読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

娘の友達 5巻 ~晃介が出張で泊まっていた旅館にやってきてキスをする古都 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

『娘の友達』を5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『娘の友達』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「娘の友達」5巻の簡単なあらすじ

古都の心の穴を埋めてあげたと思ってしまう晃介

ビジホに泊まっていた美也は、晃介に翌日帰るとメッセージを送っていると、呼んでいた正一郎がやってきた

正一郎は自由になれた気分を聞くと、美也は自由になってもモヤモヤは消えなかったというと、家に帰るつもりだと答えた

そんな美也に正一郎は、夏休みが終わったら学校に来るようにいうと、美也は自分がどうして学校に行けなかったのかよく分からないと言った

逃げてばかりだという美也に、正一郎はポテチをあげながら逃げてもいいというと、晃介も古都に逃げていたと言ったので美也はその言葉に驚いてしまった

 

晃介は美也から帰ってくるというメッセージを読んで、美也のために肉じゃがを作り出した

そして美也や古都と、これからどう付き合っていけばいいのかと迷っていた

古都に手の匂いを嗅がれたときのことを思い出した晃介は、古都の心の穴も埋めてあげたいと呟いてしまった

 

古都が部屋にいると母親が帰ってきたので、古都は昼間のことを謝った

しかし母親はリビングで晃介のことを調べると、なぜか上機嫌になり鼻歌を歌い出したのだった

 

⇒『娘の友達』の無料試し読みはコチラ

 

晃介の会社に送られてきたメール

翌朝、美也が家に戻ってくると、晃介は会社に出かけていて冷蔵庫には肉じゃがが入っていた

晃介は会議中も美也のことを考えていると、ちゃんと聞いているのかと注意されてしまった

会議が終わると晃介は本間に、出張の新幹線の予約をするように頼んでいたが、何か部長の様子がおかしかった

 

古都は勉強を終えると本屋に行こうとしたが、古都の靴は母親が全部隠していた

晃介の上司の部長は広報部に呼ばれると、晃介の女性関係のことなどを聞かれ、誰かから送られてきたメールを見せられた

そのメールには…

 

晃介と一緒にバッティングセンターに行く古都

晃介は建築士の事務所に挨拶に行った後、タバコを吸っていると古都からメッセージが届いた

そこに本間が声をかけてきたので、晃介は本間にもう一度新幹線の手配を頼むと、本間と別れた

すると今度は古都が電話をかけてきて、近くにいるので会いたいと求めてきた

 

晃介が駅前に行くと、古都は駆け寄ってきて水族館に行っていたと話した

すると古都は、バッティングセンターに行きたいと言い出した

晃介はバッティングセンターで楽しんだ後、古都に美也が家出をしたことを話すと、古都は晃介のことを心配してくれた

そこに本間から新幹線の手配が終わったというメッセージが届き、それを古都は読むと本間と同じ部屋に泊まるのかと聞いた

慌てた晃介は必死にそれを否定すると、古都は冗談だというと今日付き合ってくれたお礼を言いながら、晃介の肩にもたれかかった

 

⇒『娘の友達』の無料試し読みはコチラ

 

旅館で古都を見かけてしまう本間

晃介が洗濯物を干していると、起きてきた美也は制服を着ていて始業式だと言った

出張に出かけた晃介と本間は依頼先の旅館に行くと、建築士と一緒に依頼者に旅館の改築の説明をした

晃介と本間はその旅館に泊まることになっていた

一旦、自分の泊まる部屋に入った晃介は、窓の外に見える富士山を見ながら、妻の恵子や美也を思い出しながら、古都とも一緒に来れたらいいと呟いてしまった

 

晃介は本間と夕食を食べていると、本間は美也のことを聞いてきた

晃介は今は落ち着いていると言って本間にも迷惑をかけたと謝ると、本間は何かを言おうとしたがなんでもないと言い直した

晃介との食事を終えた本間は、浴衣に着替えて温泉に向かおうとしていると、本間の隣を制服の女の子が通り過ぎた

 

旅館にやってきた古都とキスをしてしまう晃介

部屋にいた晃介は、妻の恵子の実家に電話をかけた

恵子の母親は、晃介が電話をかけてきてくれることは嬉しいというと、自分たちは晃介や美也に幸せになってもらいたいのだと言ってくれた

晃介は恵子の母親との電話を終えると、誰かが部屋の入り口をノックしてきた

晃介は本間だと思って出てみると、なんと雨でびしょ濡れになっている古都が立っていた!!

