依存~女たちは愛を奪い合う~ 9~10巻 ~自分を受け入れて欲しいと迫ってくる奏多にできないと叫んでしまう桜 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『依存~女たちは愛を奪い合う~』9~10巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『依存~女たちは愛を奪い合う~』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「依存~女たちは愛を奪い合う~」9~10巻の簡単なあらすじ

桜の体の虐待の痕を強さの証だという奏多

奏多は桜のトラウマはもう克服できていたんだろうと言った

そして恵助は百合があんな風になってしまったのは自分のせいだと苦しんでいて、それで百合とセックスしていたのだと奏多は話した

それで恵助は百合以外とはセックスしないことで罪滅ぼしをしていたのだというと、それでも桜のことは愛していたが、体の繋がりを求められるのは都合が悪かったというのだ

虐待を受けていた桜は恵助に救われて、それでようやく安らかに暮らせるようになった

それで桜は恵助の子供が欲しいと思うようになり、恵助とは寄り添って眠れるようになった

そこで桜は恵助にもっと触れてほしいと言ったが、恵助は桜をギュッと抱きしめて早く眠るように言うだけだった

桜は自分が大丈夫だと分かってもらうために、恵助にカウンセリングを受けたいと言った

恵助は桜にトラウマを思い出して耐える覚悟があるのかと言ったので、桜は恵助がカウンセリングを受けることを快く思っていないのだと感じ、トラウマを克服できない自分の弱さのせいだと思い込むようになった

そのことを思い出した桜は、トラウマはとっくに癒えていたのだと気づいた

奏多は桜を背後からギュッと抱きしめ、恵助はヒドイ奴だと言うと自分と愛し合おうと言った

奏多は桜の体の虐待の痕を触りながら、桜の強さの証なんだと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

奏多とセックスできないと叫んでしまう桜

奏多は桜の体を舐め始めると、桜は普通の幸せが欲しくてたまらなくなってしまった

そして奏多は、自分も受け入れてほしいと言ってキスを求めてきたが、桜は奏多とはできないと叫んでしまった

すると奏多は、母親とセックスしてしまう男は気持ち悪いからしたくないのだろうと言ったので、桜はもっと別の形で奏多に自分が奏多を好きだという気持ちを伝えたいのだと言った

奏多は桜をある部屋へ連れて行くと、警察に電話した方がいいと言う桜に、百合からは逃れられないと言った

そして奏多は百合と会って話がしたいと言うと、自分を信じてくれるかと桜に聞いた

桜は信じると言ってあげたので、奏多は百合に電話をかけた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

百合に桜を解放するように求める奏多

百合は馬越を連れてやってきたが、奏多は百合だけが部屋に入るように求めた

部屋に入ってきた百合は、奏多に撮影できたのかと訊ねた

すると奏多は百合にスマホを渡しながら、動画を見ても百合は救われないと言った

そして奏多は百合を抱きしめながらずっとそばにいるというと、百合は桜の見ているところで自分とセックスして自分だけのものだと証明するように要求した

奏多は百合の体を舐めながら、桜を解放するように言うと、自分が恵助の代わりに百合を幸せにすると言った

しかし百合は、そんな言葉は信じられないと言うと、自分の喜びは桜りお不幸にすることだけだと言って、桜にお前は奏多に愛されてなんていないと言った

そして百合は桜と奏多がセックスする動画をネットでばらまくと言ったが、それでも桜は奏多を信じると言った

百合が動画を見始めると、こんな動画は頼んでいないとスマホを奏多に投げつけた

床に落ちたスマホを桜は拾い上げ動画を見てみると、奏多は眠っている桜を撮影していただけだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

百合を刺して自分の死ぬという奏多

奏多は桜に信じてくれたことにお礼を言うと、百合が桜を傷つけることをやめないのならと言いながらナイフを取り出した

奏多は昔は百合の願いを叶えたいと思っていて、恵助と結婚した桜を不幸にしてやろうと思っていた

それで奏多は桜に、恵助と百合のセックスを見せてしまったのだ

しかし奏多は、桜が絶望する姿を見ても何も満たされず、苦しくなるだけだった

桜は奏多を奏多として見てくれて、その上に心配して助けようとまでしてくれた

だから百合を刺すのだと言ってナイフを向けたが、それを桜は止めようとした

奏多はナイフを床に落とすと、それを拾った百合は桜に襲いかかった

桜に振り下ろす落としたナイフを奏多が振り払うと、空中に舞い上がったナイフは百合の顔に傷をつけてしまった

そんな百合に奏多はナイフを手に取り、自分も死ぬからと言いながら…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

依存~女たちは愛を奪い合う~の続きはコチラ👇

「依存~女たちは愛を奪い合う~」9~10巻を読んでみた感想

奏多は最初は恵助を百合から奪った桜のことを恨んでいました

でも恵助と百合のセックスを見せつけられて絶望しながらも、奏多のことを想ってくれたので助ける気になったようです

奏多は今度は桜を助けるために自分も死ぬつもりのようですが、そんなことをしても桜を傷つけてしまうことになるでしょう

このままだと奏多は百合を殺してしまいますが、なんとか阻止できないでしょうか

この後、どんな結末が待っているのかとても心配になってしまうラストでしたね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-依存~女たちは愛を奪い合う~