読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

Immoral 7~8巻 ~immoralの店のマスターが黒髪の女から預かっていた手紙に消えろと書かれていたので動揺してしまう樹里 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

『Immoral』を7~8巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『Immoral』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「Immoral」7~8巻の簡単なあらすじ

自分の会社に樹里をヘッドハンティングしたいという青山

樹里が目を覚ますと、青山はチャーハンを作っていた

樹里はどうして料理が上手いのかと訊ねると、青山は自分の実家が洋食屋だからだと答えた

そして青山は自分の実家の洋食屋に食べに行くかと聞いたので、樹里はそれは両親への挨拶になると思った

樹里は自分が子どもが産めない体だということを、話せるのか不安に感じたが、青山とならなんでも乗り切れそうだと思い直した

 

青山は樹里に今の仕事のことを訊ねると、自分の会社にヘッドハンティングしたいと言った

しかし青山はじっくり考えてくれればいいと言ってくれたので、樹里は青山の話を真剣に考えようと思った

 

樹里が会社へと向かっていると、同僚の晶が声をかけてきた

樹里は晶が転職するかもと知ったら、どういう反応をするだろうかと思いながら会社へと向かっていた

そんな樹里を尾行していた女は、何者かに樹里を見つけたと報告したのだった

 

樹里は仕事が終わって晶と飲みに行くと、青山からのヘッドハンティングの話をした

すると晶は、今の職場では樹里は力を発揮できていないというと、青山の会社に行ったほうがいいと言ってくれた

晶からそんなことを言ってもらえた樹里は、自分も前に進まないといけないと思った

 

樹里が晶と店を出ると、青山から電話がかかってきた

青山は翌日immoralに来て欲しいというと、晶も一緒に来るように言った

翌日、樹里は晶とimmoralへやってくると、青山は晶もヘッドハンティングしたいと言い出した

その上青山は、晶が樹里を探していた横田に連絡したことを調べあげていて、その話を聞いた樹里は晶がそこまで自分の幸せのことを考えてくれていたと気づいて、思わず涙がこぼれてしまった

晶は青山に興味を持ったというと、ヘッドハンティングの件も承諾してくれた

そこに店のマスターが晶に声をかけると、晶はマスターに一目惚れしてしまったのだった

 

⇒『Immoral』の無料試し読みはコチラ

 

消えろと書かれた手紙が紗友莉が書いたものではないかと疑う樹里

樹里は晶と一緒に、会社に退職届を出した

そして二人で道を歩いていると、何者かに足をひっかけられてぶっ倒れてしまった

二人はまたimmoralへ行くと、店のマスターは樹里の前の会社の斉藤から手紙を預かっていると言った

樹里はその手紙を開けると…  大きな文字で消えろと書かれていた!!!

 

そこに青山が横田と一緒にやってきたので、4人で飲み始めた

横田は晶を男と間違えてしまったので、土下座して謝った

樹里はマスターに、手紙を持ってきた斉藤のことを聞くと、黒髪ストレートの女の子だと答えたので、樹里は思わず紗友莉ではないかと思ってしまった

 

樹里は青山と店を出ると、青山は樹里が何かを隠していると言ってきたので、樹里は仕方なく紗友莉のことを教えて欲しいと言った

しかし青山が、紗友莉は青山のonlyoneが樹里だと言ってくれたことを話したので、手紙は紗友莉が書いたものではないと樹里は思った

 

樹里のことをよく知っているヘンな新人の星奈

樹里は晶に、後継の星奈の教育を頼まれた

だが樹里が星奈に会うと、星奈はいきなり樹里をおばさん呼ばわりした

その上、星奈は樹里が青山の会社に行くことも知っていたので、樹里はコイツは何者なのかと思ってしまった

そしてエレベーターでまた足をひっかけられてぶっ倒れてしまった樹里は、この前足をひっかけたのも星奈だと確信した

 

星奈は樹里からプログラムの間違いを指摘されると、子どものような反応をした

それで樹里は星奈に、仕事で私情をはさまないようにいうと、星奈はいきなりブチ切れて絶対樹里を転職させないと叫んだ

周りの人たちは、星奈が樹里に転職して欲しくないので、そう言っているのだと勘違いしてくれたので、樹里はホッとしてしまった

そこに晶がやってきて、樹里を会議室へと連れていった

 

晶は自分たちの退職を阻止するために、上司が自分たちや青山の会社を訴えると脅していると教えてくれた

それで晶は、自分たちの後継が育つまで、会社に残ると言って樹里の転職を後押しすると言ってくれた

樹里も後継を育てないとマズイと思い、なんとかして星奈を育てないといけないと思った

 

⇒『Immoral』の無料試し読みはコチラ

 

スーツの男の汚れもとってあげる樹里

樹里が星奈の所へ戻ってくると、星奈はマウス掃除をしたことを褒めてくれないのかと言った

そんなことをいう星奈は、根は悪くないのかもしれなと樹里が感じた

星奈の教育を終えると青山が会社に迎えに来ると電話してきたので、マズイと思った樹里は青山がイケメンだからと言って駅で待ち合わせに変えてもらった

 

