読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

来世は他人がいい 2巻 ~翔真を外野呼ばわりする霧島にブチ切れオマエこそ外野だと叫ぶ吉乃 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『来世は他人がいい』2巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『来世は他人がいい』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

「来世は他人がいい」2巻の簡単なあらすじ

しおりを発見する吉乃

霧島は殺された赤座興業の多田の話をし始めた

闇カジノをしていたと言う多田は、赤座興業の会長の娘のしおりと仲が良かったというのだ

吉乃がどうやって調べているのかと聞いても霧島教えてくれず、霧島も他のシマのことは詳しくないと言うと、よその会派とずっと抗争が続いていると言った

 

吉乃は稲森と買い物に出かけ、吉乃は稲森に霧島が本当に深山一家に押しかけてきたのかと聞いてみた

稲森は霧島が小5の時に同級生や上級生をボコってしまって、親が総長に引き取りを頼んだというのだ

それで吉乃は霧島がやはりヤバい奴だと思い、気をつけなければならないと思った

そして吉乃が窓の外を見ると、なんとしおりを見つけてしまった!

 

しおりのいるクラブに乗り込む吉野と霧島

霧島に連絡をすると、霧島は行方不明は狂言だったのかもしれないと言った

しおりはクラブの中に入っていったので、自分もクラブに行くと言った霧島と一緒に中に入ることにした

その会話の内容を橘は顎に報告しても、顎は放っておくように言うだけだった

 

吉乃は霧島とクラブの中に入ったが、なかなか見つけられなかった

霧島はしおりがVIP ルームにいると予想していて、その予想は当たっていた

しおりは多田とイカサマ賭博をしてマフィアに命を狙われていたので、父親の命令で身を隠していて、翌日海外に出て行く予定だった

 

霧島はVIP ルームに乗り込むと、しおりと話をし始めた

すると部屋に3人のガラの悪そうな男達が入ってきて吉乃を殴りつけた

霧島は一人の男を蹴り倒すと、全員ブッ殺すと言いながら男の目玉にフォークを突き刺した

殴られてしまった吉乃は、男たちをボコる霧島を見て怖いと感じつつも自分が弱いのだと思った

 

さすがの霧島もナイフを持つ男たち相手に、劣勢になり始めた

すると吉乃はドライヤーやボトルを投げつけ、お前が死ねと叫んだ

それで吉乃が怪我をしていると気づいた霧島は、男を殺す勢いでボコり始めた

吉乃はそれを止めしおりを探すと、しおりは気絶して倒れていた

 

その一件で霧島は顎にボコられてしまい、吉乃も祖父に電話で怒られていた

霧島はクラブへ連れて行くべきではなかったと謝ると、今回の一件でもらった報酬の1000万円を吉乃の机に置いた

霧島は本来なら吉乃に自分の臓器を売った金を渡すべきだと言ったが、売れる臓器がないのでこの金を受け取ってほしいと言った

角膜なら売れると言う霧島に、吉乃はこの前の一件で壊れたドライヤーを買いに行くのでついてくるように言った

 

⇒『来世は他人がいい』の無料試し読みはコチラ👆

 

霧島にぶっ殺されるように頑張るという霧島

グラドルの彩乃とヤっていた霧島は、彩乃に彼女ができたのかと聞かれ、そうだと答えた

霧島は吉乃の写真を見せると、隠し撮りだと突っ込まれ、嫌われてるから諦めたほうがいいと言われてしまった

そして彩乃は大阪に彼氏がいるかもしれないと言うと、霧島は寝取られ大好きと言ってゾクゾクすると言った

 

夜眠っていた吉乃は誰かが自分の顔を覗き込んでいることに気づいた

霧島だろうと思って鍵を変え枕元に置いて眠っていると、やはり霧島が枕元に座っていた

その上霧島は吉乃の髪を三つ編みにしていたので、吉乃は起き上がり包丁を向けたが、霧島に押し返されてしまった

吉乃はどうして忍び込んでるのかと聞くと、霧島は怒っていない吉乃の顔を見たかったからだと答えた

 

それで門限を守れず橘にボコられた霧島に、吉乃はルールを守れない奴だと言うと、他の女とも遊んでいると言った

女遊びを知っていてどうして怒らないのかと霧島が訊ねると、吉乃は好きな男が浮気したらブッ殺すと言った

それで吉乃が自分のことが好きではないのだと知った霧島は、どうしたらいいのかと聞いてきた

吉乃はブレないところが霧島の唯一のいいところだと言うと、霧島は吉野が大好きだと言うと、浮気した時に吉乃にぶっ殺されるように頑張ると言ったのだった

 

父親のことを霧島に話す吉乃

吉乃の祖父から、詫び状を書いていた霧島への返信と、吉乃にすでに亡くなっていた吉乃の父親の写真が送られてきていた

吉乃の父親の写真を見た霧島は、あまり似ていないと言った

吉乃の父親は普通の人で、生まれてくる前に交通事故で亡くなっていた

それで吉乃はあまり実感がないのだと言うと、吉乃の父親の死因に疑問を持った霧島だったが、何も言わなかった

 

吉乃の祖父がやくざの会の食事会に来る予定になっていた

吉乃は会について訊ねたが、先日の赤座の一件のこともあり首を突っ込むなと注意された

すると霧島は吉乃に萼の若い時の写真を見せると、霧島とソックリだった

写真には、吉乃の祖父や竜舌会の総長の秋目も写っていた

 

⇒『来世は他人がいい』の無料試し読みはコチラ👆

 

