整形シンデレラ 21~25巻 ~自分たちにも非があったと認め橘はいい子なのかもしれないと言ったホストの優吾に一瞬で惚れてしまう橘 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『整形シンデレラ』を21~25巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『整形シンデレラ』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

「整形シンデレラ 」21~25巻の簡単なあらすじ

橘の言葉に感動して橘に憧れるようになった貝塚

貝塚は幼い頃、本屋で知らないおじさんに連れ去られそうになり、店員の人からはかわいいから変な人が寄ってくるのだと言われてしまった

そして高校時代には、電車でおじさんから痴漢を受けたが、おじさんは家族がいるからと謝ったので、貝塚は通報まではしなかった

しかし翌日、そのおじさんは電車で痴漢はしなかったが、痴漢をされても嫌じゃなかったはずだと囁き、貝塚を言葉で嬲ったのだった

 

就職の面接を受けに行っても、彼氏がいるのかと聞かれ、避妊の仕方をちゃんと知っているのかとセクハラを受けた

それでトイレでグチグチしていた貝塚だったが、そこにやってきた橘にセクハラなことを聞かれたのかと訊いても、橘は聞かれていないと答えた

そして貝塚がどうして自分だけと呟くと、橘は貝塚にも選ぶ権利があるというと嫌ならちゃんというべきだと言った

貝塚は橘が自分の気持ちに同調してくれると思っていたので、その言葉は新鮮で心に光がさした気がして、橘と一緒の職場で働きたいと思った

 

貝塚は就職しても職場の男性職員から常にセクハラを受けていたが、橘の言葉のおかげでちゃんと断ることができるようになっていた

そんな貝塚は、橘のようになりたいと思って、橘をマネするようになっていた

 

ホストの優吾に惚れてしまう橘

松平と別れた橘は、寺島にホストクラブに連れてこられていた

しかし橘は、ホストにいろいろ声をかけられても、やはり心理的に受けつけなかった

そしてトイレまで出待ちされていたので不快だというと、安吾という名のホストに店から出ていけと言われてしまった

寺島は合わない橘を連れてきた自分にも問題があると言って謝ったが、橘にはもっとコミュ力をつけたほうがいいと言った

 

すると今度は美容師の林が、男を紹介すると言ってきた

それで待ち合わせ場所で待っていた橘だったが、林が連れてきたのはあの安吾と呼ばれていたホストだった

本当の名は優吾という名のそのホストは、橘を指さしあの態度の悪い客だと言った

 

林は優吾に橘はいい子だと言ったが、優吾はそれをなかなか信じようとはしなかった

優吾は橘は見た目だけの性格ブスだというと、橘は客に合わせない優吾はプロじゃないと言い返した

すると優吾は、外国人が寿司屋に来て生のものを食うのはおかしいと騒ぐのと同じで、橘はホストクラブの客やそこで働いている人を見下していると言った

 

橘はそうかもしれないと思ってしまうと、自分も容姿で人をジャッジしていたと気づき、優吾の言い返せなかった

それで橘は素直に優吾に謝り、一人で先に帰ってしまった

林は優吾に橘は、ちゃんと反省のできるいい子だともう一度いうと、優吾も言いすぎたと罪悪感を感じているような様子だった

 

優吾はホストクラブで仕事をしていると、なんとそこに橘が菓子折を持って謝りにやってきた

すると優吾は、菓子折を持って謝りにきた客は初めてだというと、安い菓子折をちゃんともらってくれた

優吾は無理にボトルを入れなくてもいいというと、自分たちにも非があったと言ってくれて、林のいうとおり橘はいい子なのかもしれないと言ってくれた

そんな優吾に橘は、一瞬で惚れてしまった!

 

⇒『整形シンデレラ』の無料試し読みはコチラ

 

うじうじするより整形して笑っているほうがいいという優吾

橘は加賀美の家で、ホストの優吾に惚れてしまったことを話すと、母親からホストの話をするなと注意されてしまった

加賀美は彼氏がいるというと、彼氏は自分を顔で選んでいないので整形も理解してくれていると言った

橘は小さい頃、男の子から自分のことが好きなハズはないと言われ、周りの男の子が醜い自分のことを好きになることは恥ずかしいことなのだと知った

 

橘は加賀美に、作り物の今の顔で誰かが自分のことを好きになっても、自分はその相手を信じきれないだろうと言った

すると加賀美はもう整形した橘は、これからどうするのかと聞いてきたので、橘は元の顔を見ても気にしない人なら好きになれるかもしれないと言った

 

寺島は今度は、貝塚と松平を連れて優吾のいるホストクラブへとやってきた

寺島は優吾を指名すると、貝塚は橘が変な奴に引っかかっていないか確かめに来たのだと言った

自分の部屋でシャワーを浴びていた橘だったが、そこに寺島から優吾と話す貝塚や松平の動画が送られてきた

 

貝塚は優吾に橘が整形女だったらどう思うかと聞くと、優吾はそんなことは関係ないといって、うじうじしているより笑っているほうがいいだろうと言った

そんな優吾の言葉を聞いた橘は、ますます優吾に惚れてしまった

 

優吾に好きだと告る橘

それで橘は、仕事中もデレデレするようになったが、貝塚は橘がホストに入れ込むのは危険だと思って心配していた

橘は優吾のことを考えるとそわそわしてしまうので、父親の服を買いにいくとなんと優吾も来ていた

なぜか優吾の父親のことをぐいぐい聞いてきたので、橘は整形のことを自分から聞いてみるチャンスだと思った

それで橘は整形のことを父親に反発されたからだと言ってみると、優吾は橘の人生のことだから引く必要はないと言ってくれた

優吾の言葉に感激した橘は、それでも父親とは仲直りしたいのだというと、優吾は父親のプレゼント選びを手伝ってくれたが橘は結局何も買わなかった

 

優吾は買い物の後に橘のことを観察していたというと、橘とは違い自分はクズな父親に育てられたと話した

橘は優吾を本名で呼ぶのは気が引けるというと、優吾は本名で呼んでいいというと橘にプライベートの連絡先を教えてくれた

そして優吾は橘の下の名前を聞くと、橘の生き方に合ったいい名前をつけてくれたいい親だと言った

橘は優吾の言葉が嬉しくて仕方なく、思わずその場にへたり込むと、顔を赤くして優吾に好きだと告ってしまった

 

⇒『整形シンデレラ』の無料試し読みはコチラ

 

「整形シンデレラ 」21~25巻を読んでみた感想

橘はホストの優吾を最初は警戒していましたが、整形も気にしない優吾のことを好きになってしまいました

優吾は父親がクズだったことが影響してか、ホストをしていますが素は悪い奴ではないようです

でもホストなのでいつも客の女性から好きだと言われることもしょっちゅうなので、橘の告白をちゃんと信じてくれるか心配です

橘は今の感じだと簡単には優吾のことを諦めきれないハズですが、もし優吾に既に彼女がいたりしたらどうなってしまうでしょうね

あれだけ仕事中にデレデレしていた橘なので、失恋してしまった仕事もできなくなってしまうでしょう

この後、橘に告られた優吾がどんな反応をするのか気になってしまいますね

 

>>『整形シンデレラ 』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『整形シンデレラ』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『整形シンデレラ』を実際に読んでみましょう!

 

-整形シンデレラ

© 2020 まんがコミック大好き日記