ガンニバル 8巻 ~自分が本当の後藤家当主の血筋だと明かし岩男に銀が後藤家を乗っ取ったと話す豪 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『ガンニバル』を8巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『ガンニバル』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「ガンニバル」8巻の簡単なあらすじ

後藤家の奴らに捕まってしまう有希とましろ

真は豪に大悟のせいで、後藤家の人々が死んでしまったと言った

豪は有希やましろの居場所は知っているのかと聞くと、岩男や真はハッキリとは答えなかった

 

大悟は後藤家の奴らの攻撃を受けていたが、子どもたちが見つかってしまった

他の警官に子どもを車に乗せて逃げろと言っていたが、子どもたちを人質に取られてしまった

大悟を狙撃するハズだった洋介は、後藤家の奴らを撃ち始めたので、大悟たちは後藤家の奴らを逮捕した

そして大悟は仲間を撃った洋介に、洋介が子どもたちを救ったのだというと、自分についてくるように言った

 

有希やましろを保護していた山伏は、県警本部の千堂と菊田に二人を引き渡した

しかし刑事課の星野と山下が声をかけてきて、有希たちを連れていくと言ったが、二人は後藤家の人間だった

なんとか千堂たちは星野たちを拘束することができたが、有希たちを移送中に後藤家の奴らにトラックをぶつけられてしまい、有希たちを奪われてしまった

 

⇒『ガンニバル』の無料試し読みはコチラ

 

本当の後藤家の血筋の豪を殺してしまう岩男

真は恵介がすみれを逃がしたことを確認すると、国にもケンカを売ってやると豪語した

その頃、豪は岩男に折檻部屋に連れていかれていたが、岩男に70年前にも後藤家と後藤家以外の人たちと殺し合いがあったと言った

豪は自分は銀の兄の金次の孫だと明かすと、自分が後藤家の当主になるはずだったと言った

 

岩男は豪の耳に釘を撃ち込むと、豪は銀やあの獣臭い男の正体や今の後藤家がどうやって作られたのかを、全部話してやると言った

豪は岩男に後藤家の秘密を全部話すと、岩男は口封じのために豪の首をへし折り殺してしまった

 

自分が裏切ったと言って恵介に殺されてしまう清

真は恵介にお前が裏切り者なのかと聞いていると、岩男が戻ってきたが豪の話したことは言わなかった

岩男は豪が持ってきた携帯を渡すと、真は恵介に裏切り者でないことを証明するために、有希を殺すように要求した

しかし村長の清が現れ、なぜか自分が裏切ったのだと白状した

大悟に子どもたちの監禁していた場所を教えたと言ったので、岩男は恵介に清を殺すように求めた

 

恵介は以前、清や藍と一緒に山に登ったときのことを思い出した

清は村を変えていきたいと言っていたが、藍が後藤家から逃げ出すと、自分は何も変えられなかったと嘆いていた

そんなことを思いだしていた恵介は、清の胸にナイフを突き刺すと、清の耳元で自分が後藤家を帰ると呟いた

それを聞いた清は、安堵した表情で死んでしまった

 

⇒『ガンニバル』の無料試し読みはコチラ

 

後藤家の人間が殺されて喜ぶ村民たち

するとそこに大悟から電話がかかってきて、真に有希やましろの無事を確認させろと要求すると、それを飲まなければ洋介を殺すと脅した

有希の声を確認した大悟は、有希たちを救出したら後藤家の奴らをぶっ殺してやると言った

真は大悟のほうが狂っているというと、今度こそ決着をつけようと言い返した

 

宗近の父親が目を覚ますと、後藤家の奴らにさぶは殺されたと聞いた

宗近は後藤家の本家にも警察が向かったというと、銃撃戦から逃げてきた男は、大悟は後藤家を滅ぼすためにやってきた悪魔だと言った

そして男は後藤家をやるなら今だというと、宗近に後藤家の人間が殺されて狂ったように踊り狂う村人たちを見せた

その様子を見た宗近の父親は、大悟が来たことで銀と自分が気づいた秩序が崩れていっているのだと感じたのだった

 

有希に銃口を向ける真

大悟は廃トンネルへやってくると、そこには有希たちを連れた真や恵介たちが待っていた

真は陸夫は大悟のせいで警察に捕まったというと、大悟は絶対に殺してやると言った

すると恵介は、まずは洋介と有希たちを交換するほうが先だと言ったが、岩男は洋介に誰に向かって銃を撃ったのか訊ねた

岩男は自分たちを裏切ったのだというと、洋介は泣きながら誰も死んで欲しくないと叫んだ

その言葉を聞いた真は、大悟に洋介を好きにしてもいいというと、有希に拳銃を向けた

そしてトンネルの中に銃声が轟いたのだった

 

⇒『ガンニバル』の無料試し読みはコチラ

 

ガンニバルを最初から読み直すならコチラ👇

ガンニバル 1巻 ~前任の駐在が失踪し食人の噂のある供花村 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「ガンニバル」8巻を読んでみた感想

どうやら後藤家当主だった銀は、後藤家の血を引いておらず、宗近の父親と謀って後藤家を乗っ取っていたようです

まだ詳しいことは分かっていませんが、本当の後藤家の子孫だった豪を殺した岩男は、豪からその秘密を聞いたようですが、それを隠蔽してしまいました

後藤家以外の村民は、後藤家にずっと従っていましたが、かなり不満が溜まりまくっていたので、これから後藤家を潰しに動き出すようです

70年前にも後藤家と後藤家以外の人々は殺し合ったみたいですが、その時どんなことが起こったのでしょうか

有希とましろは真たちに捕まってしまい、大悟は洋介と交換しようとしましたが、洋介の裏切りがバレてしまいました

最後に真は有希に拳銃を向けていましたが、本当に有希を撃ってしまったのでしょうか

本当に有希は真に撃ち殺されてしまったのかはまだ分かりませんが、とても心配になってしまう最後でしたね

 

>>『ガンニバル』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『ガンニバル』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『ガンニバル』を実際に読んでみましょう!

 

-ガンニバル

© 2020 まんがコミック大好き日記