大阪にやってきた翔真

吉乃は電話で誰かに、アルバムが一冊足りないと電話をかけていた

そして吉乃は喫茶店で、祖父の組の構成員の布袋と会っていた

布袋が霧島のことを聞くと、吉乃はメンタルが激強だと答えた

吉乃はずっと布袋に育てられていたので、祖父の記憶はあまりないと言うと、布袋は絶対に組長には言うなと口止めした

そして布袋は霧島を夏休みに大阪へ挨拶に来させるように言ったが、吉乃は嫌な予感しかしなかった

するとそこに二人の男を連れた翔真が現れた

 

翔真と吉乃の出会いのお話を読みたい人はコチラをクリック👆

 

霧島のことを吉乃に聞く翔真

ジャガイモの皮を剥いていた稲森に、若い構成員が霧島が使っている地下室の掃除をしていいか訊ねてきたので稲森は絶対に入るなと注意した

霧島は自分の地下室に入ろうとしていると、吉乃からお昼に行けなくなったと連絡が入った

 

翔真は何も荷物を持ってきていなかったので、吉乃は仕方なく翔真を連れて服を買いに行った

翔真は試着しながらイジメを受けた写真を送ってきていたこともあり、吉乃がキレて相手の女の子が死んでいないか心配していたと言った

そして翔真は刺青が見えたままで店員を呼ぼうとしたので、吉乃は慌ててそれを止めた

 

その後二人はファミレスで食事をしていたが、翔真は霧島のことを訊ねてきた

吉乃は霧島のことを欲望丸出しの奴だと言うと、同じ人間には見えないと言った

それで翔真は結婚のことを聞くと、吉乃は祖父の言った通りに霧島を惚れさせてから捨てるつもりなのだと言った

翔真は一瞬東西でまた抗争が起きるかもしれないと思ってしまったが、そんな時代じゃないかと思い直し吉乃との会話を終わらせた

 

翔真を外野呼ばわりする霧島にキレる吉乃

吉乃は翔真とビジホに行くと、霧島はどの顔が本当の顔なのか分からないと言って、本当は翔真と大阪に帰りたいと愚痴った

すると翔真は霧島を殺せば済むといいだし、吉乃が慌ててそれを止めると、翔真は決まったら言ってくれと言ってタバコを吸いに出ていった

 

外に出た翔真はタバコを吸い始めると、喫煙禁止だと声をかけられた

なんと翔真に声をかけたのは霧島だった!!

霧島は吉乃を迎えに来たのだと言うと、自分たちが結婚したら翔真は義理の兄になると言った

その言葉が気に入らなかった翔真は、どうしてそんなに吉乃に執着するのかと聞いた

霧島は結婚話は抗争などとは関係ないが、吉乃の祖父は何かの理由で吉乃を東京に送ってきていて、自分たちを結婚させるつもりはないのだろうと言った

そして霧島は吉乃のことが好きだと言うと、そのために吉乃の祖父の話に乗って吉乃を手元に置いておけるのだと言った

 

そこに吉乃がやってきて霧島に気がつくと、自分が霧島にずっと行動を監視されていることを知った

すると翔真はコイツは正気じゃないと言うと、一緒に大阪に帰ろうと言ったが、霧島は自分が吉乃の結婚相手に相応しいと言い出した

翔真は霧島のことをストーカーだと言ったが、霧島は外野は口出しするなと言った

 

そんな事を言われた翔真はキレそうになると、吉乃は霧島に翔真は自分の家族だと言うと、お前のほうが外野だとキレた

霧島は言い過ぎたと謝ったのでその場は収まり、吉乃は霧島と家に帰っていった

 

翔真を見送る吉乃を見る霧島

翌日、翔真は大阪に帰ることにしたので、吉乃は翔真を見送りにいった

吉乃は霧島に負けっぱなしな感じがするので帰られないのだと言うと、翔馬は吉乃が自分のルールやプライドを捨てないといけないような状況になったら死んでもかまわないと思っていると言った

新幹線がやってきたので翔真は乗り込もうとすると、吉乃はプライドや体面を捨てたら死んだも同然だと答えた

翔真はそれなら何のために命を張れるのかと吉乃に訊ねられると、吉乃を指差したのだった

 

翔真は吉野の祖父の真意を探ると言うと、吉乃は自分も大阪に帰りたいと愚痴ると、翔真はそんな吉乃を抱き寄せまた来ると言って大阪に帰っていった

そんな二人を見ていた霧島は…

 

⇒『来世は他人がいい』の無料試し読みはコチラ👆

 

来世は他人がいいの続きはコチラ👇

来世は他人がいい 3巻 ~霧島に捨てるつもりだったと明かし世界一おかしな奴になれという吉乃 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「来世は他人がいい」2巻を読んでみた感想

霧島は吉乃の部屋に忍び込んで、三つ編みにした吉乃を眺めていたりして変態ぶりを見せています

霧島は女遊びをしていますが、吉乃はそれをお見通しですが、吉乃が気づいていたと知っても、霧島は吉乃に殺されるように頑張ると訳の分からないことを言っています

翔真が大阪からやってきたので、霧島はかなり翔真に敵対心を見せていますが、普通なら霧島に勝ち目はないでしょうね

吉乃が大阪にやってきたのは、祖父の思惑があるからみたいですが、それがどんなものなのかはまだ分かっていません

抗争などにならなければいいですが、この先どうなってしまうのでしょうか

霧島も本当に吉乃のことが好きなのかは、本心が見えない奴なのでよく分かっていません

吉乃が翔真と仲良くしているのが、相当気に入らない様子だったので、翔真に何か仕掛けてくるかもしれませんね

 

>>『来世は他人がいい』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『来世は他人がいい』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『来世は他人がいい』を実際に読んでみましょう!

 

-来世は他人がいい

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.