妊活主婦の恋人 9~10巻 ~啓介は種なし男だと言った卓也にブチ切れて味噌汁をぶっかけ家を出ていく織恵 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『妊活主婦の恋人』9~10巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『妊活主婦の恋人』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「妊活主婦の恋人」9~10巻の簡単なあらすじ

織恵に家政婦同然だという卓也

卓也は織恵から受け取った離婚届を破り捨ててしまった

そんな卓也に織恵は別居するというと、卓也は啓介と一緒に暮らすのかと聞いた

織恵は不倫を隠さずそうすると答えたので、卓也は不倫した上でスマホの中身まで盗み見したのかと責めた

卓也は織恵を家政婦同然だと言ったので、織恵は卓也が自分を妻や女として見てくれず、卓也が自分を見る目がずっと怖かったと言った

 

啓介は自分を受け入れてくれると織恵がいうと、卓也は織恵は子なしの専業主婦だから夫の自分を支えるのが当然だと主張した

その上に卓也は、織恵はいつも排卵日だけしかセックスせず、生理が来る度に情緒は不安定で妊活しか考えていないと言った

卓也は織恵のほうこそ変わったのだというと、昔の明るく笑ってくれた織恵は好きだった言ったが、織恵は自分が通っている病院名も分からない卓也は、金と精子しか出さなかったと責めた

 

そんなことを言われた卓也は、急に勝ち誇ったような顔になり、織恵に啓介は種なしだと教えた

卓也は織恵の手を掴み、そんな種なし男と子作りするのかというと、織恵の望みを叶えられるのは自分しかいないと言った

そんな卓也にブチ切れた織恵は、卓也に味噌汁をぶっかけて、そのまま家を出ていってしまった

 

⇒『妊活主婦の恋人』の無料試し読みはコチラ

 

真梨に離婚届を渡して家を出ていく啓介

啓介も真梨に離婚届を渡していたが、真梨は妊活を辞めさせる取引としか思わなかった

それで真梨は妊活は辞めないというと、子どもさえデキれば自分たちは完璧な家族になれると言った

そんな真梨に啓介は家を出ていくというと、真梨はもう少し辛抱すればいいだけだと言って引き止めようとした

 

啓介は真梨に妊活はただのきっかけだというと、真梨は自分の意見を尊重することはないので、真梨とはやっていけないと言った

それにすぐに言い返せなかった真梨に、職場からの電話がかかってきて啓介に待つように言っても、啓介は耐え抜けなくてごめんと言って家を出ていってしまった

 

織恵は公園で啓介が乏精子症の種なしだと知って、落ち込んでいた

そこに啓介からの電話がかかってきたが、スマホと一緒に基礎体温表まで持ってきていたことに気づいた織恵は、それを思わず地面に叩きつけて何度も踏みつけてしまった

 

⇒『妊活主婦の恋人』の無料試し読みはコチラ

 

啓介に妊活を諦めたいと言って抱きつく織恵

少し落ち着いた織恵は、啓介の泊まる部屋にやってくると、助けてと言って抱きついた

そして啓介に、卓也に離婚届をつきつけ味噌汁をぶっかけて家を出てきたことを話すと、啓介も真梨に離婚届を渡したが承諾してもらえなかったと言った

織恵は啓介とキスをすると、乏精子症なのかと聞いた

そうだと認めた啓介に、織恵はどうして言ってくれなかったのかというと、啓介は恥ずかしさと男の見栄でなかなか話せなかったと答えた

 

啓介はもう妊活はしないというと、織恵にとって大切なことを言っていなかったと言って謝ってくれた

そして乏精子症の自分がダメなら無理強いしないと言ってくれたので、織恵は啓介が好きだというと、泣きながらなかなか子どもが諦めきれないと言った

いっそのこと子どもがデキない体になって妊活を諦めたいと言った織恵は、啓介に妊活から解放して欲しいと言って泣きながら抱きついた

すると啓介はうんと答えながら、織恵を抱きしめ返したのだった

そして二人はセックスをしながら、二人でいろんな思い出を作ろうと言い合った

 

織恵は啓介が目を覚ましたので、ご飯の材料を買いに出かけた

道を歩いていた織恵は、一人の小学生の女の子とすれ違った

その女の子と目が合った織恵は…

 

⇒『妊活主婦の恋人』の無料試し読みはコチラ

 

「妊活主婦の恋人」9~10巻を読んでみた感想

とうとう織恵と啓介は、離婚届を突きつけ家を出てしまいました

二人とも夫婦関係が上手くいかなくなった原因が、自分にもあると分かっているようですが、やはり理屈だけではないので仕方がない面もあるでしょうね

織恵は啓介が乏精子症だと知って、かなり落ち込んでいました

一旦は啓介と会って、それでもいいと思っているようですが、やはり心のどこかでまだ子どもが欲しいという気持ちが残っているみたいです

織恵は最後に小学生の女の子と目が合ってしまいましたが、小学生の女の子とは何か関係があるのでしょうか

次巻以降で何か分かってくると思いますが、どんなことなのか気になってしまいますね

 

>>『妊活主婦の恋人』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『妊活主婦の恋人』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『妊活主婦の恋人』を実際に読んでみましょう!

 

-妊活主婦の恋人

© 2020 まんがコミック大好き日記