お別れホスピタル 3巻 ~夫の勝の死に際にずっと大嫌いだったと囁き晴れ晴れとした表情で退院していった今日子 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『お別れホスピタル』3巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『お別れホスピタル』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『お別れホスピタル』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

🔻絵付きで『お別れホスピタル』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

 

「お別れホスピタル」3巻の簡単なあらすじ

カルテ13 夫の勝と一緒の病室は嫌だという今日子

終末期病棟に勝が転院してきた

勝と看病していた妻の今日子はずっと在宅看護をしていたが、過労で倒れ娘夫婦の希望もあって一緒の病室に入院していた

辺見たちは今日子がいつも勝の介助をしていて、娘から二人は職場結婚した話を聞くと、辺見は自分も誰かと一緒になってもいいかもと思っていた

 

しかし辺見は夜の見回りにいくと、なんと今日子が泣いているのを見つけてしまった

だが今日子は泣いている理由も言わず、それからどんどん衰弱していったので、辺見たちは心配していた

すると今日子と車椅子で外出したカウンセラーが、勝と一緒の病室になったのが嫌だと聞いてしまった

他の看護師たちも、勝が今日子にいつも怒鳴り口調で指示しているのを目撃していたので、部屋を分けないといけなかった

 

そこで辺見の発案で別の患者の事情でとウソをついて、配置換えすることにした

大部屋に移った今日子は、他の患者が夫に本音をぶつければスッキリできただろうと言ったので、確かにそうだと思った

勝と別の病室になった今日子は、ストレスから解放されてどんどん元気を取り戻していった

 

勝は逆に病状が悪化していき苦痛の緩和も難しくなったので、鎮静を行うことになった

鎮静を行うとほとんど意識がなくなり亡くなってしまうので、鎮静処置を行う前に身内の人たちが集まることになった

集まった親族や友人たちは勝に話しかけると、もうすぐ死ぬことを悟った勝は、ハッキリした口調で話をした

しかし今日子は勝と目を合わせず、とうとう鎮静処置が始まると勝はなぜか苦しみだして、苦悶の表情のまま眠ってしまった

 

もうすぐ勝が逝きそうになると今日子は勝の耳元に近づき、ずっと勝のことが大嫌いだったと呟いた!

早く逝って欲しいと今日子がいうと、勝はそのまま亡くなってしまった

退院していく今日子は辺見に、晴れ晴れとした表情であれでよかったと言ったのだった

 

ケース14 ナースや臼井に嫌がらせをする大戸屋

大戸屋は慢性呼吸不全で気道を切開していて認知症も発症していたが、介助を必要としない不思議な患者だった

かまってちゃんな大戸屋は、一日に何度もナースコールを鳴らし、ジェスチャーでいろいろ命令していた

ナースたちが無視すると、大戸屋は何度もオナってティッシュの山を築いてナースたちを困らせていた

 

そんな大戸屋の天敵は、キレると全く容赦しない赤根だった

大戸屋と同じ部屋に、寝たきりの臼井が移動してきたが、大戸屋は臼井はいつも寝ていたので、しばらくは臼井がいることに気づいていなかった

しかし臼井の家族がやってきて、臼井が家族に構ってもらっていることに嫉妬した大戸屋は、臼井のベッドの周りに使用済みのオムツを放り投げるようになってしまった

 

臼井は微熱を出してしまったので、辺見たちは現行犯で捕まえ〆るしかないと考えた

赤根は先制攻撃で大戸屋に説教したので、オムツ投げは収まり臼井の熱も下がった

すると今度は大戸屋は、吸痰カテーテルのぶん投げを始めたので、赤根が〆てみたが今度は効果がなかった

辺見は大戸屋は臼井に汚物がかからないようにやっていることに気づき、臼井も気づいておらずナースコールも鳴らなくなったので、しばらく見守ることになった

 

また臼井の家族がやってきたので、辺見はまた大戸屋が暴れるかもしれないと心配していた

しかし臼井の家族の子どもが大戸屋に飴をあげると、40年間一人で生きてきた大戸屋はそれで満足したのか、問題行動を起こさなくなった

 

カルテ15

休憩室で村西を取り合うようにデートする元総婦長の犬井と元専業主婦の堀川

 

カルテ16

年金目的で延命治療の承諾を拒否しながら死なせるなという息子の歌を毎日歌い続ける夏木

 

カルテ17

臼井が亡くなりまた嫌がらせをするようになった大戸屋の絵を見るためヤル気のない宿直医にキレる辺見

 

カルテ18

髪を切って髪を染めてきた妻の美幸を結婚する前の美幸に見えるようになり何度もプロポーズするようになった弘明

 

👇カルテ15~18のお話をもっと詳しく読んでみたい人は、下のリンクをクリックして検索窓で「お別れホスピタル」と検索してみましょう!

⇒『お別れホスピタル』の無料試し読みはコチラ

 

続きが読みたい人はコチラをクリック👆

 

「お別れホスピタル」3巻を読んでみた感想

勝の看病をずっとし続けてきた今日子は、ずっと勝のことが嫌っていました

勝はずっと今日子に怒鳴っていろいろ命令していたので、仕方のないことでしょうね

ずっと優しくできなくても時々優しさを見せるだけでも、最期に嫌いだと言われることはなかったかもしれません

今日子は晴れ晴れとした表情で退院していきましたが、勝は死に際に妻の本心を聞いて絶望して死んでいったハズです

やはり日常生活で家族を労ることも大切なのだと思いました

大戸屋はずっと一人で生きてきたので、誰かに構って欲しかったようです

普通の人なら身近な人にそれをいうことはできますが、大戸屋はずっとできなかったのでしょうね

一旦は臼井の家族の子どもに飴をもらって、落ち着いていた大戸屋ですが、臼井が亡くなってまた暴れていました

辺見に絵を描いていましたが、それで落ち着いてくれたらいいですね

 

>>『お別れホスピタル』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『お別れホスピタル』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『お別れホスピタル』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『お別れホスピタル』を実際に読んでみましょう!

 

-お別れホスピタル

© 2020 まんがコミック大好き日記