 

驚いた晃介は、古都にとりあえず部屋に入るようにいうと、古都は晃介の娘だと言って入れてもらったと話した

晃介は心の中で、母親が心配するなどの言葉が浮かんだが、それを古都にいうことはダメだと思ってしまった

すると古都は晃介に抱きついてきて、迷惑をかけていることを謝ったので、晃介は古都の頭をぎゅっと撫でながら抱きしめ返した

古都は涙を浮かべて晃介を見つめたが、晃介は風邪をひかないように着替えるように言った

 

晃介は部屋を出ていこうとすると、古都はその場にへたり込み晃介に抱きつきキスを求めてきた

古都は晃介に、自分が良い子でなくなっても見捨てないでいてくれるかと訊ねると、そのまま晃介にキスをした!

二人は何度もキスをしていると、そこになんと本間が部屋にやってきた

 

古都は静かにしていると言ったので、晃介は本間を部屋に入れた

本間は部屋に入ると誰かがいないか確認して、仕事のことを聞いた

晃介は資料を持ってくるというと、古都にいる部屋に入ると古都はキスをしてきた

晃介は資料を持って本間と話をすると、本間は自分の部屋に戻っていった

 

⇒『娘の友達』の無料試し読みはコチラ

 

水族館の水槽の魚は惨めだと呟く古都の父親

晃介は古都と同じ布団に入り、新幹線で盛岡に行ったとき以来だと話した

そして晃介はそのとき古都に救われたというと、古都のことをもっと知りたいというと、古都の子どもの時のことを聞いた

すると古都は、自分が水族館に通うようになった理由を話しだした

 

古都が中学1年生の時、まだその頃は父親は家に住んでいた

中学校で文化祭が開かれ、古都はダンスを踊り終えると、母親も来ていた

古都は父親のことを訊ねると、母親は途中で仕事が入ってしまったと答えた

 

古都は両親と一緒に水族館に行ったが、古都の父親は水槽で泳ぐ魚を見ながら惨めだと呟いた

驚いた古都に父親は、一生狭い世界に閉じ込められたままだと話した

そして古都が違う水槽を見ていた母親のところへ行くと、母親は水槽で泳ぐ魚はキレイだとしか言わなかった

父親はまた仕事が入って帰りだしたので、母親とまたケンカを始めてしまった

 

死んでいた母猫を見て汚い生き物だと罵る古都の母親

古都は水泳の授業でプールに飛び込むと、なぜか魚になれた気がした

古都は母親と道を歩いていると、子ネコがいたので近づくと、子ネコは古都が持っていたアイスクリームを舐めた

そして子ネコはどこかへ駆け出したので古都はついていくと、母猫が死んでいた

それを見た母親は、好き勝手に生きているのだから死んでも自業自得だというと、汚い生き物だと罵った

 

帰宅した古都は、母親に水泳で一番だったと話したが、母親は全く関心を示さなかった

古都は死んでいた母猫を思い出し、タオルを持って死んでいた母猫の所へ向かいだした

するとその途中で父親に会うと、父親も一緒についてきてくれた

古都は死んだ母猫を埋めてあげると、父親は偉いと褒めてくれた

 

帰宅した古都は母親に、水泳にときに魚になれた気がしたといいながら、イチゴを食べようとすると母親は行儀が悪いと注意した

そして母親は、膨らみかけの古都のおっぱいをみながら、古都は猫そっくりだと呟いた

古都は洗面台の写った自分のおっぱいをみながら、父親や母親の言葉を思い出し、何かを思っていたのだった

 

⇒『娘の友達』の無料試し読みはコチラ

 

娘の友達を最初から読み直すならコチラをクリック👇

娘の友達 1巻 ~娘の引きこもりと仕事の不満に押しつぶされそうになり女子高生の古都と逃げ出してしまった晃介 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「娘の友達」5巻を読んでみた感想

古都の母親は、晃介の会社に晃介が淫行しているとメールを送ってきています

まだ晃介はそのことを知らずに本間と出張に行っていますが、このままだと会社をクビになってしまう可能性もあるでしょう

古都は晃介の泊まっている旅館に来てしまい、中学生のときのことを話しています

父親の呟いていた言葉からすると、かなり性格がおかしい母親と暮らすことに嫌だったようですね

古都の母親は古都のおっぱいをみながら、猫みたいだと言っていましたが、恐らく古都を女としてライバル視しているように見えました

それで古都を、狭い世界に閉じ込めておこうとしているのでしょうね

本間は古都が旅館に来ていることに気づいているようなので、晃介と一緒に泊まっていることを知ってしまったら、どういう反応をするのかも気になってしまいますね

 

>>『娘の友達』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『娘の友達』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『娘の友達』を実際に読んでみましょう!

 

-娘の友達

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.