親友は悪女 11~12巻 ~パパ活男に変態プレイでボロボロにされて真奈の部屋に向かってしまう妃乃 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『親友は悪女』を11~12巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『親友は悪女』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「親友は悪女」11~12巻の簡単なあらすじ

盗聴したことがバレて逃げ出した妃乃を心配する真奈

東雲は自分は女性の苗字しか覚えていないから、妃乃の話は作り話だと言った

すると妃乃は酷いと言って、二人のときもどうでもいい話ばかりしていたと言いだした

そこで橋井は、妃乃は自分と真奈のスマホに盗聴アプリを仕掛けていたと明かすと、妃乃は逃げ出してしまった

 

東雲は部長の前川に、妃乃を入社させたことやパパ活をしていたことを話すと、橋井と真奈を自分の部署に戻すように要求した

妃乃は真奈や東雲を追い込もうと思って前川に電話をかけてみたが、既に前川は妃乃の番号を着拒にしていた

何でも屋から金の支払いもできなくなっていた妃乃は、パパの質を下げてでもパパ活で金を稼がないといけないと思った

 

真奈はまだ妃乃との連絡がつかなくなったことを心配していた

それを知った東雲は、縁が切れたほうが安心すると言ったが、真奈は妃乃が立ち直れるように力になりたいと言った

そんな真奈に東雲は、真奈らしいと言って惚れ直したと言った

真奈は東雲と話ながら、なんとか妃乃を応援できたらと思っていた

 

パパ活男に変態プレイをされてボロボロになってしまう妃乃

妃乃は成金の男と食事をしていると、男は妃乃がバカなパパ活女だと言いだした

男はパパ同士で情報交換していて、妃乃は粘ればヤらせてくれる勘違い女で有名だと話した

妃乃は自分は見下される側じゃないと思いながらヤってもいいというと、男はそんなに金に困っているなら、変態プレイに付き合うなら妃乃とヤってもいいと言った

 

男に変態プレイで痛めつけられて解放された妃乃は、フラフラになりながらどこかへと向かおうとしていた

すると真奈が妃乃を見つけ心配して駆けつけてきたが、妃乃が向かっていた方向は真奈の家の方向だった

 

⇒『親友は悪女』の無料試し読みはコチラ

 

妃乃と取っ組みあいのケンカをする真奈

妃乃が生まれると、両親は妃乃は特別だと言って可愛がってくれた

しかし妹が生まれると、両親は妹を可愛がり始めたので、妃乃は妹を庭に投げ捨ててしまった

その時のことを夢で見てしまった妃乃は、真奈の部屋で目を覚ました

真奈は妃乃のために料理を作ってくれた

 

妃乃はそんな真奈にパパ活をしていたと話すと、真奈は自分は友達だからと言って止めるように言った

すると妃乃はキレだし、真奈を偽善者だと罵りながら友達なら東雲を自分にくれと要求した

真奈ができないというと、それなら友達だとか言うなというと、真奈たちの結婚式で自分は二人のために身を引いたとスピーチしてやると言った

 

その頃、真奈を心配した東雲は橋井を連れて真奈の部屋に向かっていた

すると真奈の部屋から食器が割れる音が聞こえてきたので、二人は慌てて真奈の部屋に入ると二人は取っ組み合いのケンカをしていた

東雲と橋井は二人を引き離すと、真奈は妃乃に結婚式に呼んであげないと叫んだ

妃乃はそんな言葉が自分に効くかと思いながら、高校時代から真奈が周りから大事にされていることをうらやましく思っていたことを思いだした

しかし妃乃は、すぐに自分のほうが特別だと思い直した

 

橋井は妃乃にパパ活を止めたほうがいいというと、本田から妃乃は結婚しても浮気して離婚させられたことを聞いたと言った

すると妃乃は結婚しても物足りなかったというと、誰かから男を奪うときにしか自分が特別だと思えないのだと言った

その話を途中から聞いていた東雲は、自分も昔は女性を信じられなかったと話すと、真奈は絶対妃乃の友達でいることを諦めたりしないと言った

 

真奈と東雲の結婚式に祝電を送る妃乃

そしてとうとう真奈と東雲は結婚式当日を迎えた

皆が二人の結婚を祝福してくれたが、そこには妃乃の姿はなかった

しかし祝電で明らかに妃乃と分かる匿名の祝電が届いていたので、東雲は真奈によかったねと言ってあげた

 

その頃、妃乃は清純派路線に切り替え、初心者のオッサン相手とパパ活をしていた

真奈はいつかまた妃乃に会えるとことを願いながら、ブーケトスをしたのだった

 

⇒『親友は悪女』の無料試し読みはコチラ

 

「親友は悪女」11~12巻を読んでみた感想

結局、妃乃は最後までパパ活を止めませんでしたね

どうやら妃乃は子どもの頃に、妹ができて両親の関心が妹に移ってしまったので、それで特別になりたいという願望が強くなったようです

所詮はパパ活をする男はヤることが目的なので、パパ活を続けても誰かの特別な存在になれないことは妃乃も分かっているはずです

それでも意地を張って妃乃はパパ活を続けていますが、いずれは賞味期限切れになって相手にされなくなるので、早く足を洗ったほうがいいでしょうね

真奈はあれだけ酷いことをした妃乃を、これからもずっと友達と思っていくつもりのようです

そんな人がいるうちに、妃乃は素直になれるといいですね

 

>>『親友は悪女』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『親友は悪女』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『親友は悪女』を実際に読んでみましょう!

 

-親友は悪女

© 2020 まんがコミック大好き日記