お別れホスピタル 2巻 ~いつものように暴れず葬式代を稼いで死ぬつもりだと言った妹のサトコを見て本庄がどうして自殺したのか気づく辺見 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『お別れホスピタル』2巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『お別れホスピタル』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『お別れホスピタル』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

🔻絵付きで『お別れホスピタル』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

 

「お別れホスピタル」2巻の簡単なあらすじ

カルテ7 金が貯まったら自殺するという妹のサトコ

辺見は本庄の自殺現場を見て、ありえない角度で曲がっていた本庄の身体などが頭から離れなくなっていた

同じように自殺現場を見たヘルパーの佐々木もご飯が食べられなくなっていて、辺見もカウンセリングを受けるように言われた

カウンセリングを受けるためにカンファレンス室へとやってきた辺見だったが、カウンセラーは1年前の自分を思い出すように言った

辺見は思い出せないと答えると、カウンセラーは同じようにそのうち忘れていくとしか言わず、辺見の心は何もスッキリしなかった

 

するとそこに母親から電話がかかってきて、精神を病んでいる妹のサトコがリスカして血だらけで大変だと言ってきた

母親はたまには家に顔を見せに来るように言ったので、辺見は仕方なく実家へと行くことにした

 

辺見が実家へとやってくると、サトコは自分の部屋で過食していた

中学時代のイジメが原因でうつなどになってしまったサトコは、自傷や他傷を繰り返し自宅療養していた

母親は離婚していてサトコを辺見に押しつける気満々だったので、家にいると居心地が悪いので辺見は家を出てしまったのだ

 

辺見は疲れで寝落ちしてしまい目を覚ますと、サトコは冷蔵庫を物色していた

辺見を見るなりサトコはどこかへ行けと叫びだしたので、辺見はついキレてしまった

しかしいつもならキレて物を投げつけてくるサトコだったが、突然落ち込んだ表情になりいつ死んでもいいと言いだした

サトコはバイトして貯め込んだ貯金の額を見せると、それを葬式代にして欲しいと言ってと、もう少し貯まったらちゃんと死ぬと言った

 

そう言って部屋に戻っていったサトコを見て、辺見は自殺した本庄が多くのガン患者は最期はモルヒネ漬けになってしまうと言って、最期まで自分のことは自分で決めたいと言っていたことを思いだした

それで本庄は自殺してしまったのだろうと思った辺見は、サトコが自殺しても自分はホッとするだろうと思うと、自分がサイテーな奴だと思ってしまった

 

辺見は帰り際、部屋に引きこもっているサトコに言い過ぎたと謝ると、サトコと話して自殺した本庄の気持ちが理解できた気がするというとお礼を言った

そして実家を出た辺見を、サトコは窓から見送ってくれたのだった

 

カルテ8 回診で尿漏れしても気づかない医者の御法川

医者の御法川は医大一の名医と呼ばれていた

92歳の御法川はまだ引退せずに医者を続けていて、患者たちからもとても信頼されていた

しかし御法川は補聴器が落ちて聞こえないのに診察したり、尿漏れを起こしながら回診したりしていたので、ナースたちはヤバいと思ってしまった

御法川は何かあると看護師には癇癪を起こしてしまうので、辺見たちは飲みに行くと他の病院だと医療事故を起こしてしまうので、治療をしない終末期病棟に回されてきたのだろうと愚痴った

 

ある夜、患者が立て続けに亡くなってしまい、看護師の赤根は亡くなった患者の死後処置をした

それを終えてナースステーションに戻ってきた赤根はゲッソリしていたので、辺見はもうすぐ夜勤が明けると励ましていた

するとそこに聴診器が壊れていると言って、御法川が怒鳴り込んできた

赤根はまさかと思い亡くなった患者の病室へと駆けていくと、なんと御法川は死んだ患者の診察をしていた

 

赤根は死後処置をもう一度やらなくてはならなくなったので、御法川は認知症患者と全く変わらないとブチ切れてしまった

その会話を聞いてしまった御法川は、ようやく自分が死人を診察していたと気づき、ショックを受けて病院に来なくなり、そのまま引退してしまった

 

カルテ9

元漁師で夜見廻り時間に暴れだす岸がヘルパーの東に恋するお話

 

カルテ10

体調を崩した看護師の赤根の部屋に行き鉄好きな息子に会う辺見のお話

 

カルテ11

院内でノロウイルス感染が起こり誤って吐瀉物に触れてしまう辺見のお話

 

カルテ12

植物状態のヒトミの身を粉にして働いて入院費を稼ぐ母親の寛子のお話

 

👇カルテ9~12のお話をもっと詳しく読んでみたい人は、下のリンクをクリックして検索窓で「お別れホスピタル」と検索してみましょう!

⇒『お別れホスピタル』の無料試し読みはコチラ

 

続きが読みたい人はコチラをクリック👆

 

「お別れホスピタル」2巻を読んでみた感想

辺見の妹のサトコはイジメが原因でうつになっていました

いつもは何かあればすぐに怒鳴ったり暴れたりしているようですが、サトコも自分がダメな人間になっていると分かっていて、余計に苦しんでいるみたいです

辺見はサトコが金を稼いでから死ぬと言ったことで、本庄が死んでしまった訳に気づきましたが、本庄がモルヒネ漬けにされて死にたいと思ったのも、なんだか分かる気がしますね

最後のおまけでサトコは会ったこともないSNS上でも同じ病気の子たちの言葉で、なんとか気持ちが支えられているようです

日本では自殺してしまう人がたくさんいますが、何かの形で心を支えてくれる人がいれば、死なずに済んだ人もいるのだと感じました

92歳になっても医者をしていた御法川ですが、自分が死人を診察していたと知ってようやく引退しました

最近はメディアでも生涯現役などを謳った記事なども多く見かけますが、やはりある程度の年齢になったら身を引いたほうがいいでしょう

でも人の老い方もひとそれぞれなので、単に年齢だけで決められないのが難しいところですね

 

>>『お別れホスピタル』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『お別れホスピタル』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『お別れホスピタル』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『お別れホスピタル』を実際に読んでみましょう!

 

-お別れホスピタル

© 2020 まんがコミック大好き日記