読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

ゴールデンゴールド 1巻 ~琉花が拾ったフクノカミの力で大繁盛し始めるばあちゃんの店 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

『ゴールデンゴールド』1巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

すぐに『ゴールデンゴールド』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

「ゴールデンゴールド」1巻の簡単なあらすじ

謎の置物を拾う琉花

中2女子の琉花は、福の神の伝説のある寧島でばあちゃんと暮らしていた

そんな琉花は、同級生の及川に密かに恋をしていたが、及川が両親の都合で大阪に引っ越すと聞いて愕然としてしまった

しかし及川は、大阪で住む家の近くにアニメイトがあると知って大喜びしていた

 

作家の黒蓮は、編集者の青木と船で寧島を訪れていた

そして二人は、琉花のばあちゃんが経営する宿に泊まることにした

 

琉花は海岸で貝を拾っていると、気持ち悪い置物を発見した

その置物をなぜか家に持ち帰った琉花は、ぬめりを取ろうと洗ってみたが、ポキッと腕を折ってしまった

 

気持ち悪い福の神らしきものに追いかけられてしまう琉花

翌日琉花は、その置物空いていた祠に入れて、ここにアニメイトが建って欲しいとお願いした

お願いを終えた琉花が目を開けると、置物はなくなっていて福の神に似た気持ち悪い奴が現れた

琉花は怖くなってしまいチャリで猛ダッシュで逃げ始めたが、その気持ち悪い福の神らしきものは追いかけてきた

なんとかその気持ち悪い福の神らしきものを海に落とすことに成功した琉花は、家に帰るとなんと福の神らしきものがいた

 

ばあちゃんにはその福の神がただのおっさんに見えていて、黒蓮たち島の外の人たちにはそのままの姿に見えていた

琉花や黒蓮たちは、それをフクノカミと呼ぶようにした

 

フクノカミの力で大繁盛するばあちゃんの店

フクノカミが現れてから、宿は客でいっぱいになり、ばあちゃんのお店も大繁盛するようになった

琉花たちはフクノカミのご利益が本当なのかを確かめるために、パチンコ屋に連れていったが、全く効果はなかった

しかしパチンコ屋は客で大行列となったので、周りから人や金を集める力があることが判明した

 

ばあちゃんはそんなフクノカミのために、特別の作ってあげるとさらに宿や店は繁盛するようになった

それでも琉花は、やはりフクノカミの力に何か違和感を感じていた

青木は黒蓮にフクノカミのことを口止めされて東京に帰ることになったが、テレビ局の知り合いにバラしてしまおうと考えていた

しかし東京に向かう途中で、フクノカミのことを話そうとすると、思い出すことが出来なくなってしまった

 

ばあちゃんのお店はどんどん繁盛していたが、ばあちゃんの様子は次第におかしくなり…

 

⇒『ゴールデンゴールド』の無料試し読みはコチラ👆

 

ゴールデンゴールドの続きはコチラ👇

ゴールデンゴールド 2巻 ~ばあちゃんの店に客を取られ梶刈を使って嫌がらせをする岩奈 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「ゴールデンゴールド」1巻を読んでみた感想

琉花が海岸で拾った置物だったフクノカミは、人や金を集める不思議な力を持っていました

ただ宿やお店が繁盛するだけならいいですが、なんだかばあちゃんの様子がだんだんおかしくなっています

青木は東京に戻ってフクノカミのことを、テレビ局なのにバラそうとしましたが、フクノカミの記憶はなぜか消えてしまいました

もしかするとフクノカミの力が及ぶ範囲があるのかもしれませんね

今のところはフクノカミの副作用は、そんなに酷いものはまだ現れていませんが、そのうち酷いことが起こってしまいそうな気がします

琉花は及川に島にいて欲しいと思っていますが、琉花の恋の行方もどうなってしまうのか気になってしまいますね

 

>>『ゴールデンゴールド』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『ゴールデンゴールド』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『夫婦円満レシピ~それでも夫を愛している~』を実際に読んでみましょう!

 

-ゴールデンゴールド
-,

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.