読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

名前も呼ばないあのひとと 13~14巻 ~時間が過ぎても待っていてくれたかなこのことが好きになってしまったそうた のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

『名前も呼ばないあのひとと』を13~14巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『名前も呼ばないあのひとと』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

「名前も呼ばないあのひとと」13~14巻の簡単なあらすじ

そうたはかなこのことを、ニブい女の子だと思っていたそうた

そうたはかなこが自分のことを好きなのだと知って、自分もかなこが好きになってもいいのかと思っていた

 

そうたは結婚式でかなこに飲み友だちになろうと誘われたが、本気じゃないだろうと思っていた

しかし本当に飲み会の誘いがきたので、驚いていたそうただったが、そうたは女性が苦手だった

幼馴染みのまみに囲い込まれて無理矢理付き合っていたそうただったが、別の高校に行って離れることができた

だがまみの結婚式に呼ばれたそうただったが、席札の裏にはまみの恨み節が書かれていた

 

そうたはどうして女は群がるのかと思っていたそうたは、ずっと職場の飲み会に誘われていたがやはり参加したくない気持ちだった

結婚式のときのかなこには、そうたはまみの嫌がらせになかなか気づかないニブい女の子だと思っていたのだ

 

時間が過ぎても待っていたかなこが好きになったそうた

職場の飲み会のお店のメッセージを既読スルーしていると言われていたそうたは、今日がかなこが誘っていた飲み会の日だと気がついたが、もう予定の時間はとっくに過ぎていた

そうたはニブい子だと思いつつも、やはりかなこのことが気になっていたので、急いでお店に行ってみるとかなこは時間が過ぎても待っていた

かなこにそうたはどうして待っていたのかというと、かなこはそうたはすっぽかさなかったというと、待っていてよかったと言ってくれた

それでそうたはかなこが好きになってしまい、自分も変わってみようと思うようになった

 

⇒『名前も呼ばないあのひとと』の無料試し読みはコチラ

 

えいじとかなこが一緒にいるのを目撃してしまうそうた

しかしそうたはかなこに好きと言うことはできずに、そのまま5年が過ぎてしまった

かなことは部署も違うそうたは、接点もなく仕事もキツかったのでかなこのことを考える余裕すらなくなっていた

そんなそうたに気づいたかなこはそうたを食事に誘ってくれたので、それでかなこが好きな気持ちが蘇った

 

だがそうたは朝かなことえいじが一緒にいるところを目撃してしまい、かなこがえいじを下の名前で呼んでいたので、そうたは二人が付き合っているのかと思ってしまった

えいじに嫉妬してしまった草太だったが、えいじがかなこに好きな男ができたと言ったので、そうたの心はモヤついていた

 

えいじとかなこの関係を勘違いしていたと気づいたそうた

駅にいたそうたにえいじが声をかけてきたので、そうたはかなこにコクられたと言った

そうたはかなこと付き合いたいといったそうたに、えいじはいくみはどうするのかと責めてきたので、そうたはえいじに朝かなこと一緒にいるところを目撃したと言った

お互い名前で呼び合っていたというそうたに、えいじは恋愛のことで相談に乗ってもらっていたのだと話すと、自分がヤケ酒を飲んだので家まで送ってもらったのだと説明した

 

えいじの話を聞いて付き合っているのだと勘違いしていたというそうたに、えいじはまたいくみのことはどう思っているのかと聞いていると、そこにいくみがやってきた

いくみはお店に取材に行くのでえいじに付き合ってもらうのだというと、そうたも一緒に誘ったが、そうたは疲れたと言って家に帰っていった

 

⇒『名前も呼ばないあのひとと』の無料試し読みはコチラ

 

名前も呼ばないあのひととを最初から読み直すならコチラ👇

名前も呼ばないあのひとと 1~3巻 ~まみの結婚式に招待され自分が疎ましく思われていたと知ったかなこ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「名前も呼ばないあのひとと」13~14巻を読んでみた感想

えいじは学生のときにまみに強引に交際させられていたので、女の子と付き合うのが嫌になっていました

でもニブいように見えていたかなこは、あまり群れたりしないで飲み会も来ることを信じて待っていてくれたので、そうたは好きになっていました

えいじと一緒に居るところを目撃して嫉妬していましたが、それも勘違いと分かったそうたは、これでかなこに気持ちが伝えられるといいですね

でも5年もコクれずにいたそうたなので、いざとなったらやはりコクれないかもしれません

そうたといたえいじに声をかけてきたいくみですが、そうたは帰ってしまったので、この後えいじといくみはどうするでしょうか

えいじはいくみにセフレになろうと言っていましたが、いくみは非処女のかなこに負けたくないと思っていたので、本当にセフレになってしまうつもりなのかもしれませんね

 

>>『名前も呼ばないあのひとと』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『名前も呼ばないあのひとと』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『名前も呼ばないあのひとと』を実際に読んでみましょう!

 

-名前も呼ばないあのひとと

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.