読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

発情姫 10~12巻 ~洋壱を捕らえて拘束具をつけた変態女に洋壱を陵辱させる永久子 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

『発情姫』を10~12巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『発情姫』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『発情姫』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

『発情姫』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

 

「発情姫」10~12巻の簡単なあらすじ

串刺しになって死んでしまう猪瀬

陽弐の匂いを追ってくる猪瀬を振り切るため、和真はいつもパシリで買わされているたばこを使って時間稼ぎをした

すると洋壱は、猪瀬が自分の血を触って怯んだことがあるので、精液だけでなく血も効果があるはずだと言った

 

猪瀬は男を干物にしながら陽弐の匂いを見つけていると、そこに現れた洋壱が自分の血のついた石を猪瀬の頭に投げつけた

洋壱はタバコの臭いで撹乱しながら、自分の血のついた石を次々と投げ猪瀬にダメージを与えた

 

陽弐を連れていた美弦と和真だったが、洋壱が心配な和真は陽弐を美弦に任せ洋壱のいる場所へと向かった

 

その頃洋壱は血を流しすぎてクラついてしまい、捕まえられてしまった

しかし洋壱は自分の精液を猪瀬の脇腹に注入すると、猪瀬は子宮が熱いと苦しみだし、グラついて倒れてしまうと後頭部から木の枝で串刺しになってしまい死んでしまった!

 

⇒『発情姫』の無料試し読みはコチラ

 

洋壱を捕らえ二人の変態女に陵辱させる永久子

洋壱はフラフラの状態で陽弐たちを追いかけていたが、そこに永久子が現れた

 

美弦が陽弐を拓真の家に運び込んだが、洋壱が帰ってこなかったので卯月は心配していた

和真は洋壱の血痕の跡を追っていたが、途中で消えていて洋壱がどこに行ってしまったのか分からないでいた

 

洋壱を捕らえた永久子は、おかしくなった女の子たちに精子をとことん搾り取られている男たちを見せた

それで洋壱は永久子の隙を見て攻撃しようと思っていたが、永久子は変なことを考えると速攻で消してやると言って、何か禍々しいものを見せた

そして永久子は洋壱をある部屋に入れると、拘束具をつけた二人の女がいて、そのうち一人の女はいきなり洋壱にキスをしてきた

洋壱の唾液でビリビリ痛みが走ったが、その女は気持ちがいいと言い出した

もう一人の女は洋壱の服を破ってしまうと、二人がかりで洋壱を陵辱し始めた!

永久子は本番だけはするなと言うと、これで大きな問題が解決したと言った

 

謎の3人の男に助けられる和真

和真は社で永久子の鏡を発見したが、おかしくなった女の子3人に捕まってしまった

女の子は和真をイカせようと和真の体を舐め始めると、和真は気持ちよくなってしまったが、干物になってしまう自分を想像して逃げ出そうとした

 

一人の女の子は膣内に出さなければ干物にならないと言いながら和真にフェラをし始めると、気持ちよすぎて何も考えられなくなってしまった

女の子の一人が和真が発見した永久子の鏡を覗き込んでいると、何者かに首を切られてしまった

謎の3人の男は女の子たちにニンニクの粉をぶちまけ、アッと言う間に3人とも殺してしまった

男の一人は和真をぶん殴り正気に戻すと、まずは鏡のことを聞き始めた

 

卯月にキスをしてしまう永久子

卯月は美弦と洋壱たちを探していたが、猪瀬の死体を発見してしまった

そこに現れた永久子は、美弦を殴り倒すと卯月にキスをしてしまったので、卯月はおかしくなり始めた!

 

⇒『発情姫』の無料試し読みはコチラ

 

「発情姫」10~12巻を読んでみた感想

洋壱はなんとか猪瀬は倒しましたが、死んだしまった猪瀬はちょっと可哀想でしたね

洋壱は永久子に捕まってしまい変態な女の子に襲われてしまいましたが大丈夫でしょうか?

永久子は洋壱を捕まえて問題が解決したと言っていたので、また封印されてしまうのが怖いのでしょうね

洋壱を探していた卯月は、永久子に見つかってしまいキスをされおかしくなってしまったようです

卯月もまた猪瀬のようになってしまうのでしょうか

この後、どうなってしまうのかとても心配になってしまいますね

 

>>『発情姫』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『発情姫』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『発情姫』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『発情姫』を実際に読んでみましょう!

 

-発情姫

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.