読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

二人は底辺 1巻 ~翔真に組長から金をもらってくるようにいう父親に自分に消されたいか翔真の前から消えるか選ぶように迫る吉乃 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『二人は底辺』1巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

すぐに『二人は底辺』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

「二人は底辺」1巻の簡単なあらすじ

監禁されている翔真を見てしまう吉乃

中一女子の吉野は、勉強しながら廊下を歩いていると、不良っぽい男子生徒がヤクをもらえると話をしているのを聞いてしまった

 

自宅の階段を降りていた吉乃は、部屋からヤクが抜けるまで地下牢に入れておくと言う会話を聞いてしまった

一人のヤクザが、それでは親が黙っていないのではと心配したが、その男の兄貴分の男は金で親は黙るし、組長はコイツを拾うつもりだと言った

拘束されていた男の子は、覗いていた吉乃に気づいて睨みつけたので、吉乃は部屋に戻ったが男の子には見覚えがあった

 

翔真を家族に迎えるという祖父

朝ごはんを食べていた吉乃に、父親はビール瓶で殴られたと言いながら声をかけてきた

すると前日拘束されていた男の子がやってきて、父親は自分を殴ったのはコイツだと言った

驚く吉乃だったが、男の子の父親はヤクのバイヤーで、吉乃の父親が元締めだと勘違いして父親をブッ殺すついでに襲ったのだというのだ

 

その男の子の名前は翔真という名で、吉乃の2歳年上だと祖父は言った

そして祖父は、翔真を家族として迎えるつもりだと言うと、とりあえず翔真は家に泊まることになった

 

学校で一人の女の子が好きな翔真がずっと学校を休んでいたので落ち込んでいたが、別の女の子が翔真はヤクをやっていてヤクザの家に通っていてヤバいからやめておくように言っていた

それに学校には組長の娘も通っていると女の子たちは話し始めたので、その会話を聞いた吉乃は、その場から去っていった

 

⇒『二人は底辺』の無料試し読みはコチラ👆

 

ご飯を作って翔真の家に向かう吉乃

吉乃が家に帰ってくると、翔真はフラフラしながら無言で家を出ていこうとしていた

それで吉乃はご飯を食べてから出ていったらどうかと言ったが、翔真はウザいと言って出ていってしまった

 

その言葉にブチ切れた吉野だったが、布袋がやってきて翔真の過去を話し始めた

布袋は自分が翔真のような境遇なら、無気力になってしまうと言った

吉乃は出ていった翔真はどうなるのかと心配したが、布袋はココが底辺の最後に行き着く場所だと言った

 

翔真はワルの友人と一緒にいたが、友人たちは翔真が本気を出したらヤクザなんて余裕だと話し始めた

そんな話がくだらないと言って帰ろうとすると、男の子たちはノリが悪いと言って、女の子たちは翔真がいなくなるなら自分たちは帰ると言った

 

吉乃は翔真のためにご飯を作っていて、コッソリ布袋がもっていた翔真の履歴書で翔真の住所を確認していた吉乃は、家を抜け出し翔真の家へ向かった

 

翔真の父親に消されたいか消えるかを選ぶように迫る吉乃

翔真が家に帰ってくると、無視する翔真に父親は金がなくなったと言って、組長に金をくれるように頼んで欲しいと言ってきた

それにブチ切れた翔真は、自分の人生は終わっていると言って、道連れにすると言いながら父親を刺し殺そうとした

 

そこにやってきた吉乃は、そんなクズ野郎を殺しても意味がなく、そんな奴は放っておいてもそのうちツケが回ってくると言った

その言葉に翔真は反発したが、吉乃は自分の歳なら少年院送りで済むと言うと、翔真の持っていた包丁を取り上げた

 

吉乃は翔真の父親に、今の自分に消されるか、翔真の前から消えるかを選ぶように要求すると、翔真の父親は吉乃はイカレていると言ってその場から逃げ去ってしまった

すると翔真は熱を出していたので、ブッ倒れてしまった

 

仲良く学校に登校していく二人

投稿前の翔真は、まだご飯を食べていた

そんな翔真に遅刻すると怒っていた吉乃を見ていた祖父は、仲がいいのかわからないと言いながら、どっちが兄気分なのか分からないと言っていた
そして二人は一緒に、学校に登校していったのだった

 

⇒『二人は底辺』の無料試し読みはコチラ👆

 

二人は底辺の本編の来世は他人がいいはコチラ👇

来世は他人がいい 1巻 ~霧島に身体で稼いでこいと言われ自分の腎臓を売ってきた金を渡す吉乃 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「二人は底辺」1巻を読んでみた感想

翔真はかなりの不良だったようですが、そうなってしまったのは父親が原因だったようです

どうして吉乃の祖父は翔真をヤクザでない家族として迎えようとしたのかはハッキリとは分かりませんが、吉乃の祖父もまともに生きられるならその方がいいと思っていたのかもしれません

吉乃の祖父は翔真が吉乃の兄貴分になると思っていたようですが、吉乃が姉さん女房になりそうですね

でも二人は仲が良さそうなので、これからは幸せに生きていけそうですね

 

>>『二人は底辺』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『二人は底辺』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『二人は底辺』を実際に読んでみましょう!

 

-二人は底辺
-,

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.