたいという強い気持ちがそうさせたのでしょう

松原のように病気でなくても、やはり何かやりたいということがないと、どんどんヤル気がなくなってしまい、自分から何もしなくなってしまいます

日常の生活でも苦しいこともあったりはしますが、何かやりたいというものを持っておかないといけないのでしょうね

遠藤は掃除のおばちゃんの木村を母親と勘違いするようになりましたが、木村は最初は母親役をすることを嫌がっていました

でも遠藤に頼られるようになったことで、病院を辞めようと思った気持ちが、仕事を続ける気に変わりました

日本では毎年たくさんの人が自殺したりしていますが、誰かに必要とされていないと感じてしまって自殺してしまう人もたくさんいると思います

誰でも気落ちしたりすることはありますが、そんな時でも自分を必要としている人がいると感じられるように、日頃から人との繋がりを大切にしないといけないでしょうね

 

>>『お別れホスピタル』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『お別れホスピタル』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『お別れホスピタル』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『お別れホスピタル』を実際に読んでみましょう!

 

-お別れホスピタル

© 2020 まんがコミック大好き日記