樹里は会社を出ると、男の子がぶつかってきて樹里とスーツの男にアイスをぶちまけてしまった

それでも樹里は、男の子のことを心配してアイスを買い直してあげた

男の子が去っていくと、樹里は今度はスーツの男の汚れを取ってあげた

そんなことをしてくれた樹里に、スーツの男はどうして他人にそこまでするのかと聞くと、樹里は笑いながら自分のことを心配してくれたことにお礼を言った

 

青山が樹里が遅れてきたので、初めての待ち合わせなのにとふてくされた

それがカワイイと思った樹里を、青山は自分の部屋に連れ込むといきなり押し倒した

そして青山は、樹里に自分のことだけを考えるようにいうと…

 

武典が自分のことをよく思っていないと知ってしまう樹里

青山とのセックスを後、樹里はつい眠ってしまっていたが、目を覚ますと青山は横田と電話をしていた

すると青山は叔父の武典が、樹里が子どもを作れないのでよく思っていないようだと言っていた

しかし樹里は、そんなことを思ってしまう人もいるだろうと思った

横田との電話を終えた青山は、また両親の店に行って会って欲しいというと、樹里と一緒に暮らしたいと言った

その言葉が嬉しかった樹里だったが、やはり武典が自分のことをよく思っていないことが気になっていた

 

樹里は会社行くために電車に乗ろうとしていると、星奈が声をかけてきた

すると星奈は、樹里の前日の行動を知っていて、その上青山とつきあっていることも知っていた

また樹里は星奈の教育をしていたが、星奈は樹里の前の職場のことも知っていた

それで樹里は星奈が、自分のことを調べているのだと気づいたが、ヘタな行動はとれなかった

 

樹里が仕事を終えると、なんと青山の叔父の武典の会社の里中と名乗る男から電話がかかってきた

里中は社長から話しがあるので迎えにくると言い出したので、樹里は青山に連絡しないと思ったが、既に迎えがきていてできなかった

そして会社を出ようとしていた樹里に声をかけてきたのは、あのスーツの男だった

スーツの男はこの前のお礼をいうと、自分が里中だと名乗った

 

⇒『Immoral』の無料試し読みはコチラ

 

里中に薬を盛られ拉致されてしまう樹里

樹里は車に乗ることを躊躇ったが、里中に青山を失うことになると脅され車に乗ってしまった

車の中で里中は、武典の秘書だと名乗り、会社は大きな問題を抱えているのだと言った

樹里は里中と食事することになったが、里中は自分の言葉が武典の言葉だというと、青山を諦めるようにに要求した

里中は愛人として付き合ってもいいが、結婚は諦めるようにいったので、樹里が自分が子どもを産めないからなのかと聞いた

そうだと答えた里中に、樹里は他に血の繋がった子どもはいないのかと訊ねたが、里中は他にはいないと答えた

 

そして里中は、樹里は青山とのセックスの相性がよかったから付き合っているだけだと言ったので、ブチ切れた樹里は里中にワインをぶっかけた

すると里中は、今度は樹里にスーツを汚されたと言って、もう1杯だけワインを飲むように求めた

それで仕方なくワインを飲んだ樹里だったが、ワインには薬が盛られていた!!

 

青山の前で裸の状態で里中にキスされてしまう樹里

星奈は青山に電話をかけていて、樹里が拉致されたと教えた

その頃、樹里が薬が切れて目を覚ますと、里中と自分の部屋で裸で抱き合っていた!!

里中は樹里が誘ったのだというと、シャワーを浴びにいった

樹里はとりあえず記憶を整理していると、そこに青山がやってきていた

 

里中はエントランスにいる青山に説明に行くというと、樹里は誤解されないように行くと言った

しかし里中は誤解ではないと言って、樹里の濡れたアソコを触った

そして青山が部屋にやってくると、里中は樹里にキスをしてしまった

青山は里中を樹里から引き離したが、里中は自分は樹里を愛していただけだと言った

 

里中は帰っていったが、樹里はなんとかして青山の誤解を解かないといけないと思った

しかし青山は、今は樹里と話したくないと言って部屋を去ってしまった

一人部屋に遺された樹里は、また大切な人を傷つけてしまったと一人で泣いてしまったのだった

 

⇒『Immoral』の無料試し読みはコチラ

 

「Immoral」7~8巻を読んでみた感想

樹里は青山の会社にヘッドハンティングされる予定でしたが、会社は阻止しようとしています

その上に、新人の星奈は何か樹里のことを調べているようで、青山とも知り合いのようです

樹里が里中に拉致られたことを教えていたので、武典の手下でもないのかもしれません

樹里は里中に薬を盛られて、裸の状態で里中と部屋にいた上、青山の前でキスまでされてしまいました

いくら拉致されてしまったと言っても、やはりそんなところを見せつけられてしまった青山は、樹里とは話したくないと言っています

このままだと完全に里中の思惑に嵌まった状態ですが、どうやら里中は樹里のことが好きになったみたいです

武典の命令ということもありますが、このまま青山から樹里を完全に奪うつもりなのでしょうね

 

>>『Immoral』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『Immoral』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『Immoral』を実際に読んでみましょう!

 

-Immoral

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.