読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 39巻 ~泉川に連れられ秋山の店にやってきた瑠衣 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』を39巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で、『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」39巻の簡単なあらすじ

爽に瑠衣の記憶が戻ったことを黙っていて欲しいと頼む秋山

泉川は秋山に、瑠衣は記憶に混乱があるので転院させると伝えた

秋山は泉川にどうして自分に相談しないのかというと、泉川は瑠衣を秋山に会わせると刺激が強すぎるので自分に任せて欲しいと言った

 

泉川からの電話を終えた秋山に、若菜は瑠衣の意識が戻ったのかと訊ねると、秋山は爽には黙っていて欲しいと頼んだ

秋山は若菜に瑠衣は記憶が混乱していることを話すと、若菜は納得して黙っていることに同意してくれた

 

置き手紙を残し家から去っていた母親

すると秋山に、美和子から離婚届が届いたとメッセージが届いた

秋山が蛍太は元気なのかとメッセージを送ると、美和子は自分には興味がないのだと返信してきた

それで秋山は自分がクズ野郎に思えてきて、頭を抱えてしまった

 

爽は家に帰ってくると、母親が爽の昔の携帯と一緒に置き手紙を残していた

置き手紙には爽に悲しい想いをさせていたと書いてあり、好きな人と幸せになるように母親は書き残していた

それで爽は、母親が結婚のことで謝ったのだと思い、自分がとてもワガママな子どものように感じてしまった

するとそこに秋山から電話がかかってきて会いたいと言ったので、爽は若菜や守屋の言葉を思い出し、秋山に会うことにした

 

⇒『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』の無料試し読みはコチラ

 

秋山といると気持ちが落ち着く爽

公園のベンチで秋山に会うと、秋山は離婚すると言ったので、驚いた爽はお酒を吹き出してしまった

秋山は自分が美和子を大切にできなかったからだと話すと、爽のせいではないと言ってくれた

そして秋山は、爽が自分が昔お祭りでくれたニセティファニーの指輪をしていることに気づいた

爽はその時のお祭りの話をしていると、秋山は爽の肩にもたれかかり、自分は爽にいつか本物を買ってあげると約束したと言った

そんな秋山は、爽にキスをしようとしたが止めてしまい、ちゃんといろんなことを片付けが終わるまでニセティファニーの指輪をつけていて欲しいと頼んだ

 

秋山の店に二人はやってくると、若菜は二人を気を遣いサッサと帰ってしまった

秋山の店を出た若菜だったが、道を歩く誰かを見て驚いてしまった

爽が作った料理を秋山はおいしいと言って食べてくれて、爽はやはり秋山といると自分の心が落ち着くのだと感じていた

 

泉川と秋山の店にやってきた瑠衣

するとそこに誰かが店に入ってきたので、爽は若菜だと思って振り向いた

しかし店に入ってきたのは、なんと瑠衣と泉川だった!!!

爽は驚きながら秋山に、瑠衣が意識を取り戻したことを知っていたのかと聞いていると、瑠衣は父親はお店をやめてしまったのかと秋山に訊ねた

そして動揺している爽に瑠衣は、はじめましてと言いながら自己紹介してきた

 

泉川は爽たちに、自分の元で療養したが瑠衣は転落事故までの記憶が戻らなかったと話した

すると瑠衣は爽に、髪をゆって欲しいと頼んできた

泉川は秋山に、父親が亡くなっていることを瑠衣は知らないのだというと、母親が家を出ていっていることは知っていると教えた

そして泉川は、秋山の店が瑠衣にとっては一番安全に感じられる場所だというと、自分は何の役にも立てなかったと言った

爽は瑠衣の髪をゆってあげると、秋山に瑠衣の面倒を見るように言って、店から出ていってしまった

 

秋山は瑠衣と話をしようと部屋にやってくると、瑠衣はおしっこをお漏らしして泣いていた

そして瑠衣は父親はいつ帰ってくるのかというと、秋山に抱きついた

瑠衣はありがとうと呟き、やっと家に戻れたと言ったが、その表情は…

 

⇒『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』の無料試し読みはコチラ

 

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~を最初から読み直すならコチラ👇

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 1巻 カズに気持ちを伝える爽 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」39巻を読んでみた感想

爽も秋山も互いに自分の気持ちに従おうとしていますが、秋山はまだ美和子との離婚や瑠衣のこともあるので、それまで爽に待っていて欲しいと言っています

それだけ秋山は爽のことを大事に想っているからこそ、ちゃんとしておきたいのでしょうね

意識を取り戻した瑠衣、泉川と一緒にいましたが、突然秋山の店にやってきました

泉川は瑠衣の記憶が混乱していると言っていますが、最後の瑠衣の表情を見る限り、ちゃんと記憶はあるみたいです

泉川が瑠衣に協力して芝居をしているのかはまだ分かりませんが、瑠衣は秋山に自分の世話をさせつつ、次第に自分のモノにしていくつもりなのでしょうね

早く秋山や爽には瑠衣の魂胆に気づいて欲しいですが、瑠衣も簡単には記憶があることを見せないでしょう

折角、爽と秋山の関係が良い方向に向かっていましたが、またヤバいことが起こってしまいそうですね

 

>>『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『ギルティ』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、まんが王国へ行って『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 』を実際に読んでみましょう!

 

-ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.