てのひらに秘密をひとつ 2巻 ~女にはリミットがあると言って相手は誰でもいいので子どもが欲しかったと言って夫の弘行に離婚して欲しいと頼む彩伽 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『てのひらに秘密をひとつ』2巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『てのひらに秘密をひとつ』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で、『てのひらに秘密をひとつ』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

🔻絵付きで『てのひらに秘密をひとつ』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

 

「てのひらに秘密をひとつ」2巻の簡単なあらすじ

結婚しても志真と付き合い続けたいという護

志真の彼氏の護は突然、取引先の人の娘と見合いをして結婚することになったと言い出した

しかし護は結婚するにも関わらず、志真とは別れたくないと言ったので志真はドン引きしてしまった

 

志真は不倫は嫌だというと、社長令嬢の相手の女は好きじゃないという護は不倫じゃないというと言い張った

志真は以前、既婚者に騙されようとした経験があるので、不倫には拒否反応があると言った

それでも護は志真を諦めたくないと言っていると、そこに大学時代の友人から沙季が結婚するらしいとメッセージが届いた

 

志真は沙季が不倫していたことを知っていて、不倫を知っても交際を続けようとした沙季とは、それで疎遠になっていた

沙季や高尾野たちと食事をし始めた志真だったが、彼氏のことを聞かれ、どうして不倫していた沙季だけ幸せになれるのかと思ってしまった

それ高尾野に見透かされてしまい、志真はその場から逃げるように去ってしまった

 

護を家族を捨てた父親に会わせる志真

家に帰ると護がまた来ていて、志真は不倫して幸せになれるならするというと、護は志真を抱きしめた

しかし志真は護に、浮気がバレたら自分は全部失ってしまうリスクがあるので、護もリスクを負うように求め自分の両親に会うように求めた

 

志真は護を両親に彼氏だと紹介すると、和やかな雰囲気で話をすることができた

護は志真を絶対に大切にすると言って帰っていくと、志真の心は穏やかになった

 

志真はホームセンターで荷造り道具を買っていると、上司の弘行が声をかけてきた

志真は強引に弘行を部屋に連れてくると、自分の部屋の荷物まとめを手伝わせた

そしてまとめた荷物を持っていった先は、なんと母親の部屋だった

 

志真の両親は父親の不倫で離婚していて、志真は護を父親の家に連れていっていたのだ

父親がしつこく会いたがっていたから会ったと母親に言った志真は、自分の連絡先を父親に教えないように頼んだ

 

荷解きを手伝ってくれた弘行に、志真は護は以前見せた母親の写真と父親の不倫相手の女が違うと護は気づかなかったというと、自分は絶対に不倫しないと言った

すると弘行は自分も妻の浮気で別居中なのだと明かすと、不倫は倫理観のない人か恋愛経験の少ない人がやってしまうのだろうと話した

しかし志真は、自分の場合は家庭環境のせいだろうというと、弘行は母親が志真を愛してくれたおかげだろうと言った

そして弘行は、志真は誰に遠慮することなく幸せになっていいのだと言ってくれたので、志真は思わず泣き出してしまった

 

⇒『てのひらに秘密をひとつ』の無料試し読みはコチラ👆

 

誰の子どもでもいいので妊娠したくて不倫していた彩伽

高校教師の彩伽は、夫の弘行にスマホを見られたことで不倫がバレてしまった

彩伽と弘行は見合い結婚していたが、結婚して10年経った彩伽の前に好きだと言ってくれる男が現れてしまった

女として終わりたくないと思っていた彩伽は、それで不倫をしてしまったのだが、弘行はだからと言って不倫はダメだと正論を言った

 

ひとまず家を出ると言った彩伽に、弘行の母親から苦瓜を取りに来るように電話がかかってきた

しかし彩伽は義母に、苦瓜はキライだからいらないというとそのまま電話を切ってしまった

 

彩伽は生徒指導をしていて、生徒が授業中にスマホを見ていたので、スマホを没収したりしていたので、生徒たちからは煙たがられていた

弘行は今まで彩伽と暮らして積み上げたものがあったと思っていたが、やはり子どもがいないことが問題なのだと思っていた

 

彩伽は離婚届を弘行に書くように求めてきたので、弘行は自分は彩伽が不倫した理由に納得がいかないと言った

弘行は子どもが原因なのかと訊ねると、彩伽は子どもがいなくてもいいという弘行に女にはリミットがあると言った

それがプレッシャーだったのだと言った彩伽は、誰の子どもでもいいので欲しかったから不倫したと話した

 

二人での生活が楽しくなかったのかと訊ねた弘行に、彩伽は子どもがいない生活を続ける意味はないと答えた

それで不倫は間違っているという弘行に、彩伽は罰は受けるから離婚しようと頭を下げた

 

