お別れホスピタル 1巻 ~先に亡くなってしまった山崎や野中の後を追うように亡くなってしまうカントリーマアムおばさんの太田 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『お別れホスピタル』1巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

すぐに『お別れホスピタル』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『お別れホスピタル』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

🔻絵付きで『お別れホスピタル』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

 

「お別れホスピタル」1巻の簡単なあらすじ

カントリーマアムのおばさんの太田

カルテ1 

ゴミ捨て場よと呼ばれている終末期病棟で働いている辺見は、玲子がいる病室へとやってきた

太田はいつもカントリーマアムを大声で欲しがっていて、世話好きな山崎と寝たきりでほとんど喋らない野中と一緒の病室だった

太田はカントリーマアムの食べ過ぎで太ってしまい個数の制限をしたので、認知症もあるので余計に欲しいと騒ぐようになっていた

 

終末期病棟はあまりに過酷なので、また新人ナースが辞めてしまい、辺見たちナースは休憩時間になるといつもタバコを吸っていた

山崎はインフルエンザのワクチンが体に合わず、寝たきりになってしまうと、いつも喋らない野中が挨拶したいと言って心配した

その後も山崎の容態は悪くなっていき、辺見が夜勤をしていると、山崎の容態は急変して、山崎はそのまま亡くなってしまった

 

辺見が山崎の死に立ち会ったので、病院の慣習で山崎の死後処置をした

やっと処置が終わって戻ってくると、今度は野中まで亡くなってしまった

辺見は野中の死後処置も終えると、やっと夜勤が終わり家に戻ってきた

飼っているネコたちにエサを作ってあげた辺見は、あまりの疲労にそのまま寝てしまい、休日は寝たままで目を覚ますと出勤時間になっていた

 

辺見が出勤すると、なんと太田も亡くなってしまっていた!

辺見は3人が本当は友達になりたかったのだろうと思いながら、今頃3人は天国で仲良くやっているのだろうと想像してしまった

辺見は眠るとき、いつも亡くなる人を見ているので、死ぬことが怖いと思ってしまうことが多かった

自分を誰が看取ってくれるのだろうかと思いながら、目を覚ました辺見はまたゴミ捨て場と呼ばれる終末期病棟に出勤していくのだった

 

⇒『お別れホスピタル』の無料試し読みはコチラ

 

この後のお話

カルテ2

いつも9時になると宗教の祈りを叫ぶ清井の病室にやってきて、清井は惨めな人生を送っていたと何時間も恨みを呟く娘のお話

 

カルテ3

家族の前では言わないのに、ヘルパーの大宮には下ネタを言ってしまう認知症患者の幸村のお話

 

カルテ4

軍人恩給にたかる娘3人を持つ、自称軍曹の小川のお話

 

カルテ5

いつも同じ曲を聴きながら、辺見に幼い頃に亡くなった母親との思い出を話す福山のお話

 

カルテ6

余命半年と診断され、社員や嫁に捨てられ明るく振る舞っていたのに、突然飛降り自殺してしまった本庄のお話

 

👇カルテ2~6のお話をもっと詳しく読んでみたい人は、下のリンクをクリックして検索窓で「お別れホスピタル」と検索してみましょう!

⇒『お別れホスピタル』の無料試し読みはコチラ

 

続きを読みたい人はコチラをクリック👆

 

「お別れホスピタル」1巻を読んでみた感想

辺見は終末期病棟で働いていますが、新人もすぐに辞めてしまうような過酷な現場のようです

誰でも最後は死んでしまいますが、やはりその現場を見るというのは、精神的にキツイでしょうね

終末期病棟にやってくる患者は、大半が認知症を患っているので、太田のようにずっと叫び声をあげたり、幸村のように猥褻な言葉を言ったりもするので、余計に世話するのは大変です

それに本庄のように自殺した人の現場を見てしまうと、普通の人ならトラウマになってしまいます

自称軍曹の小川は、軍人恩給にたかる娘たちが延命を望むので強引に生かされていましたが、実際には多額の医療費がかかっています

本人が望んでいるなら仕方がないですが、そうでなければ国の健康保険からも多額の医療費が支払われているので、こういう問題は早く解決して欲しいと思いました

 

>>『お別れホスピタル』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『お別れホスピタル』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『お別れホスピタル』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『お別れホスピタル』を実際に読んでみましょう!

 

-お別れホスピタル
-,

© 2020 まんがコミック大好き日記