彩伽をレイプしようとする栗野

彩伽は、生徒のスマホを取り上げたのは、生徒が出会い系のサイトを見ていたからだった

それを見逃していた先生が生徒たちからチヤホヤされ、その上に仕事を押し付けられ親からは文句ばかり言われていた彩伽は、母親が口出ししてくる家はろくな家はないと思っていた

 

そこに弘行の母親から、仕事より子作りを頑張るように電話がかかってきたので、彩伽は義母に自分たちは離婚すると言って電話を切った

優しい顔で酷いことを平然と言ってくる義母やバカ親、口先だけの同僚教師に彩伽は不満を持っていた

 

廊下を歩いていた彩伽に、不倫相手だった教師の栗野が相談に乗ると言って声をかけてきた

彩伽はいらないと断ると、栗野は彩伽を押し倒しレイプしようとし始めた!!

 

しかし彩伽は本当は弘行と一緒にいたかったと思いながら、栗野を殺す勢いで反撃し始めた

そこにやってきた弘行が彩伽を止めると、栗野は逃げ去ってしまった

弘行と一緒にいたくて子ども欲しさに、不倫してしまった彩伽は、やはり弘行と一緒にいられないと思い、また離婚して欲しいと頼んだ

スマホを見られたのも、もう弘行を縛れないと思って、わざと見えるように彩伽がテーブルに置いていたからだった

 

弘行は自分が恋愛と結婚は違うと言ったから、その言葉が彩伽を縛っていたと言って謝り、彩伽が好きだから一緒にいようと言ってくれた

恋愛もちゃんとしようと言ってくれた弘行に、泣きながら彩伽は謝った

そんな彩伽に弘行は、二人で1から始めようと言ってあげたのだった

 

⇒『てのひらに秘密をひとつ』の無料試し読みはコチラ👆

 

タケが言ってくれた言葉がずっと心に残っていたレナ

レナは不倫男とセックスした後、服を着ていると男は不倫がバレたかもしれないと言い出した

ヤッた後に言うかと思いながら、レナは慰謝料を払ってもいいが、ちゃんとお前は社会的責任を取るのかと言った

そう言ってレナは、不倫男に土下座して謝らせた

 

レナは不倫男とのセックスは、ただの性欲処理だと思ってヤッていた

なので愛などないと思っていたが、タケの結婚式の招待状が届いてから胸がなぜかざわついていた

結婚式に行くと離婚したての一絵が声をかけてきて、二人は一緒にタケの結婚式に参列した

 

タケは二人を妻に紹介すると、タケの妻はタケの話によくレナの話が出てくるので、タケとの関係を疑っていたことがあったと言った

そんなタケの妻に、レナは自分にとってはつまんない男だからそれはないと否定した

しかし本当は愛人顔と言われていたレナを、タケが美人だと言ってくれたことがずっとレナの心に残っていた

タケが言ってくれた美人を無駄遣いしないようにしようと思ったレナだったが、やはり彼氏を作るのは面倒だった

 

⇒『てのひらに秘密をひとつ』の無料試し読みはコチラ👆

 

「てのひらに秘密をひとつ」2巻を読んでみた感想

志真の彼氏だった護は、社長令嬢と結婚するのに交際は続けようと言って、志真を愛人としてキープしようとする最低野郎でした

志真の父親も不倫して家庭を捨て去ったクズ野郎のクセに、志真に会いたいと言ってきていました

そんなことがあれば、やけっぱちになってどんな男でもいいからと言って、堕ちていくことも多いですが、志真がそうならなかったのは母親がちゃんとしていたからだったみたいです

どんなに酷い環境で育っても、やはり一人でもいいのでまともで親身になってくれる人がいれば、人はまともな人間になれるのでしょうね

志真のお話でもでてきた弘行の妻の彩伽は、義母からのプレッシャーや周りの酷い言動で不倫してしまいました

弘行はとても心の広い男性だったので、二人はまたやり直すことになりましたが、普通なら離婚して彩伽もドンドン堕ちていってしまったでしょうね

レナは不倫男と割り切りでセックスしていましたが、結婚したタケが美人と言ってくれたことがずっと心に残っていたようです

これで不倫を止めれればいいですが、彼氏は面倒みたいなのでどうやら止められなさそうな感じですね

 

>>『てのひらに秘密をひとつ』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『てのひらに秘密をひとつ』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『てのひらに秘密をひとつ』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『てのひらに秘密をひとつ』を実際に読んでみましょう!

 

-てのひらに秘密をひとつ

© 2020 まんがコミック大好き日記